« March 2011 | Main | May 2011 »

April 2011

April 28, 2011

春一番

春一番もとっくに吹いた後だが、そのタイトルの楽曲がTVからやたらと流れてくる。
そのニュースにはやっぱりちょっと驚いた世代の小生だけれども。

当初はアルバム中の一曲だったのが、後にシングルカットされて大ヒットしたのはそこそこ有名なエピソード。
当時は分からなかったけど、だいぶ後に聞き直した際に妙に速いテンポとやたらとロックなギターにびっくりしたもんだったが、実はシングル化の際にアルバムバージョンはロック過ぎという事で、ミックスなどをやり直してシングルバージョンを発表したとか。そんな話は伝え聞いてはいたんだけど、そのアルバムバージョンは聞いた事なかったんですよ。

で、ようやくその3rdアルバム「年下の男の子」の1トラック目に収録されとるアルバムバージョンを聴いてみたんだわ。

ぶっとんだ。

すげえ。

ギターもそうだけど、ドラムとベースがやたらと強調されてて、シングルバージョンどころの騒ぎではないロックっぷり。
またそのリズム隊のドライブぶりが半端じゃなく、今聴いても恐ろしくカッコイイ。てか今ですらこれに匹敵する演奏はなかなか無いんじゃないか?ベースの音作りがトレブリーなのも高ポイントだし後半にバックがリズム隊だけになるとこなんかもコンプの聴いたミックスがかなりキテます。
ヴォーカル無かったらアイドルの曲とは思いもつかんわなこりゃ。アルバムバージョンのカラオケ聴いてみたいね。
そもそもヴォーカルのミックスがややバックより小さめってどういう事やねん!みたいな(笑)。

これ聴いてからあらためてシングルバージョンを聴くと、基本的には元のトラックっぽいんだけどもちろんリズム隊はひっこんでるんでロックなテイストは主にリードギターが担ってますけど、アルバムバージョンはホント何かの間違いか冗談としか思えないですなー。
当時のロック聴きがいわば別腹で洋楽ならカーペンターズ、邦楽ならキャンディーズってのは十分あり得る線だわ。

ちなみに確信はないがタイコは村上“ポンタ”秀一、ベースは岡沢章、ギターは水谷公生だそうでそれぞれ知る人ぞ知る面子。

他にも今聴くと色々発見もあって、「やさしい悪魔」と「アン・ドゥ・トロワ」は吉田拓郎提供だったんだーとか。特に「アン・ドゥ〜」は確かに全編拓郎節炸裂しとる。当時も子供心に凄いと思った「微笑がえし」は阿木曜子の作詞だったりして納得みたいな。

April 23, 2011

有耶無耶のうちに、では納得できんのだよ

原発に限らず世の仕組みの大半は自民党政権下で構築されたものだから、現政権ばかりを批判しても始まらないってか、こと事故に関しては自民党も同罪みたいなもんだ。
とはいえ震災にかこつけて色々なものが有耶無耶のうちに国民負担増になってないか?
例えば高速道路は無料になるどころか、割引すら廃止とかさ。誰が何処をどう検証してるのかと。

民主党もはっきり言ってどうでもいいようなツマラン事で散々叩かれてきて同情の余地もあったが、とにかくこの震災対応でツマラン事は脇に置いといても仕方なしというコンセンサスのもと、その胆力が試される事態。
しかしながら1ヶ月をとうに過ぎ、原発事故は収束しないままながら(慣れってのは恐ろしいもので異常事態といえども長く続けば正常とは言わないが日常に組み込まれてしまい)世間はそれなりの落ち着きを見せつつある今日この頃。
ここまでなし崩しになると、何が何だか。

