« イカ | Main | イナダ »

October 31, 2010

ヒラソウダ

葉山をホームグラウンドとしておる訳だが、勝手にそう思っているだけでホームアドバンテージは別にありません。つまり、ホームでもアウェイでもヘボな事には変わりません。
そんなヘボでも釣れるありがたい魚にゴマサバとかソウダガツオなんかがあってハイシーズンの秋などはだいたいこのどちらかは手堅く釣れる。ゴマサバは説明不要でしょうが、ソウダガツオというのはあまり店では売ってません、てか見た事無いか。実は2種に分かれ、マルソウダとヒラソウダというのがいるらしいんですな。
非常に良く似た魚なんですが、どっちでも良いじゃねえかとならないところが面倒くさい魚でもありまして、一般に言われるところとしてはヒラソウダは刺身絶品と言われるほどなのにマルソウダは生色避けるべしとかいう評価な事なのな。これは味が落ちるとか言うよりはマルソウダの方が血合いが多くヒスタミン中毒を起こしやすいといわれておるからで。
ま、この辺りは人によって若干分かれるところでもありますが、とにかく一般的評価はヒラソウダのほうが上と。

で、前フリが長くなりましたが、葉山にて手堅く釣れるのはマルソウダであります。というかマルソウダしか釣った事無かったんですが。先日ついにヒラが釣れたんだよね。ちょっと小振りではあったけれども散々ネットで見分け方を見てた為か、つり上げた瞬間に分かりましたよ。

初ヒラソウダはもちろん刺身で食したけれども、刺身なのにモチモチした食感が面白うございました。カツオと名前はついてはいるが、いわゆるカツオとはちょっと違うんか、カツオより美味いという説もあるようだが、比較対象としては別モンかも。とはいえカツオより美味いというのも頷ける面もある。

ちなみにマルもだいたい釣ってすぐ血抜きしてるんで、同じく刺身でもいけるんじゃないかなーとは思うんだけど、今のところあえて博打は打たず、加熱して喰ってます。

« イカ | Main | イナダ »

釣り」カテゴリの記事