« ヒラソウダ | Main | 進まないよりはマシ »

November 10, 2010

イナダ

今日も今日とて又々釣り噺。
先日は久しぶりに長者ヶ崎までボートに行ってみた。

で、先日初めて釣ったヒラソウダがこっちはまあ入れ食いでしたよ。マルもまじったけど感覚的には7:3でヒラかな。海面から10mぐらいまで非常に活性が高く、エサをつけてコマセ(撒き餌の事ね)を詰めている間にとりあえずボートの外に垂らしておいた仕掛けにも喰いつくとゆー具合。

サバも何匹か喰いついて、まずは晩のおかずには充分と。
加えて手の平サイズだけど久しぶりのカワハギとかね。

だがしかし、密かに狙っていた本命はイナダである。
そしてそれはやって来た。
底から仕掛けを徐々に巻いていく途中、ちょっとソウダともサバとも違う引きと重み。
なんだろうなーと引き上げると、大本命のイナダ登場。一緒に釣行した同僚にタモ入れてもらってゲットですよ。

だが。

ここからがヘボ釣り師として面目躍如たるところでしてね。一旦は完全に釣り上げたイナダを絞めて血抜きする為にエラを抜こうとボートの外に持っていったその瞬間、エラの切り方が浅かったのか、はたまたサイズがまずまずだった故か、とにかくまだ絶命していなかったイナダがひと暴れし我が手中から海にどぼん。

ボー然。
てのはこんな場合に使うんでしょうな。
なんであんな事をしてしまったのか、まさに血迷った俺。

その後、未練たらしく狙い続けましたけど、釣れやしないのはお約束。

単純な釣果だけならヒラソウダが沢山なんで普段の水準より良かったんだけどねぇ…

ちなみに同行した同僚は竿とリールをいつのまにやら海に捧げてまして(小生も同僚もその瞬間を見てないンだな)ある意味小生より悲惨、と二人揃ってダウナーな目にあってました。

お終い。

« ヒラソウダ | Main | 進まないよりはマシ »

釣り」カテゴリの記事