« Apple TV 第三世代 | Main | 春一番:その後 »

June 04, 2012

色々吐き出してみる

消費税より一票の格差の違憲状態を先になんとかしろって感じ(ようやく判決だしたのに、最高裁なめられすぎ)だし、エネルギー政策の先行きをまずはっきりさせれと言いたくなる昨今。政権交代したのにどうも自民党より自民党っぽい野田総理って何だかなァ。

実は関東では節電の必要なさげな今年、関西では電力が足りない(瞬間があるかもしれない)らしいって意味では、超短期的には原発を再稼働させるのも止むなしとは思うんです。
実際問題としては、偉〜い先生が言ってたように、原発は止めてたからといって安全性(危険性?)には大差無いと言う事であれば廃炉にするまでは動かしておいた方が合理的と言えなくもないのでねぇ。
ただし、その前提としてはまずは将来的なエネルギーのポートフォリオを国民に対して明確にし、信を問うべきだろうがって言いたくなる。
それがないと、なし崩しに気がついてみりゃ何も変化無しって事になりかねないのがこの国だもんで。なにしろまともに動いていた原発すらまだ一度も廃炉完了にした事が無いのに、いきなり事故原発を処理しなければならないってのも弱った話。いったい何年かかるのか。その間に追い打ちをかけるような自然災害が怒らないと良いのだが…

50基を越える原発を仮に全廃炉にするとなれば、どれだけの期間と費用がかかるやら。大半は消極的にせよその政策を指示してきてしまったのは我々なので、その費用を負担するのもまた止むなしとは思うで。

震災前には政治のありさまに「(阪神大震災とかオウムとかもあったけど)いっそ戦争でもおこらにゃー、この国の政治は覚醒しないのではなかろーか」みたいな事を酒の上の与太話でしたもんですが、現実には与太話を越えた国難が発生。ところがどっこい、これだけの国難の事態に直面しても政治は覚醒せず。この現実はなかなか厳しいものがありますですよ。

ちかごろちょっぴり話題になった、生活保護の件もしかり。問題が極めて矮小化されてしまっているのが実際ンところじゃないですかい。芸人一人二人の問題は正直どーでも良いですよ。大勢受給してりゃあ中にはちょいとどうなの?っていうケースはまぁ出るでしょう。そりゃどんな制度においても起きる話ですよ。それよりも受給対象者がこの十年余で尋常でない増加をしてるっていうマクロな事実の方が問題で、そこをなんとかしなきゃ駄目だよねっていう方向にするべきでしょうが、いやしくも政治家やってんだったらよ。
ちなみにwikiさんによると1999年に100万人を突破後、2012年にはついに200万人突破だそうな。で、200万人全てが不正受給とかいうわけでもあるめぇよ。1999年からとしたって当然自民党政権下から延々と増え続けてるって事なんで、右を向いても左を向いてもいったい何をどうしてたんだい。

正直なところ現政権には、なァ〜ンにも期待出来なくなってしまったが、さりとて自民党もなんだかなぁ。大阪のあの人たちもそれはそれで抵抗あるし、困った物です。

« Apple TV 第三世代 | Main | 春一番:その後 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事