« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009

May 30, 2009

STAR TREK

同題を冠する劇場版としては11作目。しかし今回は英語版タイトルロゴからもわかるように所謂1st TVシリーズをベースにした最近流行のプリクエルでの再映像化である。
さらに言えば「リ・イマジネーション」ちゅーことでまんまじゃないよ、みたいな。
STAR TREKというと過去10作も劇場版がある訳だから、それなりの人気シリーズではあるのだが、こと日本ではあたらないというのがもっぱらの定説。
小生はと言えばテレビシリーズを全話見たとかいうほどでもないし、特に新シリーズ以降はほぼ見てないけれども劇場版はずーっとつきあってるような感じ。深いファンではないけれども、それなりに基礎知識はあるってところでして。
で、今作はというとアメリカでは予告編段階から結構盛り上がりをみせていたようで、本編公開後もなかなかの評判。
なわけで公開初日のレイトショーいってきましたよ。

今作が日本であたるかどうかはわからないけれども、今まではやっぱりTVシリーズの映画化という事で配役も当然TVオリジナルというところが一つには日本での敷居をあげてしまってたんではないかと思う点はあった(結果的にやたらと平均年齢の高い絵面にならざるを得ず、例えばシリーズに関心のない若い層を一見さんで取り込むのは不利かと)。
今回は当然の事ながらキャスト一新なので、固定客も一見さんもある程度同じスタートラインに立たせる事はできたかと。それでいて固定客への小ネタ提供もおこたらず知っていればさらにおいしく頂けますと。

以下ネタばれせずに書くのが困難なので、













しかもここが製作陣のウマい(ズルい)ところで、オリジナルシリーズのMr. スポックことレナード・ニモイを「そのまま」オリジナルシリーズのキャラクターとしてキャスティングすることで、旧シリーズからの観客にも仁義を通しちゃうのね。(まあ老境のオリジナルスポックの後日談としてはかなり過酷な運命なんですが)

で、その「リ・イマジネーション」だが、実は今回ある意味旧シリーズをなかった事にしてのリスタート作でもありまして、これにかなり驚かされる。
ちなみにそんな事情を知らなくても全く問題ないのは言うまでもない。
そこそこ詳しい人だと冒頭でカークの父ちゃんが死んでまうところで気がつく仕掛けなんですが、小生カークのプロファイル知らなかった(忘れてた?)のでこの時点では気がつかずスルー。
そのまま劇が進んでチェコフが出てきたところで「チェコフはオリジナルシリーズだと第2シーズンからの登場なんだけど、それはそれなんかねー」とか思ってたらさらに劇が進むと驚愕の展開。
まさかのヴァルカン星崩壊!しかもスポックの母ちゃん(なンとウィノナ・ライダー)死亡!
ヴァルカン星崩壊はともかく(ともかくか?)「スポックの母ちゃんはオリジナルTVシリーズにも登場するはずだが...?」となったあたりで「こりゃいきなりタイムトラベルネタにするのかねぇ」なんて具合に思っていたらば、オリジナルスポック登場みたいな展開で、結局ヴァルカンは崩壊したままだし、勿論スポックの母ちゃんも生き返る事無く。
つまりSF的にはシリーズお得意のタイムトラベルネタにパラレルワールドを絡める事で、もう一つのエピソード0でありながら、なんとなく正史とも薄〜く関連づけるという離れ業。
この先このキャスト、スタッフによる続編が進められたとしても、それはそれ、これはこれ的スタンスなんだよね。オリジナルシリーズの世界はちゃんとあるんですよ〜的エクスキューズ。まさにSFならではの解決法ともいえるか。

音楽は監督がJ.J. Abramsという事でMichael Giacchinoが登板。Mission Impossible 3、Cloverfieldなどで個人的には注目株。
今作は1st TVシリーズの再構築という事で劇中は基本Giacchino作のテーマで押し、エンドタイトルで初めてAlexander Courageのテーマという007みたいな作り。Giacchinoのテーマはやや重いフレーズでCourageやGoldsmithのテーマと比較するとちょっと弱い印象。重くても良いけどもう少しフレーズに魅力が欲しかったかね。

