« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009

February 23, 2009

Jeff Beck & Eric Clapton

イギリスでもないのにこんな組み合わせのライブを見ちゃっていいんでしょうかみたいな話で。
埼玉スーパーアリーナは初めてだったが、なかなか良く音も聞こえて嬉しい誤算。
どういう形式になるのかと思っていたが全3部構成で、Beck→Clapton→ジョイントだった。
当然ソロセットはそれぞれの単独公演より短いでしょうが、というか実際Beckは数曲はカットしてましたけど演奏内容は今回の方が良かったな。やはり後からでるClaptonにゃ~なんだかんだ触発されとるんか、はなっから全開で飛ばしてた感もあり。
Tal嬢ソロでのベース二人羽織とかPeter Gunnなど2/7には見れなかった分も補完出来たし。
に、してもここ数年セットリストに入っているんだからたまたまには違いないんだが、John Lennonミュージアムのある場所で聴く A Day In The Life のなんと感動的な事よ。泣ける。
ちなみにBeckのセット前のBGMだが、なぜだかNeil YoungやBob Dylanだったりして色んな意味であまりBeckと接点は無さげな気もするけど案外好きなんかなーとか思ってました。

一方のClaptonだが、前回見たのが1999年だから個人的にはなんと10年ぶり。
おそらく今回のジョイントについては積極的にのったのはClaptonサイドなのは間違いないので、とりあえずその意味では感謝。
日本での知名度では圧倒的にClaptonなのは間違いないけど、実際ステージ見てまあ大分風貌も衰えたとはいえやっぱりスターっぽい貫禄はBeckより上やなーと、我ながら妙な感心をしてしまった。なんてことないシャツにジーンズだが、首にタオル巻いて両腕むき出しのガテン系なBeckと比べるとまだしもってのもあるが(笑)。
正直そんなに気合いも無かったんで、十分楽しんだよ。Laylaのアンプラグドバージョンも初めて聴けたしな。

で、第3部のジョイントだが2、3曲かと思いきやかなりちゃんと時間とってましてこれまた嬉しい誤算。
形式的にはClapton BandにBeckが参入という感じ。この辺りからもClapton主導という事が伺える。Beck Bandの面々にもぜひ合流してほしかったがそんなリハしてる暇は無しか。
従ってセットリスト的にも(お互いの代表曲をやるとかいうのは期待はしたけど、まあやんねーだろうなってなもんで)予想通り互いに常識として知っているであろうBluesカバー中心と思われ、その辺の教養が抜けている小生なんかにはセットリスト的には面白くはないものではあったが、それでもこの二人が揃ってステージに立つ姿は半端無い。豪華。
Clapton BandのDoyle Bramhall II(Gt)に至ってはパートがギターだけに「なんか申し訳無いっす」みたいな風体でヴォーカルとったりギターソロとったりしてました。まあこりゃいくら凄腕でもある意味針のムシロでしょうなあ。

ともあれ今というタイミングだからこそ実現したのかもしれないこの公演、そりゃビジネスだからねっていう部分もお互いあるんでしょうが、実際やったらやったでやっぱりギター小僧の性でこりゃ負けられねぇ的に本気になってしまったとしか思えず面白かったよ。

February 21, 2009

PEACE MAKER 3巻

前回の予告通り書いてみたりして。
でも3巻はそれほど新ネタは見つからない。(小生が気がつかないだけでなんらかの元ネタがありそうなのはまだまだあるんですが)
クリムゾン一家の紅一点コニー・レヴィンがトニー・レヴィンのもじりなのは指摘済みな外はいずれも組曲タルカスからで、イコノクラストはアイコノクラスト、バトルフィールドはそのまま、マウントタルカスは既出のなんちゃらタルカスシリーズのバリエーション。

んで、改めて1巻2巻を見てみたらまあいくつか漏れとったんを見つけたんで、改めて書いておくです。

1巻
ネオジェネシスという街の名前が出てきますが、これは当然ジェネシスからまんま。
情報屋カーメルというのはもしかしてキャメル(一寸マイナーですが)のもじり?

2巻
タルカスの隣国アバカブというのがあったんですが、これはジェネシスのアルバムAbacabから。
田舎町ストーンイヤーというのはこれまた組曲タルカスの一部から。
さらにエルプトン一派というのが出てくるんですが、これたぶん組曲タルカスの冒頭部分Eruptionのもじり。

参考までに組曲の表題一覧を挙げてみたりして。
タルカス Tarkus
1. 噴火 Eruption
2. ストーンズ・オブ・イヤーズ Stones Of Years
3. アイコノクラスト Iconoclast
4. ミサ聖祭 Mass
5. マンティコア Manticore
6. 戦場 Battlefield
7. アクアタルカス Aquatarkus

しかしとにもかくにもタルカス押しですなぁ。

PEACE MAKER 3 (3) (ヤングジャンプコミックス)

February 14, 2009

詐欺メール

ちかごろ流行の?詐欺メールが我輩の携帯にも届いた。

AUのCメールというやつでだ。
曰く
08057134536
サイト料金が滞納しています。本日営業時間内に連絡なき場合法的処置に入ります(株)アース担当松田03-3367-0147
だそうだ。

えーと、どこからツッコンだらいいのか、ツッコミどころが満載な訳だが、そもそもメールの文章自体が全く持って意味不明である。

サイト料金(何の?)が滞納しています。本日(そっちのいう本日は正確に何日なの?)営業時間内(だから営業時間は何時から何時なのさ)に連絡なき場合法的処置(具体的に何?)に入ります

