« U.K.2012 | Main | 消えるタイトル »

February 22, 2012

iTunes in the Cloudとか

突然きましたよ。

しかしサービス内容としては正直それほどたいした物では無いそれ自体より大きな変化は、どうやらSONYレーベルが本格参入してきた模様。ついにようやく商売を現実路線に転換したのか。Bob DylanもJeff Beckもカタログが一気に増えたよー。

コンプリート・マイ・アルバムも来てるし、同時に音源のPlus化も完全移行したのかどうかしらんが、アップグレード合計13,310円はさすがに即ポチはためらわれる...

なんかの間違いでしたってのはナシでたのむぜ。
特にSONYさんな。

次なる焦点はiTunes Matchだが、これは正直日本じゃ尋常でないハードルの高さ。
今回ようやく実現したアレコレは、それぐらい出来て当たり前でしょというものだが、こっちは考え方が大胆すぎるので、これこそ永久に来ないでも不思議でない。


追記
購入した中には、まあPlus化しなくてもいいってか、いまさらいらん曲もあるので、1曲づつポチポチアップグレードしてる最中に曲追加あり。えらいこっちゃでー。
なんやかんやで注ぎ込んできたかといまさら実感。

再追記
iTunes Matchもなンと2012年後半に日本でも展開との発表が。どうした日本!気でも狂ったか?
SONYの社長交代が影響してるのか?祭りだなァ。
でも現状の25000曲だと個人的には僅かに足りないのよね。日本展開時には30000曲ぐらいに上限アップしてると良いなァ...

再々追記
SONY系も邦楽はまだ参入無しのようで、相変わらず意地張ってる部分はあるようだ。にしても洋楽に関してはかなり一気にカタログが増えてるみたいで、着々と準備していたんだろうなぁ。
しかし今回の新仕様(特に全曲Plus化か?)の影響と思われるが、消えた楽曲/レーベルも少なくないようで、なんだかな。以前からちょくちょく配信曲が消えるってのはあったけどさ。
どこに構造上の問題があるのやら...

« U.K.2012 | Main | 消えるタイトル »

Apple」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事