事故はドラマよりも酷く、政治行政もドラマのように胆力ある展開にはならず、グダグダ感だけは蔓延。
やっぱり現実は厳しい。

April 17, 2011

ゴッドファーザーPartⅡ

午前十時の映画祭企画は大成功だったようで、今年も第二弾が進行中。途中震災で中断されたけど再開。
昨年の企画でゴッドファーザーを見た際に、第二弾があるならPartⅡはやってくれねーとな!みたいな期待通りだったのでUKライブを前に行ってきた。
ちなみにシリーズに関して言うと実はPartⅢしか見た事無かったという、偏った状態だったのでこれにて完結。当時悪評紛々だったPartⅢだが、2時間半越えを飽きずに見られたんで、言われるほど悪くないけど1、2見てないからなーぐらいには思ってた。もちろんソフィア・コッポラのキャスティングはどうなのよ、とは小生も思いましたけど。当初予定されていたウィノナ・ライダーだったら映画そのものの評価も違っていたンでしょうなぁ。
それはさておきPartⅡだ。シリーズ最長の200分、堂々の3時間越えはトイレ対策を怠ると途中退席は必至、なんて感じだが、既にPartⅠのストーリーとかキャラクターを忘れかけているので既存/新参/敵/味方を整理するまで混乱してしまった。

いやぁ、しかしデ・ニーロ最高だな。あらためて驚いた。
マーロン・ブランドの若き日を演ずるというのは相当なチャレンジだったと思うけど、これは誰もが絶賛せざるを得ない見事さ。ブランドはカリスマがカリスマを演じてたようなモンだが、デ・ニーロはキャリアの初期、無名に近い状態でカリスマの青年期を演じなければならなかったんだが、実力ハンパねーな。
まだ堅気だったころのちょっと朴訥とした感じとか、やるときゃやる時の迫力とか。勿論あの声もね。

April 16, 2011

UK Reunion Japan Tour

UKがリユニオンライブをやると聞いて驚いたもんだったが、ずーっと沈黙していたEddie Jobsonが最近何故だか精力的にライブ活動にいそしんでいる一環ではあるらしい。
実は知らないうちに2回も来日もしてたのな。
そのUK名義の実際はEddie Jobson & JohnWettonを核としてタイコはBrufordでもBozzioでも無いMarco Minnemanに加えてギターにAlex Machacekというカルテット、つまり1stアルバム体制。
Bruford,Bozzio,Holdsworthは不参加とはいえさすがにUKを名乗るだけあって、チケはほぼ瞬殺の勢いで消え去ったとか。小生は幸運にも4/16公演の抽選に当たったのであった。
一つには川崎はクラブチッタが決してハコが大きいとは言えないのにもかかわらず2日公演しか組まれてなかった事で、プラチナチケット化したのな。その後追加も1日でたけれどそれでも2000人行くか行かないかぐらいでしょ。この面子ならもっと大きいハコもいけるよなー。
実際立ち見席まで発売されることになって、ちょとした狂想曲。

もっとも見られるとなればハコは小さい方が良く見えるから良いんだけどな。

しかしそうこうしているうちに3/11に震災があり、はたしてこのままライブは行われるのか?という不安があった。だが、結果的にはライブは決行。見てるこっちもライブ終わるまではデカイ揺れが来てくれるなと祈るばかり。

何やらクルーがDVDがどーのこーの言いながらビデオカメラ持ってたので、ソフト化が後々あるやもしれない期待もさせつつ、初Eddie Jobson体験。
当時、遅れてきたプログレバンドだったUKだけども(後付け知識ですが)今回改めてUKの楽曲を聴いてみて、70年代プログレの最終完成形だったなと。実に完成度が高く、美しいとすら評されるのもあらためて納得。Jobsonのキーボードワークは音色などが往年のままで嬉しい。バイオリンもたっぷり披露したし、その貴公子然とした佇まいがまた良いですな。
ちなみに小生前方左側だったのでJobsonが見やすかったのです。

ちなみにオープニングはNight After Nightかなぁ、なんて思ってたらIn The Dead Of Night組曲でした。ギターはHoldsworthをかなり忠実になぞるという傾倒ぶり?
Night After~は結局やらずじまいでちと残念。初日のアンコールだったとか、むむ。2日目の今日は代わりにNothing To Loseを披露と、総じて言えばUK祭りとしては全く問題なく合格点。

April 15, 2011

敵を作る

現都知事を評して敵を作るのが上手い人だと、テリー伊藤が言ったとか言わないとか。
そういうところ、かの小泉純一郎も似てんだけど、適度に敵を作っておくほうが支持というものは結果的に多く得られるものらしい。
確かに100%の支持など北の国じゃあるまいし現実的ではないわけだから、少数の支持をはなから捨てる事で相対的に多数の支持を取るというのは正しい戦略だ。民主党に足りないのはこの辺の戦略かな。