これが事実だとしても、普通はまず送信側がどういうサービスを提供しているどこの誰かを明らかにした上で、どこの誰宛なのかを明確にするべきである。
あまりにも具体的情報が無い故、こちらに何をしてほしいのかが全くわからないので、仮に何かしてあげようと思っても何も出来ないよね。こんな文章では。
こんなメールを仕事で送った日にゃ、良くて呼び出される事間違い無しで、一般的なビジネスメールとしては零点以下が相応しい。
尤もこれはもちろんあまりの意味不明ぶりに連絡してもらう事が目的なんだから、ある意味正解なのかもしれんが。

さらに言うとCメールというところが頭が悪い。Cメールで督促なんてあり得ないというのは当然なんだけどネタにマジレスと思ってください。
Cメールという事は基本的にAU間でしか成立しないので、番号だけでは相手のキャリアはわからない訳だから、特に初めて連絡する相手に対する通信手段としては不確実である。
AUのシェアは3割程度という事を考えると余計にそういえる。仮に当方の携帯番号に加えてキャリアを教えたという事実があったとしても、MNPがあるため現在もその番号がAUという保証はない。
ちなみに我輩の場合Cメールは99.9%奥さんとしか使用しない。たとえお互いAUという事を知っていても知人間ではめったに使わない。そんなものである。
というわけで本気かつ速やかに金を巻き上げようというならば、そんな不確実な通信手段に訴えるのは愚の骨頂と言える。
ちまちまCメールうってる場合ではなく、単純に番号知ってんだったら電話しろって話だ。
実際のところ手作業かどうか怪しい物だが、いずれにせよ特定の番号からどう考えてもあり得ないような不特定多数にCメールが送信されているだろうから、そんな用途はまともではないと判断し、必要なら規約改正してでもAUが停止してもいいんじゃなかろうか。

ちなみに会社名らしきものと電話番号を検索しても見事に何も出てきません。
百歩譲って何かサイトらしき物をサービスしている企業だとしたらあり得ませんな。本当に無いなら企業としてイケテなさすぎだね。
まあ連絡したら、債権回収とは別組織みたいな話になるンでしょうが。
さらに細かい事だが実は元のメール内のカタカナはすべて半角。それどころか電話番号のハイフンまで半角の長音記号だったりする。
Cメールだから関係ないっちゃーないけど習慣的に半角カナをメールで使用する事は避けるんで、こういう気の利かないのは嫌なのねー。

しかしなんですよ。いったいどんな話が飛び出すものやら興味あったりして電話をかけて見たくも...いやいやいや。

February 08, 2009

Jefff Beck 2009

例によって?毎度の国際フォーラムにて。
ライブアルバム嫌いというもっぱらの話もどこへやら、ここ数年はライブアルバム量産で、来日記念盤という最新ライブも実のところ曲目的にほとんど大差無いものだったので、スタジオ盤(噂では製作中とも)を出した訳でもない今回のツアーもその流れだとは思っていた。実際そうだったのだが。
バンドはまたメンバー変更があって、Vocalが抜け、タイコは前回と同じくVinnie Colaiutaだが、鍵盤はDavid Sancious(Vinnieとはその昔Stingのツアーで組んでるのを見たような気がする)になった。そしてなんつっても今回の売りは1986生まれの女性ベーシストTal Wilkenfeld。Beckとは親子どころか爺と孫でもおかしくない組み合わせ。それなりに演奏でもフィーチャーしていてある意味Beck含めたおやじ3人が気を使ってる感じもあったりなんかして。ちなみに観客にも結構ウケてたり。
しかしなんか短いライブだったですね。定刻始まりだったとはいえアンコール含めても90分弱。基本的にMCしない人なのでそんなんでも選曲的にそれほど不足感ないっちゃないんだけど...ギターもいつものごとく肩凝りに良く効く感じの(伝わりにくいか)唯一にして無二のアレで、その意味では不満もないんですがー。

しかしこうしてBeckのネタが割れたとなると、Claptonが逆に楽しみになってきたよ。

February 03, 2009

ツルピカ

いまさらだがiMac導入で不満だった点にツルピカ画面だったという事がある。
要は最近の流行にのったということなのだろうが、個人的にはおおよそコンピュータの画面が
ツルピカでなにか良い事があるのかというぐらいな物。
ノートなら移動が簡単なのでまだしも、据え置き型のiMacでこれはなかなか厳しい。
太陽光が厳しい昼間など、ツルピカ画面の売りのはずのDVD鑑賞などに逆に堪え難い移り込みが発生したりするのだから始末に負えない。
これについては意見を同じくする向きもそれなりに多いようで、つまり市場が発生する故に対応商品もあったりするのである。
そんな訳でアンチグレアフィルムなる物を導入してみた。
当方の場合24inchサイズなのでそれなりに値も張るのが痛いところ。
きれいに張るのもちょっと面倒。
しかして、その効果はというと。

まず移り込みだが、これは確実に減るといって良いだろう。もちろん完全に従来と同じようにとまではいかないがまずまずか。
しかしそれと同時にやはりフィルタである事も感じずにはいられない。
デュアル使用している20Inchディスプレイと比較すると明らかなで、ちょっと画面がぼやけた感じになり、表示のクリアさもオミットされてしまいフォントなどは顕著だが滲んだ感じになる。
これはこれでストレスになる嫌な物である。という訳で今のところ「何か微妙」って感じかな。
ずっと使い続けるかはまだなんとも言えんわね。
高かったんだがー。

« January 2009 | Main | March 2009 »