« February 2012 | Main | May 2012 »

April 2012

April 29, 2012

イタロフェス 2012 春

ここ数年、春と言うとイタリアンプログレの季節のようなそうでもないような気がします。
ま、川崎限定ですけど。
そんなわけで例によってもはやプログレのメッカと化したクラブチッタにて、イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル VOL.2 “春の陣 2012:ロマンの誕生”なるフェスでございます。

前に書いたようにFORMURA 3の欠場は痛いけど、払い戻しも無いので(ってこたーねーけど)フェス最終日に参上。
まずはLOCANDA DELLE FATEの第一部から。
もちろんファーストアルバム、というか当時はそれだけですが、の一曲目から開始。
冒頭のピアノフレーズが現れると盛り上がります。
意外っちゃ失礼ですが、現役感あふれる演奏に感心しつつ、アンコールは時間の都合か無かったけれど(持ち時間概ね70分ぐらいかね)内容は堪能させていただきまして満足満足。F3が来てたら何分カットだったのかは気になるところだが。

30分の休憩はさんでフェスのメインアクト(何しろ3日連続だ)のI POOH。3日も連続でセットリストがどうだったのかは野次馬的には興味あるところだが、さすがはイタリア本国では超大物だけあってベスト盤1枚ぐらいしか知らない小生だけれども、ぶっちゃけ単独公演だったら来てないけれども、楽曲の良さと音のでかさで全くダレたりせずこれまた堪能。こちらはアンコールもたっぷりで5、6曲はやったかね。でも時間にしたら15分ぐらいか?
I POOHてのは、実際んところキャリアの長さもあってプログレっちゅーよりはイタリアンポップスバンドととらえるのが正しくて、楽曲もコンパクトなのが多かった。それ言ったらNew Trollsもそうだけどね。

しかし本国じゃスタジアム級も埋まるらしいんだけど、1000人も入らない小屋に良く来たねぇ。
# メッカはいいんだけどU.K.とかだとニーズとの乖離が大きすぎて大変なのよね...

結果オーライで、良かったには違いないのだが、それにつけてもF3(+ IL VOLO)は残念無念(しつこい)。

April 26, 2012

U.K. Reunion DVD

もっと早くにでるかと思ってたんだが、意外に待たされてしまった2011 U.K.祭りのDVD。
川崎なのにライヴ・イン・トーキョーってのもなんだが、冒頭をちょこっと見てみて、感慨を新たにしていたところ...SEがIn The Dead Of Nightに展じる瞬間に違和感。
音声が今時モノラル?

あわてて同梱のCDをチェックするとこっちは普通にステレオだ。なにしろヘッドホン視聴がメインの関係上サラウンド環境での検証が出来ないのでそっちは不明だが、ドルビーステレオ音声がCDの音像と別物(聴いている限りでは限りなくモノラルっぽいのだが)なのは明らかだ。どこで間違ったらこうなるの。
CD音声流して合わせようにもDVDの方が収録曲多いし、なんだかなー。

その昔、再結成ELPのライブビデオでラスト近くで音声がずれてたのも嘆息ものだったが(DVDでの再発では修正されてた)、貴重な記録としてはがっかりだな。
CDミックスを聴く限りでは狙ってるとは思えんのだけども。まさか我が家の分だけそうなってるとか...あり得るのかね?

April 20, 2012

YES 渋谷公会堂

なんやかんやで9年ぶりの来日で、東京公演3日目に参上。昨年のLatte E Miele以来のライブかー。

ヴォーカルのBenoît Davidが来日直前に健康上の問題とかで交代になってしまって、日本では幻の人に。んで新ヴォーカルのJon DavisonもやっぱりJon Andersonのそっくりさん。前任者と同じくYESのトリビュートバンドもやってたんだとか。
問題が起きてもJon Andersonを呼んでこないのはFly From Hereのツアーだからだ。言うまでもなくAndersonだとたぶん歌ってくれそうもない。しかし見るこっちもDRAMAラインアップを期待してるんで、それで良いのだ。

んで生で聴いてみりゃこれがまたかなりのクローンぶりでして、素人が聴いたらDavisonとAndersonの違いにゃ気がつくまい。栗貫の初期より断然ヨイ(なんてな)。
お楽しみのセットリストはDRAMA期はTempus Fugit一曲だけとちょっと残念。なんでも2日目はHeart of the Sunriseの代わりにMachine Messiahだったんだとか!これは悔しい。

