« 最近おかしーぞ | Main | お台場合衆国2011 »

July 24, 2011

Lion導入

2600円という低価格のみならず、App Storeからのダウンロード販売というOSとしては画期的な試みで世に放たれたLion。
そうは言ってもソフトウェアの互換性なんかが若干気にならんでも無かったので、二日ほど様子をみてたんだが一番気になるVirus BarrierがX6にて多応してるという事で、そっちもアップデートして(Lionより高い…)から入れてみた。

ダウンロードは意外にすんなり終わって、アップグレードインストールが始まった時点で外出してしまったので実際どの程度かかったのかは不明だが、帰ってきたらログイン画面になってたのでとりあえずうまくいったらしい。
Time Machine用の外付けディスクのインデックス処理のせいだかなんだかよくわからないけど、認識がうまくいかずみたいな事はあったけど、放置したまま睡魔に負けて寝てしまったので(適当過ぎ)、翌朝接続を外して電源入れ直しの再接続で復活したので問題無さそう。
これTime Machineでインストール前にもどしたらSnow Leopardに戻るんかね?やらないけどさ。

操作面ではやっぱり上下スクロールが、iOSに合わせて従来と逆になったてのが変化ではある。
従来の設定にもできるけど、ここはあえて吊るしの状態で使ってみる。たぶんしばらく使っていれば慣れるなこれは。
とにかくMagic Trackpadありきな設計なんで、これ無しだとどうなんかね。
フルスクリーンとかも一応それありきでなるべく使うようにしてますけど、Safariとかは真ん中により過ぎでちょっと間抜け。まあコンテンツサイドの問題だからしょうがないけど。といっても基本Firefox派なので、むしろFirefoxがどうなるかだな。
メールは意外と参照性が悪くないかも。
iTunesでのスワイプによるページ前後めくりが出来なくなってんのは、純正アプリだけにバグかなぁ。

# 速攻追記
# 吊るしの状態ではなく、2本指でスワイプに設定変更したら機能回復。Firefoxも。

あとシングルモニタならともかくマルチモニタの効果的な使い方については改良の余地がありそう。結構大胆に機能変更してきたんで今後に期待でしょうか。
いうてもなんとなく使えるのは、根本のLook & Feelにはそんなに変化が無いからでこの辺りは毎回結構がっつり変更してくるMSとは異なる特徴ですかなぁ。
なんやかんやOS Xももう10年ですけど、見た目古ぼけてないって何気にたいしたもんだ。

« 最近おかしーぞ | Main | お台場合衆国2011 »

Apple」カテゴリの記事