« お台場合衆国2011 | Main | サバ »

August 18, 2011

Sucker Punch エンジェル・ウォーズ

エンジェル・ウォーズってかサッカー・パンチって言いたいところだけど。

劇場公開当時TVで散々流れた予告編ではなんじゃこりゃ?てな印象でバカ度数満点な印象で、まあコケたってな事実とどうにも評判は今ひとつではあったのだが、レンタルで見たウォッチメンがなかなか良かったので、同じザック・スナイダー監督作という事でこっちも見てみたのな。なお、iTunes Storeでのレンタルでございます。
ちなみに300は当時劇場で見てるんで、なんか俺スナイダーファン?みたいですけど、そこまでのコダワリは無いよ。

で、見てみた結果だが、率直に行ってこれ「傑作」じゃね?
実は見る直前に落ちを知ってしまったのだが、それでもなおかつ十分に面白かった。面白かったというには陰惨なストーリーだが、この陰惨なノリは米国ではウケまい。いやそれを抜きにしても、重層構造などにより色々分かり難い映画なので(しかも画面は予告編の通り馬鹿満開と)これいったい誰にウケるんだよってな映画だったんでコケるの覚悟で、撮りたいもん撮りましたという疑いすらあるが。
いや、とにかく自分で言うのもなんだが意外にノれましたよ小生は。
期待値低かった割に。

でも誰に勧めるかってーと、ちょいと難しいね。でもノれる人には、間違いなく傑作と思われ。
拾い物した気分。

« お台場合衆国2011 | Main | サバ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事