May 28, 2009

一郎と検察

友達になりたいとは思わないが、それなりに存在感は評価しているんであります。
すったもんだのあげく民主党代表を退く羽目にはなったが、以外と本人はさばさばしているかもなんて。
ところでその原因ともなった秘書の逮捕劇だけれども、その後どうなったのかはなんだかすっかり報道されなくなった感がないでもない、なんて書こうと思ったらちょうど保釈の報があったり。
政治と金の問題ってのは今に始まった話でないけれども、それはこの際置いといて。
そもそも逮捕が妥当だったのかという検証は各マスコミであまり掘り下げられた風でもなく、一郎のキャラクターでもって条件反射的に検察に正義ありという前提で進めすぎではないのかみたいな事を思ったりもして。結局のところあの逮捕の後、一郎にはさほど迫る事も勢いもなく、小生など現在までの展開を見るにイメージと裏腹に「意外と一郎ってクリーンだったんだなー」とか逆説的に思ってしまったほどで、検察としていったい何がしたかったのか不明なままにも見える。
官僚組織としてはやっぱりトップにしたくなかったのかなーぐらいには勘ぐりたくなるけど。
まあ天下国家の事とも成ればどこかで清濁合わせ飲むみたいな度量が国民にも求められるんかいな。尤もあまり若いうちからそうなるのも考えものなので、若い向きは素直に一郎に反感いだくもまた結構だが、同時に検察にも反感を抱かないと正しい反体制とは言えませんなー。

残念ながら検察の正義ってのは必ずしも絶対的正義ではないんで。実際に起こっている事件と検察か取り上げる事件てのはその数においてイコールにはなりえず、逆に言えば検察がとりあえげなければ、事件としては存在しないも同然。その意味では取り上げるだけの理由や動機があってようやく立件されるんだから、そこには大なり小なり検察の意思表示が込められてしまう物とも言えないか。
つい最近も某芸能人へのそこまでやるかの家宅捜索とかもあったじゃん。あれだって芸能人だからで済ませてしまってはちょっと怖いなぁと思うんだがどうよ。

May 24, 2009

改正薬事法とか

そもそもは規制緩和の一環で進められたようなのに、コンビニでは買えるようになってもネットでは買えなくなってしまうとやらで大騒ぎ。
第2のPSE法などとも揶揄されているようだが。
まぁなんだ。PSE法の時の経産省の対応の頭の悪さも(←の、ばっかり)相当な物だったが、今回は厚労省ですか。
尤も今回は経産省のときのような一部の莫迦による回答が一人歩きしてしまった訳ではなく、明確なる厚労省の意思表示として省令が出されたようではあるけれども(善し悪しは別として)。
ちなみにバイトの兄ちゃんに対面販売を担保されてもなーってのは素朴に思う。担保される方もなんだかなーてのはあるよなぁ。

ところで改正薬事法以上に知られていなさそうな話として金融庁によるFX取引の規制という件も一部で喧しくなってましてね。
これなんざ、まさに寝耳に水ってところですが、これの論点はレバレッジに20倍から30倍の上限を設けるってところなんですけど、実はこの数字は金融庁からは直接出ていないってところがミソなのな。日経新聞の記事がきっかけなんだけど、どうも完全に観測記事っぽく実際には数字のみが一人歩きしているのが現状。
まことにいやらしい話で。
ところでFXで身銭を切っている身にしてみれば(というか全く利益でていない身にしてみても)レバレッジ規制なんて余計なお世話というのが本音。
実効倍率すら知らずに規制案を考えているのではないかとすら勘ぐりたくなる。PSE騒ぎの前から思ってるけど無知なのかわざとなのか、最近お役所がなんかしてろくな事があったためしがないっつーくらいにバカばっかりしてるよね。
ちなみに身銭を切ってみるとわかりますが、可能なレバレッジとその時々の実際のレバレッジ値というのはまったく違う話で、小生にしてみると高い倍率が可能な状況であえて低く行うというのが良いのね。
んでこれもまた改正薬事法と同じでアンケートとかとるとユーザの圧倒的多数は反対なのよ。
しかし誰もがやってるような銀行預金に比べればどても一般的とは言えないFXごときになんでこんな横やりが突然入ってくるのか不思議で仕様がない。
FX業者もユーザも誰も望んでいないんだから、これによってある種の不利益を被った既得権益をもつ某がお役所にネジ込んだんでしょうなぁ。
で暗澹たる話だが、そういう力を持った「正義の」某によって結果的に国政は牛耳られてしまうんよな。

« April 2009 | Main | June 2009 »