« WBC再び | Main | 改正薬事法とか »

April 19, 2009

いうなればキンゴジ

仕事が忙しくてそれ以外の事はほぼ何も出来ずな毎日だったんで。到着したDVDを見たりもなかなか出来ず。ここでは何度もネタにしていてあれだが、逆に言うとやっぱりついに到着したって言う結末を書いとかないと治まりが悪いよな。で、北国の帝王だ。
ようやく音声解説までを鑑賞できたのだが、どこぞの大学の先生の解説だったのだが内容的にはもう一つ喰い足りない感(まあ監督もマーヴィンも故人だから仕方ないか)でして、これはなくてもよかったかなー。
ボーグナインを絶対悪の象徴というのだが、うーんこれはあまり納得いかない見方。もちろんマーヴィンが善な訳ではなく、よりマシなだけとは言う物の、そもそもこの映画あんまり正義と悪という対立軸ではないと思うのだが。要はこの映画でボーグナインが絶対悪ってゆーほど悪い奴か?ってな話で(まァ人殺しだけど、それ言ったらマーヴィンも間接的ながら結果的に人殺してるし)、どう考えてもこの映画の中で一番駄目で嫌な奴はキース・キャラダイン演じるところのシガレットじゃん。キャラダインVSボーグナインというシーケンスは数カ所あるけど、そんときなんて観客の大部分はボーグナイン側にたって「いいぞ、やっちまえ!」てなもンでしょ。

てな感じでともかく久しぶりの鑑賞だっだが、まあある種単純な内容なのでほぼ覚えていた通り。やっぱり最高だったよ。
最後の対決などまさに二大怪獣激突でありましてキングコング=ボーグナイン、ゴジラ=マーヴィンかねやっぱり。
なんつってもボーグナインの顔が良過ぎる。
最終対決前にマーヴィンに挑戦を叩き付けられたときのニヤァとした嬉しそうな表情とか、ね。
この映画アップが多いんでインパクトありあり。

音声解説の先生によると最初のシナリオでは両者とも死んでしまい、キャラダインのみ生き残るとかいう話だったらしいのだが、そりゃねえよなぁ。
両者とも列車から組んず解れつで河に墜落して大水飛沫とともに行方知れずとかいうならまだしも、なんて。

« WBC再び | Main | 改正薬事法とか »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« WBC再び | Main | 改正薬事法とか »