« August 2011 | Main | October 2011 »

September 2011

September 25, 2011

世界侵略:ロサンゼルス決戦

久しぶりに劇場にて。
震災の影響で当初4月公開だったのが、半年延びたやつな。

世間的にも被災地を除くと、やや悪い意味で喉元過ぎればな雰囲気になりつつあるってのが半年という期間という物か。
期待を超える物ではなかったけど、期待以下というほどでもなく、それなりに。
レイトショーだし。

以下フツーにラストまで書いてしまうので、









どういう世相を反映した物か、ここのところやたらとエイリアンが地球に攻めてきたりする映画が多いような気がするのだが、この映画もなかなか派手にやられてしまいます。半年の公開延期も宜なるかな。
最近流行のフェイクドキュメンタリータッチでいきなり戦場にぶち込まれるような展開です。というか相手はエイリアンだけど、体裁はほぼ戦争映画。意外と低予算?みたいな感もあり。一小隊視点なので、ド派手なスペクタクル無し。
なんだろうな、「ハートロッカー」だけど相手がエイリアンな感じ。

何処から来たのか知らないが、わざわざ地球くんだりまで来るテクノロジーを持ってる割には意外と普通に白兵戦仕掛けてくるもんだから、最初はやられっぱなしとはいえ、そこは泣く子も黙る米海兵隊さん達ですから段々とやり返しますよ。
いやー地球人最強。日本を舞台に自衛隊編も是非。

最初は2時間の映画で収まりがつくのかねと思っていたんですが、7人のサムライには劇中時間で24時間もあれば逆転には十分だってなもんで。結局たったの一小隊にしてやられるエイリアン弱っ。てか最初は自動小銃がてんで効かなかったのが、しまいにゃ拳銃でやられてまうのはどーなんすか。
ハリウッドエンターテインメントは滅多に大局から描く事をしないので、なんかご都合主義的に見えてしまうのは仕方なし。
結果論として戦いの行方を左右した小隊を後追いで映画化したみたいな感じになるからね。

喩えが古くてなんだが、東宝の「宇宙大戦争」とか名義上主演は池部良だけど、クライマックスの戦闘では傍観者に過ぎなかったり一番印象に残るんは何気に防衛司令官だったりするようなのってあんまり無いじゃん。何しろ大統領すら戦闘機で戦う国だから。
もう少し新しいところで言うと「レギオン襲来」も主人公格はクライマックスの戦闘では傍観者だわな。あれは意図的に東宝特撮の伝統を踏襲してるんじゃないかしらん。ま、真の主役はガメラ(だったりゴジラだったり)だからなんだけど。

ちなみに途中エイリアンを文字通りさばくシーンのあっけらかんとした感じは、民間人の「わたし獣医だから」(わざわざ「獣医」だぜ)という台詞とともに、所詮エイリアンなんざ人間ぢゃねーんだよ!という開き直りとともに、戦時下のリアル描写でもあるけど非常にブラックなギャグと見えなくもない。

音楽はそれなりに売れっ子のBrian Tylerだが、じゃじゃん、じゃじゃんて感じで半分はSEだな。最近は劇場を後にしたときにサントラが欲しくなるようなのがあまりないんだよねー。ジャンルが同じだとだいたい同じ感じでねえ。どの映画でも良いんじゃね?って感じで。

次はカウボーイ&エイリアンかな(そんなんばっかし)。
来年のBattleship(宇宙戦艦ぢゃないよ)も見てぇ(だから、そんなんばっかし)。

September 13, 2011

さらに想像してみたり

政治記者諸君が何を考えているかは知る由もないが、ちょっぴり想像してみる。
小生と同じ人間で、たぶん小生と同じように聖人君子ではないはずであるが、小生よりは平均するとだいぶ稼いでいると思われ。ま、稼ぎの多寡はさておいて、立場はサラリーマンには違いない。
ただし、ちょいとその気になれば国務大臣のクビをとばすぐらい造作なくやってみせるサラリーマン諸君ではあるが。

彼らのもつ潜在的な権力はなかなかのものである。
自分たちの書いた記事で大臣のクビを飛ばしたら、そりゃまあ気持ちいいでしょうなぁ。世の中を動かしている実感にさぞかし酔える事だろう。それに対してどの程度自覚的なのか甚だ怪しいものだが。

それが恐ろしいんだわ。
特に新聞/テレビを信頼している国民が多いらしいこの国では。

September 12, 2011

もー少し考えてみる

今回の件は、そもそも当該自治体や当該市民、県民から自発的に抗議が殺到したとか言う話ではない訳である(もっともそうなる以前に焚き付けてるから、どうなったかは不明だが、それはこの際脇においておくしか無い)。