しかし知る限り日本では久しぶりの披露となったStarship Trooperをやっとこさライブで聴けたので、そこは良かったよ。やっぱ地味にライブで盛り上がる曲じゃないですか...本体では88年のツアー、90年のABWHツアーのアンコールでやって以来?つか、小生観覧の日はやってないし、88年のツアーも見てないし。まーねぇMachine Messiahも聴きたかったのは言うまでもないけどさ。

しかしHowe爺とDownesは秋にまたASIAで来るそうな。オリジナル再編の3枚目でも出るのかね?
YESは一区切りなのかしらん。次があるならAnderson復帰がありそうだが、何しろお爺ちゃんバンドなので一つ早めによろしくだな。

追記
良く見たら、ASIAの来日チラシに新譜情報が載ってた。

April 18, 2012

気になる噂

次期iMacは非光沢ディスプレイが用意されるかもという噂を見た。
もーとにかくツルピカ液晶が大っ嫌いなのに、選択肢が無いから我慢して使ってる小生としては実現したらそれだけで金もないのに買い替えたくなる話だが。
待ち遠しいのぅ。

Lionだとデュアルが今ひとつ生きないのので、メインがでかければシングルでも良いかなとか思うんだけど、グレア故に未だ20inchのセカンドディスプレイが手放せないのだよ...

April 17, 2012

BATTLESHIP バトルシップ

最近流行の対エイリアン戦をまた一つ。
カウボーイ&エイリアンはいくらなんでもほとんどほめどころの無い残念な出来で「もうちょっと工夫しろや、おい」とカックンだったが、こっちゃどうよってなもんで。

なんでも元々はゲームなんだそうですが、どの程度関連してるのやら。
予告編だとなーんとなくトランスフォーマー+パールハーバー(ってどっちも見てないんだけど)てな雰囲気でして、明らかにいい歳こいて見に行くようなもんじゃない感がプンプンですけどこっちもオツムは中学生だからショーが無い。

出だしからしてほとんど感情移入出来ないぐらいにバカすぎる主人公には困った物だが、日本人的には今回かなり美味しい役回りの浅野忠信がいるので助かるわぁ。パールハーバーが舞台なのになんでこんなに親日なのこの映画。

地球侵略も可能な科学力を誇るエイリアンが弱っちーっ(&間抜け)てのも最近の流行なのか知らないが、そうじゃないと話になんねーから、アレか。まあ全く歯が立たないで瞬殺されたら、そこで終わってしまうしなぁ。















予告編では勝手にRIMPAC艦隊とエイリアンシップの艦隊戦かと思っとったが、そうはならずに舞台を限定した局地戦になってまして、駆逐艦VSエイリアンシップなのであった。そこはもう一つ物足りないとはいえ、本来の主人公がこの段階においてもまだバカな反面、浅野忠信が大活躍なので日本人的には結構見所あったりなんかして。

だけど駆逐艦じゃん。戦艦じゃないじゃん。タイトルに偽りありじゃん。なーんて思ってたら...前半部分の何気ない伏線からの退役戦艦&ジジイ軍団の登場にはヤラレタよ...中学生魂燃え燃え&男泣き展開で正直アガったわー。

退役戦艦ミズーリVSエイリアンシップって。このシチュエーションは無理があるけど燃えたよやっぱり。まさかタイトルロールのバトルシップが退役戦艦だったとは!むしろ正しい宇宙戦艦ヤマト精神の継承とも言えなくもない、なんて。これが46サンチ砲だったらなぁ...みたいな。
こう来ちゃうと無理を承知で積極的にノってやるよ!っていう気分になるよネ。

とまあなんだかんだで結構楽しめてしまったなっ、と。
外連味たっぷり、娯楽映画としては満点でしょう。
でもエイリアンがもうちょっと極悪だともっとスカッとするのに、なんかそんなに悪いやつらじゃ無い風なのが弱いかなぁ。先に手を出してるの地球人だしな...

April 13, 2012

ショック...

昨年秋のイタリアンプログレフェスは日程の関係上断念したわけだが、この春に速くも第二弾が開催。
フェスだけあってチケも高いので3日間も参戦はちと厳しい。吟味したあげく、最終日のFORMURA 3目当てでチケを確保したわけだ。
最終日の他2組はI POOHとLOCANDA DELLE FATEと言う訳でなかなかのラインナップ。実際最終日のみは早々にSOLD OUTしたような次第。なにしろFORMURA 3は派生バンドのIL VOLOの楽曲群も披露される見込みだった訳で小生的にはむしろそっちが目玉。

