« 2012 U.K.初日 | Main | WWDCとか »

June 17, 2012

SQUACKETT:A Life Within a Day

限定された界隈ではまだまだ2012 U.K.祭りが進行中ですが。

Yesの人事部長Chris Squireと元GenesisのSteve Hackettが組んでなんかしてるらしいというのは聞いとったが、アルバムが完成しちゃいましたってんで、iTunesにて入手。経歴的にはプログレスーパーセッションなんだけどね…って否定的なニュアンスで書いてますけど。
シングルエディットの先行でSea Of Smilesを聞いたときからあまり期待すべきでは無いかとは思っとったんで。
なんでかつーたら小生的にはまず何よりもChris Squireのぶっといベースがブリブリとデカいミックスで聴こえてくるのを期待の第一にしとったもんで、先行曲のなんともリヴァーブ過多なおとなしい感じにうーんて感じだったからさぁ。
アルバムも聴いてみたけど、やっぱりどうもベースが引っ込んでんだよ。音色とかフレーズには、らしさも無くはないんだけど全体的にはミックスが期待と違うんだなァ。あとヴォーカルもこれぞChris Squireって感じの曲が無いのもなぁ。これはやっぱり世間(注:限定された界隈)のニーズと一致してないっすよ(断言)。
意外な事にクレジットだと全曲を共作してるんだが、音からはやっぱりHackett主導な感じかな。
なんかミドルテンポの曲ばかりで(その辺もHackettぽいのか)、ちょっと引っかかりに欠けるぼんやりしたアルバムでした。

実際んところHackettのサイトでしか紹介がなくて、Squireのサイトには何も無いみたいな熱量の低さが気になったり。
Squackett

Squackett - Squackett

Amazon

どうしたって、この二人で言えばSquire派なんで辛口になったかなー。

« 2012 U.K.初日 | Main | WWDCとか »

「音楽」カテゴリの記事