« STAR TREK | Main | 絵 »

June 16, 2009

...石である。
人間いいかげんいい歳になると石といえば...結石...の事ですな。
経験者の話を聞くに、なりたくねーと思いながら、やっぱりなっちゃったーみたいな。

ある日の仕事帰り、なんか腹具合おかしくなってきたなーみたいな感じがあったのである。
実際その夜は多少腹具合の緩い感じもあったのだが、痛みの割には強烈に下るという事もなく。
しかし痛みの方は次第に酷くなって、眠るのも無理な事態になってしまった。
しまいに奥さんが見かねて近所の病院に電話をしたところ、とりあえず来てくださいという事で、タクシー呼んで救急外来にたどり着いたのが既に日付が変わってからの事。
その時点では既にあまりの痛みに受付まで歩くのも辛い状態だった。
その後血液検査とレントゲンをとるも原因わからず、はっきりしない状態で痛み止めをするのもいかがな物かという事で、理屈は理解出来るがとにかく痛い。
というかレントゲン撮るときに「歩けますか?」と問われて反射的に「歩けます」と言ってしまったのだが、診察室からレントゲンまでがなにげに遠い。
言った事をかなり後悔した。
(実際凄え痛いのも事実なんだけど、ギリギリ歩けなくもないというか、やっぱり歩けないというかそーゆーレベルの延々続く拷問の如き痛みなのだよ)

その後さらに尿検査を行うなどして、ようやく結石の可能性が高いと言う事に。
この段階でようやく痛み止めを人生初点滴で受けて、徐々に落ち着く。
そして家路に着いたのが既に朝の5時。
悲しいかな、その日も勿論仕事にいきましたともさ。
それはさておき救急外来で紹介状を書いてもらっていたので、別途病院で見てもらい、CTで結石発見。気分は超ブルー。
薬を処方してもらい自然に出てくるまで待つ事になったのだが、待てど暮らせど出てこない。
というか二週間後に診療してもらったら、「もう出てるかもねー」的結末。
「そんなもんですかね」「まだでてない可能性もあるけどね」
...どっちやねん。

不確実な今の状態もなんだが、しかし問題は再発率の高さである。
資料によると5年再発率20%、20年ではなんと80%にもなるという...
こうしている間にも第2第3の石の種が体内に生成されているのかもしれないのである。
いややー。

« STAR TREK | Main | 絵 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« STAR TREK | Main | 絵 »