で、いま都知事が槍玉に挙げてんのが自販機とパチンコと。
小生パチンコはやらんのでまあある意味どうでもいいと言うところはある。ただ巷で言われるような業界構造を意識しての事だろうからなかなか喰えない男だて。

自販機については、夜間に灯りを派手に使うこたあないとは思うが、照明をおとすなどの策を講じたうえでどうなるんかなと。

にしてもだ、たとえ正論でもあの都知事に言われると何か素直に聞けないのはなんでだろー。

April 14, 2011

通学

4月になって、入学式もすんだとなると、娘も小学一年生なのはいまさら言うまでもない。

だもんでもはや毎朝保育所に送っていく必要はなくなった、という事実にようやく気がついた。
入学式はまさかの泣きまくりだった娘も何日か通って、学校楽しいみたいになってきて一安心。

April 13, 2011

レベル7

兆を超えて京なんて単位を日常?の中で目にする羽目になるとはな。
当初のレベル4と言う言い分にはもはや虚しさしか無い。
前後一段階ぐらいならブレもあろうが3段階アップて。低く言って叩かれたから今度は高くするんか?

原子力なんチャラ言う偉そうな連中は、おまえらそれでもプロかと。バカかと。猛省せいと。

海外では緩やかなチェルノブイリと言うような記事も出たようだが、直感的に納得してしまうな。打ち消す材料はあるのだろうか。
繰り返すが、今現在チェルノブイリの1/10と言い張るのはまあいい。状況が継続中な以上、将来予測が問題なんじゃないかねー。

確かに一方では今現在でチェルノブイリ級と言われてもピンとこないってのもあるはある。レベル7っても、7弱と7強ぐらいな感じか。

April 12, 2011

投票分析

予想通りの結果となって残念無念な都知事選。
分析結果からみると20-40代の不投票が目立ちかつ比較的投票率の高い50代以上の支持により現職が勝ったことが見てとれるそうな。

参考はここ

これを見る限り特に支持が高いのは60代以上、50代で既に現職支持は5割を切っているようでもあるが、とにかく40代以下は明確に現職不支持という目は見てとてる。
なのに投票率が低過ぎて相対的に人口ボリュームが低い年代の支持が勝ってしまったというね。

40代もあれだが、20-30代は壊滅的に投票しなさ過ぎ!
おいらも人生イーカゲン諦観の域だけど、投票ぐらいしろや、と。

期日前投票とかそんなにハードル高くないよ。
ちなみに小生何度もしてます。今回も実は釣り行くため前日投票。

April 11, 2011

再開

左腕のしびれはおさまらないが、しびれを切らして(なんつって洒落てる場合じゃないが)1ヶ月ぶりの釣行。

午前乗合でシロギスという初のパターン。
しかし例によってハマれず、もちろんツ抜けもせず。はじめてしばらくアタリも無いという事態に。
周りもそんなに釣れてなかったですけど、おいらは別格な感じで。
初めてのヒットは結構良い引きだったんで、良いサイズか?なーんて思ったらサメでした。はっはっは。
でもサメを釣ったのは初めてだったので、それはそれでよし。

結局8匹で終了(サメ除く)。
このビミョーな釣果に午後もやるべきか?と相当に逡巡したが、たぶんやっても駄目と判断し帰宅。どーせおいらはその程度の腕しか無いのさー。

それはさておき船宿さんは意外といっちゃーなんだが、賑わってましたぜ。賑わいついでの風上チェーンスモーカー氏には閉口したが。
今日に限って言えば原発事故より副流煙が問題だったぜ!

なんて、何かのリスクを気にしてると言うよりは、単純に小生ガキのころから紫煙のニオイが嫌いだってだけなんですが。
釣船は船室以外は禁煙じゃないから、仕方ないけど多少は遠慮して欲しいものだなっと。近距離では拡散も希釈もされねーから、アレ。

なんだか話が拡散してきたのでこのへんで。
お粗末。

April 10, 2011

失言?

