« ソーシャル・ネットワーク | Main | メバル »

February 01, 2011

twitterとかなんかつらつらと

近頃世間で流行りの?twitterなるものに手を出してみたのよ。

ま、きっかけはとある知り合いをフォローするためになんですが。
自分で書き込まなくてもフォローだけでも面白いっちゃ面白いね。同時にますますの情報爆発について行けない感も漂ってくるんですが...

これまともにつきあってたら本当に大変。就業前の学生身分でやってたらその時点で人生破綻するかもな。なんて。

ところで手を出さないでいたのには理由もあって、一つにはサラリーマン(ことに外勤ではない場合なおさらに)とは性質上相性が悪すぎなので、結局使わね、だろと思っていたと言うのと、もう一つ単純に最新トレンドに興味がなくなっていたというのがある。
まあiPhoneとかには手ぇ出してますけど、これは遊び半分で、こと仕事で言えば新しい何かとか全く興味を失っていたからなぁ。
いや、まったくもってぶら下がり社員ですよ。はっはっはっ。歳喰ってるけどな!

しかし事件関係のタイムラインは凄いね、現場からの情報がリアルすぎる。
伝え聞くところによると我が国の大新聞では所属記者に使用禁止の通達がでてるとか。ますますもってヴァカヴァカしい次第。
まあそれも仕方ないんだろうなぁとは思うんだけど。
記者ったってサラリーマンだもの。twitterでネタ流してどーする、記事に還元すべき、という発想がでてくるのは当然だわな。
でも海外のジャーナリストにはあまりそういう発想はないみたいで、彼らはどっちかってーとサラリーマンという意識があまり無いんでしょう。
ジャーナリストとして記事を書く媒体がtwitterでも紙面でも良いんでしょうな。金もらってるから所属紙に記事を書くだけで、組織に属しているという意識は希薄なのかもな。
あたしだってサラリーマンですからね、そういったサラリーマンとしての記者の立場をを完全否定はしないし出来ないですが。
ただそういった構造において日本の報道は(たぶん)なされているんだぜ、っていう部分を差し引いて見ておくべきってところだわな。

« ソーシャル・ネットワーク | Main | メバル »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事