« January 2010 | Main | March 2010 »

February 2010

February 24, 2010

パンを焼く

炊飯器でパンを焼く機能を持つ物は結構あると思うのだが、実際に焼いた事のある人はどの程度いるのだろうか。
経年劣化により最近炊飯器を買い替えた我が家だが、買い替える前の物も確か機能はあったはず。
しかしそんなきっかけで、なにやら材料を奥さんが買ってきたんである。しばらく様子をうかがっていたがいっこうに焼く様子も無いので思い立って小生やってみる事にした。
もちろん初挑戦。
パン生地をこねる段階で既になにやら間違った様子だったのだが、どうにもこの手のはレシピ通りやるとおしなべて水分多めになるのはなんでなんだろうね。
ドロドロの生地とはいえない何かを前に粉足すしかねーなこりゃ、と目分量で景気よく足していくとだんだんこねられる状態に変化。
どうにか生地らしくなったところで炊飯器に入れまずは一次発酵へ。
40分後、もうひとつだったのでさらに15分追加。
Pasted_graphic_5
続いて二次発酵を同じく40分。先ほどより膨らんだのがわかるかな。
Pasted_graphic_1_2
いよいよ焼きの段階である。つーても炊飯器に入れたままさらに焼くだけですけど。
三度待つ事40分、一旦焼き上がりだが、このままでは底部分しか焼き色が着いてないので裏返してさらに10分ほど焼く。
Pasted_graphic_2_3
概ね2時間強で完成である。
食パン、とはいうものの炊飯器で作った物だから勿論丸い。しかし丸いだけで立派に食パン。焼きたては旨かったです。
Pasted_graphic_3


February 23, 2010

赤い魚を釣りたい

アジやサバも魚っぽいっちゃ魚っぽいし、カワハギやらシロギスだって釣れて嬉しくないはずが無い。
が、短いながら自分の釣り歴の中にどうにも赤い色が足りねえなぁなんて今さらながら思っちゃったんだよね。もうちっと赤方偏位したいのだ。ま、赤を通り越して紫というかむしろケバケバしい奴は釣った事ありますけどね。
赤い魚というとカサゴぐらいか。勿論カサゴだって結構なモノですけど、前回の苦行の勝手なリベンジを考えていたところ一度は釣りたい赤い魚っちゅー事なんである。
やっぱある程度釣りを続けると、赤い魚を釣りたいと思うように成っていくのかね、人は。
でもここで何が何でも王道タイ!とならないところが奥ゆかしいところ?で、タイもまあいずれ釣れたら良いけど、それ一本に絞りきるコダワリもないとゆーか。
そんなこんなで五目釣り乗合にチャレンジ。
そこそこ深場(70〜90m)を狙う未知の世界。手巻きでいけるんかという一抹の不安はあったが、なんとかなる精神で。で実際なんとかなったんだが、文句無しに赤い魚が釣れたね。
それがチカメキントキって奴でして、なかなか嬉しい一発。さあノってきたよーと思っていたらば、ここで大アクシデント。ほんとに一瞬他の事に気をとられた隙になンと竿が海中にどぼん。まだロクに使ってないのに…!
てゆーか、この後どーすんだみたいな衝撃。

とりあえず落ちてしまったものはもはやどうにもならないので、船上で竿を借りる事に。
なんやかんやで電動リール付きの竿を借りる事が出来たのだが、こんな事で電動リール初体験になるとは…いやーらくちん…って違うがな。とまあそんなトラブルの最中にすっかり良い時間帯は終わってしまったのであった。やれやれ。

しかしである。もはやあきらめていた竿は他のお客さんがつり上げてくれたのであった。ウヒョー。
しかもさらにビシと天秤まで別の人がチカメキントキ付きでつり上げてくれて、糸は駄目になってしまったもののほぼすべてが帰って来たのであった。運が良いんだか悪いんだか。
とりあえず次からは竿はしっかりつなげておこうと思いましたよ。

February 14, 2010

極寒の荒行

2月13日は寒かった。
予報では曇りだったのだが、雪まじりの雨がほぼ日中続き、極寒。
そんな日に釣りという名の荒行をした馬鹿である。
てゆーか2月14日は晴れながら気温はむしろ2月13日より低い予報だったんだもの。
結果的には日曜は普通の寒さ。予報は超ハズレ。
土曜は朝起きたときはそんなに寒いとは思わなかったんだがなー。なんでそんな日に限って1日船を選択してしまったのか。
それで釣果が良ければまだしも、まったく当たらず色んな意味で最低。しかも途中で嫌になってもボートと違い勝手に帰れないのが乗合船というものである。
超弩級に喰いが渋い中船長がまたがんばってポイント移動してくれる訳で辛いと思いつつもポイントにくれば糸を垂らさざるを得ない(まあ客は小生含めて3人だったんで結託すればすぐ帰れたと思うけど)。これを荒行といわずして何という。
正直、絶対体調崩すと思ったが、奇跡的に生き抜いたよ俺...
しかも海上で仕事トラブルの報があり心折れまくり。帰って即現場急行で深夜まで、明けた14日もトラブル対応に終止しぐったり。という事はどのみち14日は釣行は不可能だった訳だが…それをよしとするのもどうだか。

« January 2010 | Main | March 2010 »