ところがFORMURA 3のリーダーAlberto Radiusが心臓疾患で緊急手術につき来日中止との報が。I POOHとLOCANDA DELLE FATEの演奏時間を延ばす事で対応し、払い戻しは無しだとか。
LOCANDA...は確かに良いけど当時アルバム一枚だけのバンドだし、フェス的にメインアクトのI POOHは小生的にはそれほどの執心は無い。FORMURA 3(+IL VOLO)無しなら行く意味の80%は無いんだよね...70年代のミュージシャンは既になにぶん年寄りばかりなので、結構体調問題で来日中止になるケースが最近多いんだよねー。

本当にがっかり。

この際Radius抜きでもいいから来れんものか。IL VOLOの楽曲をライブで聴きたいだけなんよ〜。

April 06, 2012

最近のテレビにあらためて気がつく

過渡期っちゃ過渡期なんだろうが。
我が家も地デジ環境に移行して1年余。最近疑問に思うのはTV番組のソフト化である。地デジ以前は気にもしなかったが、スペック上はDVDよりも地デジの方が高解像度。となるとDVD化と言うのは売り物のくせに本放送よりも低品質になっちゃってんだなぁ。Blu-rayの普及率を考えたら仕方ないんでしょうが保存版としてパッケージソフト(BOXセットとか、さ)を入手してみたら、アレー?みたいな事になってまうのか。製品の立ち位置として何だか半端になってしまったのね。
その辺から地味にBlu-ray移行が進むんかなー。

とかいいながら未だ再生環境が無い我が家なのであった。

ところで遅まきながら滅多に見ないとは言えCATVもハイビジョン対応にしてみたんだが、REGZAのHDDには録画する術が無いみたいなんで、見ようと思ったらその時間にテレビの前に座するしかないっつー、昭和か!みたいな話。
Blu-ray録画可能なSTBに変更すりゃ良いんかしらん。

April 05, 2012

レバ刺し

予想通りレバ刺しは幻のメニューと化してしまう事がほぼ確定か。
レバ刺し好きとしては残念なかぎり。

O157とか言われると、止むなしとも思えなくもないけど、余計なお世話でもある。
もとより子供に喰わせるような物でも無し、大の大人がリスク込みで喰うなら放っといてくれって感じだがなァ。生食にはつきもののリスクでしょ、魚の刺身や寿司だって100%安全ではない前提で喰ってると思ったんだが。

おこちゃま扱いもホドホドにしてほしいものだ。

April 03, 2012

U.K.追加公演

2012年プログレ界、最大?のイベントかもしれないトリオU.K.の来日。
クラブチッタ3Daysは当然のごとく瞬殺にてチケが無くなり、一般販売にて立ち見席追加もでたがこれまた瞬殺。チケットサイトの繋がらねー事ったらないやね。

そんなわけで残る望みは追加公演だったが、初日の前日に追加発表。

しかしまあ、いくら見たいとは言え店頭にチケを求めて並びにいくほどの根性も執念も無いのであくまでも抽選に賭けるのであります。

で、結果は当選。

何事もおこりませんように。

April 02, 2012

時化

春はやたらと風が吹く。この春は特に週末に天気が悪い。
しかしいけるとなればいきたいのが釣りバカというものである。

なわけで3月末に沖に出る船に乗った訳だが、これが大変だった。港では晴れで風もなく絶好の日和と思われたのだが、後で思うにおそらく観音崎を越える頃からイスから体が跳ね上がるほどの猛烈な衝撃と上下動が船室に。子供だったらトラウマになりそうな身の危険を感じながらそのまま小一時間はたったであろうか。
ようやくポイントに到着したものの、船外を覗き込んでみれば目を疑うようなうねりまくりの光景が。
しかしこれでやるとのアナウンス。怖ぇーよ。

しかしバカはやっぱりバカなので?、ぽつぽつと船室からでて釣りを始める他の客をみるに、小生が経験してこなかっただけで、こういうものなのだろうか?と、幸か不幸か船酔いはしていないので恐る恐る出てみる事に。頭の上から来るような波とうねりの中、胴の間(いわゆる船の中央)付近だと比較的揺れは少ないので、もともとその付近に席を取っていた事もあり、釣り開始。

数時間後。

ほぼ釣れず、で終了。

端的に言って、一日ずっと安全の保証されない絶叫マシーンに乗っていたような気分でした。いっそ休船にしてくれた方が良かったよー。
無事に帰って来れただけで十分でした...なんか違うけど。

結論。
うねりは超怖いと言う事を学びました。うねりそうなときは沖に出るのは止めようと思います。

しかし外房だとうねるのは当たり前みたいなイメージがあるけど、実際ンところどうなんすかね?外房は乗らないんで良いんですけど...

« February 2012 | Main | May 2012 »