« Steve Jobs 逝く | Main | Yellow Submarine »

October 15, 2011

iCloud開始とiOS 5とか

Jobsの置き土産はiPhone 4Sだけではない。むしろそれはほんの一部とも言える。
実際のところiPhone 4Sのハード的な進化の部分はさておくと、ソフトウェア的な部分はiOS 5にする事によってiPhone 4でも十二分に感じられるのであります。
例えばロック画面からのiTunes操作とかカメラ起動とか、ボリューム+ボタンがシャッターとして使えるなどはソフトウェア処理故の真骨頂ですな。

んでiOS 5とともに解禁となったのがiCloudであります。早速試してみましたよ。
iTools → .Mac → Mobile Meときた一連のサービス群をいわば流行のクラウドサービスと銘打ってブラッシュアップしたというところか。実質的には従来もクラウドサービスではあったんだけど、iTools以来の無料サービスとして再定義。
iCloudの目玉は本国においてはiCloud Musicなんだろうが、予想通り日本は「一部の国」でありまして、今んところ(ずっと?)蚊帳の外。もはや期待すらしてなかったが。
しかしそれでも他にもメリットはありまして、iCloudのメアドであればデバイス間で同期がとれるようになったりしたんでとっても便利。今まではMac、iPhone、iPadとどれでも送受信は出来たけど、受信メールは全デバイスで一々受信確認(ほとんどが宣伝メールだし)しなければならなかったのがなんだかなー、だったのだが、ようやくスッキリ。外出中にiPhoneでチェックしたメールをMac本体でチェックし直す必要なしなのは嬉しい。現時点ではiPhoneとかiPadでの新着表示は同期されないみたいだが、許容範囲としておこう。
勿論これが効くのはiCloudのメアドに限られるのだが、ちょっと試してあまりに便利だったので、即メインのメアドをiCloudに転送する設定にしてしまったよ。
フォトストリームも面白いけど、個別に削除すら出来ないのはちょっといかがな物か(webから全体をクリアする事は出来る)。これは早晩改良されるのではなかろうか。HDRで撮ってるとどうでも良い失敗写真とかでももれなく無駄に2枚アップされてまうし。

ところでiOS 5の目玉?といえばiTunesという母艦が必須ではなくなったというのもありまして、じゃ母艦がある場合はどうなんの?って事が興味となる訳だがここでまた感心。
母艦不要というのはケーブルレスとも同義でもありまして、例えば家にいればiTunesとはWi-Fi経由で同期がとれるんであります。なのでドックにつながなくても常時接続されている状態となってんのな。どうって事ない?機能だけどちょっと感心感動。メールみたいにほっといても同期されるようになるともっと良いんだが、まあこれも許容範囲としておこう。
iOS 5、iCloudとともにそれらに対応すべくOS XとiTunesのマイナーチェンジも行われたわけだが、それらトータルで組み合わせると(部分的とは言え)全体が一つのようにかなり有機的に動作する様は、これから先の理想形の入り口なんだろうな。

ほんの端緒ですから細かい粗は多いんでしょうが、やっぱり面白いです。

« Steve Jobs 逝く | Main | Yellow Submarine »

Apple」カテゴリの記事