« 秋だからというのでなく | Main | 再戦 »

November 20, 2008

新たなる挑戦(大袈裟)

もはや一寸前の事になるが。

微妙に興味はあったものの機会が無くやった事無かったものの一つに釣りがあった。
しかし機会は会社の同僚ルートという意外にも近いところからやってきた。
しかもいきなりの海。それも防波堤などではなく、手漕ぎボートで沖合にアタックである。
初心者で泳ぎが苦手な人間にはそこはかとないハードルの高さだが、そこはベテランに頼りまくろうという安直な考えのもとチャレンジ。

当然竿からなにから借りる事前提で何もかもお任せで。長靴だけはあったほうが良いという事で近所の釣具店で購入した。後で実感したが、ボートに乗るときに確実に足下は濡れる(夏場ならビーサンでも良いが)ので納得である。

釣りの朝は早い。朝4時起きにて出発。現場である葉山には6時半ごろには着いたか。
船にのった経験はそれほど多くはないものの、船酔いにはなった事がないのでさして心配はなかったが一応事前に酔い止めも服用。ちなみにライフジャケットは貸しボートといっしょに貸してもらえる。
海岸で軽く釣り竿の使い方を教えてもらい、さっそく出発。ボートは手漕ぎの2人乗りで全長3メートルぐらいか?普通に湖とかでもありそうな感じで、これで海に出るのかと思うと些か心もとない。手漕ぎだが最初はエンジン付きの船で沖まで牽引してもらえる。

で、一応狙いはカワハギという事だったのだが、最初につれたのがそのカワハギの一種ウマヅラハギ。
その後は何だかよくわからないものとか小さいフグがつれたもののリリース。

そうこうしているうちに風が強くなってきてしまったため、撤収する事に。ちなみに撤収時も指定の場所にいけば牽引してもらえるが、手漕ぎで帰る人も結構いた。というか我々もそう。当然漕ぎ手は小生ではない。おそらく一番体力使うところと見た。
という訳で初釣果はウマズラ一尾で終了。
という訳で、初釣りは予定より早めに撤収したこともあり、ちょっぴり不完全燃焼ぎみで終了。
釣ったウマヅラは、同行したメンバーの釣果のカワハギ、カツオと共に食しました。

この項続く。

かも。

« 秋だからというのでなく | Main | 再戦 »

釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 秋だからというのでなく | Main | 再戦 »