ただでさえ現職は強いのにこの状況下ときてはほぼ当確と予想される現都知事。まったくもってネタにこまらない人物だけど、その失言集てのがあるんですな。
中でも傑作と思ったのはこれ。

「前頭葉の退化した六十、七十の老人に政治を任せる時代は終わったんじゃないですか」

1975年当時の美濃部都知事に向けての発言だが、当人は40代前半のことか。隔世の感はあるが、こういう発言がいつまでも問われるのは、ある種の有名税とも言えるが多分にパーソナリティの問題もあると思われ。

ま、本人がどう思ってるか知らんが、まさにその前頭葉の退化した老人になった状態なんでしょうから、是非ともお引き取り願いたいものだ。
俺じゃなくて本人が言ってたんだからね。政治家たるもの(ましてや大作家先生なんだし)言葉には責任を持ってもらわんとなぁ。

April 09, 2011

報道

政府、東電の発表は嘘ばかりで信用出来ないという心理は理解できる。だが、一次情報を握っているのは結局のところ東電なので、日々状況が変化する中で他に頼れる情報が無いのもまた事実。

仮に本当の事は言ってないとしたところで我々に出来るオプションもまたたいしてないわな。

で、ようするに何が言いたいかと言えばそう思われてしまう政府、東電もまあ問題だが、誰もが感じる疑念を晴らす為にマスコミがいるんじゃ無いのか?という事だな。
ところが天下の大新聞や大テレビ局がまた、大本営発表機関なんじゃないの?という疑念があるんで困ったもんだ。という話。
こんなときこそ(ぐらい)スルドイツッコミを期待したいものだが…

April 08, 2011

悶々

釣りを再開したいけれども左腕のしびれはなおらんしで悶々。

それよりもやっぱり海水汚染がどの程度のものなのかが実害レベルでわかり難いのも悶々としますな。
なにしろ当分収まる気配の無い話だもんで。

希釈やら拡散やらされるから(ただちに)健康には影響ありませんとか言われても、なんだかなぁ、というのは普通の反応。一般人が知りたいのはピンポイントの程度ではなく原発事故が収束せず悪い状態が継続している以上、その継続を前提として中長期予測として影響はどうなのかということだわな。だって報道に出てくる数値がしまいにゃ「億倍」とかですぜ。

まあ、冷静に対処するならば東京湾なんて放射性物質よりも気にすべき汚染があるやろーと言われりゃその通りなんでしょうが。実際子供の頃は公害ブーム(ってのも変だが)で東京湾の魚なんて喰ってはイケナイと思ってたのは本当の話。

なんにせよ今以上に無駄に汚染されるんはイヤンな話よの。

April 07, 2011

入学式

4/6はついに入学式。
ランドセル背負ってー元気よくー。だったのは受付まで。

よもやいまさらビビリモードが発動するとは。玄関で上履きに履き替え教室に、という段階で人の多さに面食らったか、ママにしがみついて離れず泣き出したのはうちの子だけですとも。えー。

甘ったれにもほどがあるっちゅーか、なんちゅーか。結局ママと一緒に教室へ。
その後の入学式もママが付き添う羽目に。

翌日となる今日は実質の初通学、自分は昔過ぎて覚えてませんが、集団登校するんですね最近は?
それもまあ予想通りというか、後で聞いたところによるとまた泣いてたそうな。
それでもなんやかんやで学校から帰ってきて見れば、楽しかったとの事。

果たして明日はどうなる。

April 06, 2011

dirty bomb

事故のレベルとしてはスリーマイル以上チェルノブイリ以下というのが今のところの評価だとして、このていたらく。評価の妥当性はさておき、核という物は爆発しなければ良いというような物ではないという、嫌な証明があらためてこの日本においてなされてしまったというのは皮肉に過ぎる。
おまけに海に汚染水流す羽目になって、もはや完全に国際問題化。

もちろん沿岸漁業は壊滅的。農業被害も甚大。

実のところこれって科学的な実害レベルで安全とかどうのこうの言っても仕方なくて(それはそれでやるのは当然ではあるが)、実体経済としてどうなるかという考察が全く欠けていたかもしれないなと。
風評被害だろうがなんだろうが売れないものは売れないという事実そのものが問題じゃないですか。

