« December 2011 | Main | April 2012 »

February 2012

February 27, 2012

iTunes Store その後とか

先週の仕様変更からちょっとたって、落ち着いた?のかどうかしらんが、既に書いたようにこれを機会に消えてしまった楽曲群も少なくないのが実情のようである。
それ以前に消えてしまったモノも多いのだが、とにもかくにもDRM付き(てか低ビットレートのまま)で放置されたままの曲が我がライブラリには概ね300曲。
小生的にはまったく無関係だが、世間的にはインパクト大きそうなのはBeing系離脱かしらねぇ。
やはりPlusフォーマットに伴うDRM無しってのが影響したのでしょうか。毎度の事ながらケツの穴が小せぇこった。
ちなみに残った楽曲群も何気に値付けが250円になってたりするのもあったりしてここじゃ確実にインフレが起きとる。しかしまあ日本において適正利益確保の為にその値付けが必要だと言うならば仕方ないけどな。なんせそこの損益分岐点は知る由がない。

ところでなんだかんだでiTunes Storeはワールドワイドでは日本だけ成功してないそうな。配信の中ですらシェア6〜7%程度だとか(大半はレコチョクだそーです)。iTunesの普及に比べるとなんだか低すぎるようにも思うけど、といって意外とゆー感じもしないか。たぶん実際のところ配信自体がいまだ盛り上がってないように思われ。まーそんな程度じゃなかなかAppleのやり方も通らんわなぁ。

小生はというと完全にiTunes StoreとAmazonにどっぷり。最近じゃ映画もiTunes Storeがメイン。世間的には少数派なんでしょうが、ソフトウェアの物理的コレクションにはますます感心が無くなってる今日この頃、Appleの目指す方向性と個人的志向がほぼ合致してるんだわ。
でも本に限って言うとインターフェースは物理的書籍の方がまだなじむかな。あー、でもビジュアル重視、あるいは検索性が要求されるとかならデジタルのほうが既に良いかも。

February 24, 2012

消えるタイトル

iTunes Store Japanが全曲Plus化されて大量のアップデート対象が出現して或る意味困っとる訳だが、中には一旦アップデートにのりながら、消えたアルバムもある事を発見した。
アップデート前だったので惜しい事をした。
てかSeals & Croftsをストアから消して(全部じゃないけど)誰得かと。ワーナーだから消える理由も無さそうなんだけどなぁ。

February 22, 2012

iTunes in the Cloudとか

突然きましたよ。

しかしサービス内容としては正直それほどたいした物では無いそれ自体より大きな変化は、どうやらSONYレーベルが本格参入してきた模様。ついにようやく商売を現実路線に転換したのか。Bob DylanもJeff Beckもカタログが一気に増えたよー。

コンプリート・マイ・アルバムも来てるし、同時に音源のPlus化も完全移行したのかどうかしらんが、アップグレード合計13,310円はさすがに即ポチはためらわれる...

なんかの間違いでしたってのはナシでたのむぜ。
特にSONYさんな。

次なる焦点はiTunes Matchだが、これは正直日本じゃ尋常でないハードルの高さ。
今回ようやく実現したアレコレは、それぐらい出来て当たり前でしょというものだが、こっちは考え方が大胆すぎるので、これこそ永久に来ないでも不思議でない。


追記
購入した中には、まあPlus化しなくてもいいってか、いまさらいらん曲もあるので、1曲づつポチポチアップグレードしてる最中に曲追加あり。えらいこっちゃでー。
なんやかんやで注ぎ込んできたかといまさら実感。

再追記
iTunes Matchもなンと2012年後半に日本でも展開との発表が。どうした日本!気でも狂ったか?
SONYの社長交代が影響してるのか?祭りだなァ。
でも現状の25000曲だと個人的には僅かに足りないのよね。日本展開時には30000曲ぐらいに上限アップしてると良いなァ...

再々追記
SONY系も邦楽はまだ参入無しのようで、相変わらず意地張ってる部分はあるようだ。にしても洋楽に関してはかなり一気にカタログが増えてるみたいで、着々と準備していたんだろうなぁ。
しかし今回の新仕様(特に全曲Plus化か?)の影響と思われるが、消えた楽曲/レーベルも少なくないようで、なんだかな。以前からちょくちょく配信曲が消えるってのはあったけどさ。
どこに構造上の問題があるのやら...

February 17, 2012

U.K.2012

2012年プログレ界、最大?のイベントかもしれないトリオU.K.の来日。
すなわちもはや伝説といってもよいWetton, Jobson, Bozzioのトリオでまさかの再結成であります。
小生Bozzioは見た事ないこともあり、これは是非とも見たいと思った訳だが、2011年のBozzio抜きカルテットですらチケ争奪戦が凄まじかったU.K.ブランドでございますから、これでまた同じクラブチッタの3daysなんて、ハコが小さすぎるんだってば!

さすがにどう考えても渋谷公会堂、あるいは国際フォーラムでも余裕と思われるが...

何が言いたいかと言うと、3daysの2回の抽選全て外れたって事ですよ。
ぐは。

« December 2011 | Main | April 2012 »