« 減量その後 | Main | 2010 »

December 31, 2009

初映画

ポニョもウォーリーもプリキュアもすべてスルーしてきた娘が何故か「行きたい〜」と言い出したのでこの年末に人生初映画へ。
そのターゲットとは「のだめカンタービレ」である。
2008年の正月(そんなに前だったかー)に放送されたTVスペシャルにやたらと喰いつき当時しばらく録画をリピートしていたのだが、劇場版のCMが始まると記憶が蘇ったらしく、いままで何故だか頑に行こうとしなかった映画も行きたいと言い出したのである。
ちなみにTVレギュラーシリーズは実のところ小生も初めて国産TVドラマのDVDボックスを入手してしまったほどだったのだが、ドラマ先行で原作もあとから見たけどマンガ原作でこれだけイメージばっちりというのは驚異的。竹中直人だけは無理を承知を前提の反則技ですが(笑)。
題材が音楽、しかもオーケストラだけに所謂実写映像となにより音がある事が(かならずしもそれが有利とは限らないのだが)見事にアドヴァンテージとして作用し、原作を超えていると言っても過言ではない出来だった。音楽演出的にもテーマ曲がベートーヴェンの7番とガーシュインのラプソディ・イン・ブルーの2曲でJ-Pop主題歌が無かったてのも極めて珍しい。
そのレギュラー放送は原作で言うところの国内編で終了した後、日本人がほとんどいないキャラ環境のため制作困難と思われた海外編を前述のTVスペシャルで実現し、これも意外と巧くこなして...までは良かったが、完結編は映画でという、いうなれば最近流行の悪しき方程式(笑)なわけだ。しかも完結編の「前編」というどうしたって映画として成立してなさそーな感じってんですか。
しかしそぉゆぅ子難しい話はさておいて一家で初映画というイベントこそが今回は重要だったんである。
暗がりでビビりださねーか、とか途中でトイレならまだしも、帰るーとか言い出さねーかとか不安要素満載。

結果としてはそれらは杞憂に終わり、随所で劇中にツッコミいれたり、「きゃははは」など高笑いを劇場に響き渡らせてそれなりに楽しんだ様子。
まぁよかったです。
ちなみに「後編」はGWごろのようなので奥さんが「また続き来ようね」とか聞くと、それについては「もういい」とか適当な事言ってました(笑)。まぁそのころにTVでパブうち始めたらどうなるか知りませんが。

« 減量その後 | Main | 2010 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 減量その後 | Main | 2010 »