« Everio引退 | Main | Keith Emerson Band featuring Marc Bonila »

October 04, 2008

TG1

さて先日購入したTG1だが、先週は奥さんの遅い夏休みに合わせて小生も永年勤続休暇なるものを取得し、親子3人で浦安の鼠屋敷に泊まって来たもんで当然持っていった。
2泊3日で、それほどのべつ幕無しに使う物でもないけれどそれでもバッテリーは1日は持つか持たないか微妙なところ。メモリースティックも1枚では足らず予備で購入したもう1枚に交換。

ところで今回さんざん悩んだポイントの一つでもあった画角だが、気になると気になるものでもっと広角にとれると良いと思ったのは実際あるなー。
ただし、それは仮にCX12だとしても微妙な差でしか無く、所謂広角として28mmぐらいにっていう意味だけどね。というか望遠てそもそもそんなにホームビデオに必要かね?
まあ運動会とかで遠くをねらう必要もあるかもしれないけど、それでも500mmとかいう望遠っていらないと思うんだけどなー。むしろハイビジョンだからこそ広角で全体を撮ってもディティールが犠牲にならないだろうに(我が家は大画面テレビ無いのでハイビジョン映像が実際そうなのかはわかりませんけど)。大画面で素人の手持ちカメラの絵なんてCloverfieldじゃないけど基本キツいっすよ。ノーマル画角で自分でとった我が子の映像ですらそう思うんで。
ちなみに鼠屋敷は安全上の理由で一脚、三脚の類いは持ち込みNGなので望遠は実際使いどころ難しいね。
だいたい各社とも広角はそれほど広げてないので技術的な問題なのか、アクセサリを買わせる魂胆なのかわかりませんが、一般に望遠よりは広角の方が使用頻度は高いと思うのでこの辺は方向性を改めて欲しいところ...ってもう買ってしまったので何ですが。
とまあ画角にケチつけまくりだが、これはTG1だからと言う訳ではない話でして。

良い話としてはやはり本体サイズ。実際ポケットに無理無く入るのは取り回し楽で良いです。技術の進歩という意味では立ち上がりの早さもeverioとは比較にならない。操作がタッチパネル式なのはともかくメニュー構成が洗練されてないのは今ひとつだが、それでもeverioよりはマシ。なにしろeverioのソフト的操作性と言ったら反応速度とあいまって最悪だったんで、面倒くさい事考えなければ割とさらっと使えます。その意味では総論としては期待通り。

あとは撮った映像をどうするかだが、AVCHDという不思議な規格とどうつきあうかは検討課題でもあるな。
iMovieで取り込めるとは言え、フォーマット変換がかかるので編集は楽だがAVCHDには書き戻せない。さりとてそのままでは容量喰い過ぎ。
Fusionで起動したWindows上で付属ソフトは一通り使えたが、編集ソフトはあまりに非力。AVCHDディスクを作成(Windows側からできた)してもテレビで見る方法なし。まあどのみち(しつこい話だが)我が家にはハイビジョンテレビ無いので、このあたりはほんとに先行投資って感じになってしまうんか。

あとSD動画が混ざってるとUSBでMacとつないだときフォルダ構成の問題なのかiMovieでHD動画が取り込めないみたい。試しに撮ってみたSD動画のせいでちょっと焦ったぜー。

« Everio引退 | Main | Keith Emerson Band featuring Marc Bonila »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« Everio引退 | Main | Keith Emerson Band featuring Marc Bonila »