要はいわゆる大マスコミ様が、したり顔で報道したからこそ、「あー、問題なのか」とか「ちょっとけしからん」とか思った人が大半なのではないかと推測する。印象操作って奴ですな。
ほんの少し客観視してみたときに、どれほどの問題なのか。怒り心頭に値するほどなのか。それは本当に自分の内なる心から発生した問題意識なのか。どうなんでしょう。新聞、テレビで報道してたから、あたかも問題だと思い込んでいるだけなんじゃないのかね。

もうね、国務大臣なんてなった日にゃ、文脈関係なくバカとかデブとかブスとか言えないよね。大マスコミ様の自主言論統制に引っかかるからね。同情を禁じ得ないですわ。

んで、そういうマスコミと対立姿勢にあると、小沢一郎のように目の敵にされてしまうんよね。

September 11, 2011

何かが破綻しとる

戦後、いわゆる民主主義体制に変わってもはや半世紀をとうに過ぎ。
とはいえ、民度の低さはここに来て極まれりと思うほどに劣化する一方だなと思う訳だ。
もはや言葉狩りとすら言えないレベルで一々発言のあげ足とりに終止する大手マスコミには辟易だし、これが一社程度ならまだしも、各社横並びとは酷い物だ。それに一々同調するその時々の野党政治家も同様にどうかしている。

その酷い新聞報道の発言要旨を呼んでも全体の文脈を見た場合、率直に言って何が問題発言なのかさっぱりわからない。部分の単語だけを取り出したら何でも言えるし、逆に言えば何も言えませんやね。
これで国務大臣をやめざるを得ないのであれば、誰なら勤まるというのでしょうか。政治家達は自らがその職に就いたときの事をもっと想像して、こんな下らぬ騒ぎは自らの首を絞めているという自覚をもっと持つべきであろう事かな。糾弾するなどと息巻いている向きは、そういう発言が自らを安く貶めるという自覚を持った方が良い。

物事には建前と本音ってのがあって、日本ではことのほか建前を表に出さざるを得ない面があるが、要は当該自治体にコメントをとりにいけば、そりゃね否定的なコメントを言わざるを得ないでしょ。とりに行く方も予定調和で行ってる訳で、仮に期待と外れたコメントが出ていたら、あーたそりゃ、報道しないだけですよ。完全にこれ報道の暴力ですぜ。

だからね、もっと良い意味で大人になりましょうよ。
ちょっと前になりますが、前原外相の外国人献金問題ってのもあったけど、あれだって状況から言って大臣を辞任するようなレベルの問題ではないし、国会が空転するとかいうのはどうかしている。
小生、前原氏はあまり好きではないけれどあれはやめるべきではなかった。今回もそうだが、あんな程度で辞めなければならないという悪しき前例をどんどん積み重ねている訳で、将来に対して禍根を残す一方だもの。客観的に言ってどうしてもというなら返金でおしまいが精々でしょ。

国家運営は遊びじゃない。だからこそ辞めるべき問題とそうでない問題を、もっと真剣に与野党、マスコミは考えてほしい。やはりですな、大臣ってそんなに簡単に首をすげ替えていいような軽いものじゃないよ。そろそろこの感覚を修正した方が良いな。

なんちゅーか聖人君子幻想とでもいうんですかね、どんどん酷くなる一方だけど、自らを省みてあり得ないって事をもっと自覚すべき。

あまりに悲しくなったのでマジな話題を書いてみました。

September 09, 2011

ハイシーズン到来

天高く馬肥ゆる秋。
節電の夏を通り過ぎ、釣りもいわゆるハイシーズン到来でございます。
んが、仕事まみれで残業休出当たり前な毎日が続いておりまして、それどころでは無いのです。
不惑を迎えても永遠の青二才を自認しておる小生ですから、何が悲しゅーて残り少ない人生を、仕事ばかりに捧げにゃならんのか、と。

imiwomiidaserusigotonaramadasimona!

まぁ、そんな合間を縫ってストレス解消に、夏の間に一度は行っておきたい夜釣りという事で、久しぶりの夜メバルにいったのも一寸前の話だが。
んー、釣れないなりに、メバル、カサゴと来たけれどツ抜けならずで堪能とまでは行かず。
ひさしぶりに中乗りさん(大量ゲット)からお裾分け。

腕の差とはいえ左舷と右舷でこうも違う物かと。

« August 2011 | Main | October 2011 »