« 勝手にドキュメント 2011/03/11 Part1 | Main | 週始まり »

March 13, 2011

勝手にドキュメント 2011/03/11 Part2

さて、その後仙川付近で京王線の様子を再び確認したが、ホームに明かりがともっていないのを見て、復旧無しと確信。
無理なフォームが祟ったか、既に右足もマメがつぶれてどこまで持つかなーと不安になる。
道路はといえば首都高が閉鎖になっているので当然のごとく渋滞。途中で自転車を買おうと思いついたものの思いついたのが若干遅かったか、店は閉まる時間で安いのは売り切れ、さすがに数万もするのはキツいと断念。

後はひたすらあるくしかないが、極端にペースが落ちてきたので同僚にも悪い(彼にはどうしてもその日のうちに帰らなければならない理由も時間的制約も無いし)のでとりあえず柴崎付近で別行動とさせてもらった。この時点で20:40前後。
妹はといえば、府中在住の職場の先輩宅とやらに娘と二人でいるとの事、親切にもその先輩が妹共々八王子の実家まで送っても良いという話だったのだが、道路状況からして八王子の実家までも相当かかると思えたのでちょっと待てと。

そうこうしているうちにやはり八王子まで送った方が良いのではという感じになり、一旦は送ってもらう事にしたのが21:00ごろ。そうだとしても八王子までやっぱり迎えにいかねばならんという状況は変わらないので、早まったかなぁなんて思いながら、とにかくスローペースでも歩く。
何度も往復している道なので、ルートは熟知しているのだがそれ故にその先の長さを実感してしまい、正直何度か心が折れそうになった。
21:45調布ICのあたりで妹から電話があり、まだ移動を開始していないとの事。その時点で八王子まで行くとしても2時間はかかるだろうと言う事で、あと2時間なら分倍河原まで7kmを切っていたのでさほどかわらずたどり着けるかも、という事で結局先輩宅に待機に変更。

その後も復活の日の草刈正雄のような歩みで、道行く人にどんどん抜かされる悲しい状況だったが、ちょうど白糸台に入ったころに奥さんから京王線復旧のメールが入ったのな。それが本当なら多摩霊園までいくしかねーぜ、と進路変更。ここで鉄道の運行情報と駅までのルートを確認したところでiPhoneの電池切れ、最後までよくがんばった。
しかし駅までのわずか600mほどが長いのなんの。23:05駅着、23:09列車に。
結局23:30にようやく娘と再会。偶々超近所だった妹の先輩宅からギリギリ日付が変わる前には自宅マンションへ。
エレベータが当然停止しているという罠にはまり最後の最後、自宅のある3Fまでの階段が地味にまたキツい。
部屋がどうなっているのか心配だったが、意外と被害無くてまあ良かったけど拍子抜け。ただしガスは止まっていたので復旧の必要があったが。とりあえず一足はやく実家に帰っていた奥さんと、自分の実家に連絡したが、このころになるともはや全身激痛でなかば歩けず。
はっきり感じる揺れもまだあったり、全身の痛みから来る寒気とかでよく寝付けずな一夜ではあったが、まだしも運が良かったと思うべきか...

一夜明け、娘に起こされたのだが、娘を抱きしめたときちょっと目から水分がでたのは秘密です。

« 勝手にドキュメント 2011/03/11 Part1 | Main | 週始まり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事