« SQUACKETT:A Life Within a Day | Main | XXX »

June 19, 2012

WWDCとか

LIonのトラックパッドのスクロールにはすっかり体が慣れた今日この頃、そーいやWWDCが終わってたんだった。

ハード的目玉発表はMacBook Pro with Retina Displayだった訳ですが、密かに期待してたiMacの発表は無し。
基本的にノート型は奥さん用なので、金云々はおいといてもwith Retinaは見送り。
つーかMacBook Pro言ってますけどね、構成を良く見れば有線LANと光学デバイスが廃止されてたり、さらに非HDDだったりしてるんで、これはMacBook Air Proとでも言うべき代物ですね。
目玉モデルでこの構成。初代Air発表の時には驚かせたものだが、もはや付いてなくても誰も疑問に思わなくさせてるんだから、攻めてるなぁ。
実はMac miniからは既に光学デバイスは外されているんで、来年ぐらいにはiMacからも外されるかもしれんな。実際ほとんど使わないし、ただでさえiMac標準搭載の奴は遅いんで、使うときだけ外付けをつなぐ方が合理的ではあるのだが。
Retinaの良さってのは、仕様として実物見ないと全く伝わらないものなのですが、何にせよいずれはスタンダードにするんでしょうなぁ、iMacとかも含めて。27inchでRetinaとか凄そうだが。
Retinaは確かに素晴らしいものだが、やっぱりツルピカなのがタマにキズ。iMacのニューモデルでは選択肢が用意されるかもなーんて噂もあったが、願望に過ぎない感じは受けていて、まぁあきらめ半分いや8割ぐらい。

さらに次期OSのMountain Lionは7月リリースと発表(7月下旬でしょうかね?)でお値段なンと¥1700。前々回からドンドン下がって、ここまで来るともはや実質ロハだね。
Jobsが言ってたようにビジネスとしてはハード屋ってことで、OSで儲けようなんて思ってないんだろうけど。Lionからの熟成度合いがどの程度納得出来る物になってるのか(一応は)楽しみにしておこう。

« SQUACKETT:A Life Within a Day | Main | XXX »

Apple」カテゴリの記事