« January 2011 | Main | March 2011 »

February 2011

February 26, 2011

HEREAFTER ヒア アフター

おそらく今最もハズレが無い映画監督といえばクリント・イーストウッドではなかろうかと思ったりもするのだが、老いてなお精力的に作品を発表し続けるなか、どんな接点かまたもやスピルバーグの製作総指揮で新作。オカルトめいたストーリーとも噂され、いったいどんな作品となるのやら?と見てきた次第。
見終わってみれば冒頭のパニックシーン(明示的ではないけど津波はかのスマトラ沖を彷彿とさせる)こそリアルかつ派手だが、あとは地味に話が続いていく。
基本的に三組の主役級がいて、しかもサンフランシスコ、ロンドン、パリという距離がどう繋がっていくのかという興味を持続させていくわけだ。
オカルト風味というのは題材がそうだというだけで特別にショッキングなシーンがあるとかいうことは無く、普通なぐらいに人生讃歌ともいうべき人間ドラマでした。

そして三組の邂逅は、といえばとにかく出会うのは分かってるんで、どの程度のせてくれるのかってところです。ストーリー上はややその為に作られたようなシーケンスではあるんだけど、そうなるとそもそも最初からその設定に無理があるって事だもんな。

マット・デイモン扮する霊能力者は自らの能力を呪われた力と思っていて、人は悪くないけど不器用でさえない感じが良く出てます。見てないけど某アクションシリーズでキメてたとは思えません。
最後にその呪われた能力故に…となるのもお約束だが…ここで、まああえていれなくても良い妄想(としか表現のしようが無い)シーンが可笑しいよなー。さすがは助平爺イーストウッド。ブライス・ダラス・ハワードの料理教室のシーンも完全に狙ってて変態です(笑)。

ヒロインのセシル・ドゥ・フランスが名前の通り御仏蘭西な感じで(実は白耳義の人でした)良いですね。ハリウッド製ですが、ちゃんと各国語で会話してまして、結構な割合で英語字幕がでてましたよ。まあ「硫黄島」ではほぼ全編日本語で撮影したぐらいだからこのぐらいはお手の物か。

ちなみに最近のイーストウッドは音楽も担当する人になってるんだけど、今回もなかなか染み入るテーマ曲作っていて多才なお方でやんす。

まぁ見ている間に苦痛を感じたわけでは無いけど129分は長いかな。

February 21, 2011

赤い魚Part2

乗合というとしばらく半日ばかりだったのだが、超迷ったあげくに久しぶりの一日船。

昨年竿を無くしかけた五目乗合である。
迷うには色々理由もあるが、やはり電動リールにするか否かという事である。実際のところ少数派ではあるが手巻きで参加する人もいなくはないんだけど、さすがに50m超えるとキビシーのも本音。
釣ってるときは人それぞれのペースって事でそれでも良いんだけど、船長から上げるように指示あったときに巻くのが電動より遅くなるのでちょっと悲しいのな。
しかし電動を船宿で借りると2000円+なのでそれもまた軽くはない…

なんやかんや逡巡したあげく(釣行しないという選択肢はないらしい)、結局一日電動リールを使うとどうなるのさ、というリサーチを兼ねてやってみる事にしたぜよ。
人生2度目の電動リールだが、習熟していないので使いながら使い方を覚える精神(聞けよ)で。

水深90mで、おもり80とかいうのも1年ぶりなので感覚分からず。
しばらくノーバイト、ノーヒット。ちなみに隣ではでかいマトダイなぞが来ていて、良いなーみたいな。
それで日が暮れるのかという恐怖のなか、最初の獲物がヒメ。
これでもつれないよりはマシかと思わずキープしてしまうほど悲しい精神状態だったが、水深計がまったく当てになってないと気がついてようやく釣り開始の趣。
深いからと思って底とってなかったのが最初の失敗。ちゃんと底とったらリールの水深系では軽く100m越えだもん、そりゃタナがあわない訳だ。
んな事実に気がついてからとにかく一旦底をとって、底から巻いて指示ダナに会わせるようにしたら、30センチ越えのデカアジゲットォ。
これ1匹でも晩のおかずにゃなるねってなもんで一安心。その後ダブルもあってマアジ3匹追加。

んー、最初から気がついていれば、マトダイも…なんてな。

まあポイント移動に結構時間とっていたし、各ポイントでかならずしも絶好調とはいかない感じの日だったけど、最終的にはちゃんと五目(以上)になったし良かったよ。
しかも小生初ゲットがアカアマダイ(ちょっと小振りだがアコガレ級高級魚〜)、カナガシラ、キダイx2、シキシマハナダイという事で小生内の釣れてしまった図鑑もだいぶ赤みを増したんで満足。でもマトダイも喰ってみたかったよ...