今の状態はいわゆるdirty bombそのものと化したなと。

今のレベルでこれだからね。どこかでテロリストがほくそ笑んでるかと思うと誠に恐ろしいですな。

April 05, 2011

いっその事

そういう訳で、夏場をしのぐアイデアは色々でてますけんども、もうこうなったら夏は仕事やめちゃえともおもったりして。

昼寝もいいけど、いっその事みんなでリゾートでも行ってのんびりしようぜ、なんてな。駄目?
勿論金は落とす前提でな。

節電方法

夏場の停電が避けられそうに無いという中で節電方法として色々な方法が提言されてる中にテレビをつけないとか見ないてのがあった。

いっそテレビが放送をやめればいいんじゃね?
放送が無ければ見ることもあるまい。要不要で言えば、首都圏でこんなに局数いらんわな。

なんて思うのは首都圏に住んでるからなんか。

April 03, 2011

新年度突入

4月と言うと年度の区切りって事で色々環境が変わる事もあったりしますが、今年はといいますと、すっかり忘れてましたがそういえば我が家の収入が半減以下と言う事になってしまうんでした。

要は奥さんが退職しちゃったって事なんだけど。子供が小学生になる(早いものだ)ってんで、それを契機にねえ。
世の中的に大事件の真っ最中ですから、子供視点でいけばその方が何かと安心な一面はあり、てか正直なところフルタイムの共働きってのも平時の事だなあなんてはからずも実感してしまったんで結果的には良かったんかなと。
だってねえ、夫婦そろって現場を離れられないような仕事してたら、震災からこの方大変ですよ。子供が犠牲になってしまったようなご家庭もあったんではないかと。
我が家の場合たまたまおいらが、クリティカルではないポジションだったんでなんとか最後の数週間を乗り切れたけどね。

もはや小遣いは0、釣りも引退か?なんて。わー。

April 02, 2011

危機対応

いわゆるハリウッド製で核の危機を扱った映画は去に何本もシリアスな物からふざけた物までたくさんある訳だけど(テーマではなくシチュエーションだけどインディジョーンズとかさ)、比較的シリアスな物でも被爆国視点でぬるいな、としばしば言われてきたもんだった。

ところが現在といえば映画では無く現実に、危機的状況が原発事故という形で現出してみれば、避難勧告など一連の対応は当事者たる日本の対応が一番ぬるいという皮肉。
最悪を想定して行動するのが国際基準とするならば、大げさにすぎると一蹴しているのが現在の当局。はたしてどちらの言い分をとるべきなのか。
もっとも実際の政策はもちろん日本政府によるしかないので、我々にはあまり選択肢も無いのだが...
安全にかぎらず世の中絶対というのはなかなか無いもんでね、一般論で言えばギリギリより余裕もって対処すべきとは思うがな。

実質的なところであえて単純化して言えば、放射性物質の摂取による影響にしても、モノによるだろうが小生などそもそもが精々あと30年の命と思えば、例えば30年後の発ガンリスクが高まるとか言われたところで、そりゃ影響無いようなもんだと思わんでもないし。ま、政府がそんな事言えないでしょうが。
ただ子供の事となると話は異なるだわ。毎度しつこいけど。

もひとつついでに、一寸前まで日本はロボット大国だったような気がしていたんだが、このような危機において意外と実用化研究されてなかったンだな、とも。ちょっと寂しい話だ。

April 01, 2011

痺れ

痛めた足の爪が完全に剥がれたんである。
既に腫れはひいているので痛みはないが、爪の無い指はちょっと見た目がコワイな。

てな今日この頃、今度は左腕が突然痺れ始めてたまらんみたいな事になったんである。
もとより首にヘルニア持ちなんで、そこを疑って整形外科を受診。
レントゲン&MRIでヘルニアもあいかわらずあったけど、診断としては頸椎症ではとの事。
痛み止めを処方してもらったんだが、なんだかこれが全然効かねんだわ。
基本様子見しか無いとはいえ、なかなか辛いものがある現状。

足を痛めて変な姿勢で歩く羽目になったのが何気に遠因になったんかな、と嘆息な日々。

« March 2011 | Main | May 2011 »