« 赤い魚を釣りたい | Main | ローマの休日 »

February 24, 2010

パンを焼く

炊飯器でパンを焼く機能を持つ物は結構あると思うのだが、実際に焼いた事のある人はどの程度いるのだろうか。
経年劣化により最近炊飯器を買い替えた我が家だが、買い替える前の物も確か機能はあったはず。
しかしそんなきっかけで、なにやら材料を奥さんが買ってきたんである。しばらく様子をうかがっていたがいっこうに焼く様子も無いので思い立って小生やってみる事にした。
もちろん初挑戦。
パン生地をこねる段階で既になにやら間違った様子だったのだが、どうにもこの手のはレシピ通りやるとおしなべて水分多めになるのはなんでなんだろうね。
ドロドロの生地とはいえない何かを前に粉足すしかねーなこりゃ、と目分量で景気よく足していくとだんだんこねられる状態に変化。
どうにか生地らしくなったところで炊飯器に入れまずは一次発酵へ。
40分後、もうひとつだったのでさらに15分追加。
Pasted_graphic_5
続いて二次発酵を同じく40分。先ほどより膨らんだのがわかるかな。
Pasted_graphic_1_2
いよいよ焼きの段階である。つーても炊飯器に入れたままさらに焼くだけですけど。
三度待つ事40分、一旦焼き上がりだが、このままでは底部分しか焼き色が着いてないので裏返してさらに10分ほど焼く。
Pasted_graphic_2_3
概ね2時間強で完成である。
食パン、とはいうものの炊飯器で作った物だから勿論丸い。しかし丸いだけで立派に食パン。焼きたては旨かったです。
Pasted_graphic_3


« 赤い魚を釣りたい | Main | ローマの休日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.