ちなみに1日使ってみた感想はといえば、やはり深いと電動がいいやね。というか電動があると深場もやる気になるよねって事だよなぁ。んー。

February 06, 2011

メバル

思えば去年も同時期にメバル乗合に出かけ、極寒の荒行となった悲惨な事態を思い出さないではいられないのだが。
今年も同じようなスケジュール(釣行前日に飲み会というのも含め)でメバル乗合。
なぜ同じような時期なのかといえば東京湾ではメバル解禁が2/1だから。


ちなみに今年三回目の釣行で、最初はイシモチ乗合。例によって渋い日にあたり、小型がぽつぽつ。
2度目はアジ乗合に挑むも昨年と同じく、アジ一匹と激シブ。なぜかイシモチ乗合よりも良いサイズのイシモチがなんとか4尾。

でメバル(クロメバル)だが、昨年と違い3月の陽気と言う暖かい日にあたり、さすがに朝のうちは手もかじかむが日が出てからは寒さもたいした事無く釣り日和に。
午前中のみで小生的には大当たりと言って良い、トップ12に対して11尾をゲット。ツ抜け、しかもナイスサイズ中心。加えてカサゴも2尾とくればまぁ文句無し。
すげー悩んだけど、午後はやらずに半日で帰宅!
さらに今回個人的に記録だったのが、手前まつり名人の小生が2本竿で使った仕掛けが2つ。つまり仕掛け交換無しだった事である。スゲー。

だいたい釣りの仕掛けは絡むもんなのである。
そういう風に出来てるの!小生にとっては。

勿論今回も隣とおまつりもしたけど、なんとかくぐり抜け、さらに毎度の手前まつりもしたけれどこれまたなんとかほどいて終わってみれば、交換無し。
いやーなかなか気分がよろしい。
後半は置き竿に当たるパターンが多くて、あんまりアタリを感じなかったのは寂しいが、なんて贅沢な悩み。

2日間で刺身、塩焼き、煮付けと喰らってもまだあるよ。
次は香草焼きの予定で仕込み中。

んな感じで今年ももうちょっとは釣り道楽続けたいがなー。なんてな。
Mebaru_4

メバルも美味いよなー。


February 01, 2011

twitterとかなんかつらつらと

近頃世間で流行りの?twitterなるものに手を出してみたのよ。

ま、きっかけはとある知り合いをフォローするためになんですが。
自分で書き込まなくてもフォローだけでも面白いっちゃ面白いね。同時にますますの情報爆発について行けない感も漂ってくるんですが...

これまともにつきあってたら本当に大変。就業前の学生身分でやってたらその時点で人生破綻するかもな。なんて。

ところで手を出さないでいたのには理由もあって、一つにはサラリーマン(ことに外勤ではない場合なおさらに)とは性質上相性が悪すぎなので、結局使わね、だろと思っていたと言うのと、もう一つ単純に最新トレンドに興味がなくなっていたというのがある。
まあiPhoneとかには手ぇ出してますけど、これは遊び半分で、こと仕事で言えば新しい何かとか全く興味を失っていたからなぁ。
いや、まったくもってぶら下がり社員ですよ。はっはっはっ。歳喰ってるけどな!

しかし事件関係のタイムラインは凄いね、現場からの情報がリアルすぎる。
伝え聞くところによると我が国の大新聞では所属記者に使用禁止の通達がでてるとか。ますますもってヴァカヴァカしい次第。
まあそれも仕方ないんだろうなぁとは思うんだけど。
記者ったってサラリーマンだもの。twitterでネタ流してどーする、記事に還元すべき、という発想がでてくるのは当然だわな。
でも海外のジャーナリストにはあまりそういう発想はないみたいで、彼らはどっちかってーとサラリーマンという意識があまり無いんでしょう。
ジャーナリストとして記事を書く媒体がtwitterでも紙面でも良いんでしょうな。金もらってるから所属紙に記事を書くだけで、組織に属しているという意識は希薄なのかもな。
あたしだってサラリーマンですからね、そういったサラリーマンとしての記者の立場をを完全否定はしないし出来ないですが。
ただそういった構造において日本の報道は(たぶん)なされているんだぜ、っていう部分を差し引いて見ておくべきってところだわな。

« January 2011 | Main | March 2011 »