« ハート・ロッカー+α | Main | Jeff Beck 2010/3/12 »

March 30, 2010

Bob Dylan 東京最終 Zepp Tokyo

来月のJeff Beckを前にDylanである。
2001年以来9年ぶり。その2001年ツアーも見に行って多いに感激したもんだったが、今回はライブハウスツアーってことで、まじでー?みたいな感じでチケ押さえちゃったのな。
しかし、オールスタンディングという事で結論から言えば嫌な予感的中。Zepp Tokyoってライブハウスってもちょっとしたホールよりもむしろキャパある会場だったもんで、ほぼ観客のドタマのシルエットしか見えませんでした。勤め人の悲しさで、平日じゃ開演に間に合うのが精一杯となれば、もはや後ろにひっこむしかなくなるのさ。
なんだかなー。会場はでかいくせにステージが特別高い位置にある訳ではないので、今回のように満員になっちゃうと大半の人はステージ見えないんじゃないかね。その意味ではがっかりもいいところで、Dylanはおろかバンドもほとんど見えず、誰が何弾いてるのかすらほとんどわからず。
今までいろんなライブ見てきたけど、これほど何も見えないライブは初めてだったねぇ…

以上、内容とはあまり関係ない話でした。

内容はまあほぼ音だけですが、なんだかんだ良かったよ。
最近のツアーではギターも一応やるけど、もっぱらオルガン弾いてるらしいDylanの怪しげなキーボードワークも可笑しかったし。
前回と同じくスタジオ盤とは似ても似つかぬアレンジや、フェイクしまくりのヴォーカルは半ば曲当てクイズ状態で、それはそれで新鮮で楽しい。
All Along The Watchtowerはかなりハードな演奏で、このマイナー調ハードロックテイストは同世代で言うとPaul McCartneyとかStonesにもない魅力といえようか。もっとも最初のスタジオ版は違うけど。ハードテイストでカバーしたJimi HendrixでDylanもそれを気に入って…というのはCDのライナーで読んだ気がする話だが、いまやHendrix版以上にハードですなー。

« ハート・ロッカー+α | Main | Jeff Beck 2010/3/12 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.