« June 2012 | Main | August 2012 »

July 2012

July 31, 2012

EDO WONDERLAND 日光江戸村

鬼怒川温泉といえば日光、日光といえば江戸村、いや知らん。
東武ワールドスクウェアとならんでそこそこ有名だが、そんなに行きたい感じもしない(失礼な!)施設シリーズ。もちろん初訪問。
ところがこれまた意外に面白かった。

TV時代劇もすっかり廃れた昨今と違い、見ずとも馴染みのある世代なもんで、大江戸気分が勝手に盛り上がる。個人的には王道よりは変則時代劇の方が好みではあるが...とか思ってたら子連れ狼風の乳母車発見してびっくりしたり。

テーマパークとしてキャストのなりきりぶりが徹底してるのがいいですなー。越後屋さんとか。
そこそこ広い事もあり、とても全ての演目を見ることはできなかったのだが、たとえば北町奉行所の遠山の金さんは40分ぐらいある(ほとんどTV一本分)演目で、見応え十分でしたぜ。
この人たち専属の劇団なんだってねぇ。すごいね。

あとはいわゆる巨大迷路があったんですが、これはおすすめですね。工夫があって面白いよ。

時代劇のロケにも使われるというセットもあるみたいなのだが、都合により行けなかったのは少々残念。

ところで江戸村といえばニャンまげ。
すっかりその存在を忘れた頃に遭遇。へんてこな歩き方でふらふらしていました。娘と奥さんは一緒に写真撮ったりなんかして。

少々値が張るのが弱点かしらん。

ちなみに駐車場は施設の直前に便乗駐車場がありまして、誘導員に誘われるがまま入ってしまう罠。このトラップは絶対わかんねーってば。
付属駐車場より100円安いけど、少々歩くはめになるよ。

July 30, 2012

東武ワールドスクウェア

ところで先の旅行はといえば鬼怒川温泉に。
んで、子供には面白いかと思って、東武ワールドスクウェアに行ってみたのです。
1/25だかなんだか知らないが、ミニチュアが置いてあるだけだろー?なーんてんで特に興味も無かったのだが、これが子供でなくとも意外と面白かった。お前、子供と同じやんけといわれると返す言葉無いが。

入ってすぐの東京駅は新幹線と中央線が走ってましてね。これにいきなり子供が食い付く趣向。とってもよくできてるんだけど、なぜか列車は5両編成という謎の半端さ。
26mのスカイツリーは思っていたよりは小さく感じたけど。

もちろん行ってみたところで、やっぱりミニチュアが置いてあるだけなのには違いないんだが、かなり精巧に作られているのと1/25というスケールが絶妙なのか、意外に迫力もあるんだわ。この大きさだとスチールとかムービーで撮ると結構リアルな感じになるのも面白いのよ。特撮気分ですよ、そこのお父さン。
しかも?今なら園内でウルトラセブン45周年にかこつけてミニチュアのウルトラマンを探せ!イベントも実施中だ。

ちなみに夏休みとは思えない空き具合だったが、結構長いことやってるよね?
あまり人件費かからなそうなのがポイントなのかしらん。

最後にむりやりな特撮つながりで、東京都現代美術館でやっとる特撮博物館は面白そうというか招待券を一枚持ってるのだが、家族と行くか一人で行くか悩ましいよね。娘よりも熱心に見てしまうのが確実視されとるで。

July 29, 2012

動画データ

Mountain Lion化で見て見ぬ振りをしてた訳ではないが、やはりiMovieのデータは面倒なことに。
iMovieには別ディスクの既存データをそのままの位置で認識するみたいな機能がないので、根こそぎ移動するしか無いみたい。
そのためにはディスクの空きが足りないので、整った形にするには考え直さないとだめだなぁ。

音楽や写真に比べるとただでさえ動画は容量喰いなのにハイビジョン化で増加ペースが将来を見越すとどえらいことになるのは目に見えているので、バックアップも考慮すると扱いが今後ますます大変。

もっとも毎年恒例のようになってるOSのバージョンアップにいちいちつきあってるからというのも一因ではあるのだが…

別件でアクティビティモニタを見ていて気がついたのだが、メモリ解放はLionでは怪しかったけどMountain Lionはまともになったみたい。Lionでは青が緑にならないあげく動きが重くなりがちだったもんでしょっちゅうpurgeしとったんだが、Mountain Lionはほっといても青が緑にあるし、青ばっかりになってもまずます動く感じだしね。

July 28, 2012

Mountain Lion continues

まだ一日も使ってない訳だが、とりあえず懸案だった写真と音楽はそれぞれ移行完了。

近頃iPhotoが挙動不審でライブラリ不一致が頻発(というか毎回)するので、まるっと全部読み込み直してライブラリ新規作成。イベントとかちゃらになるけどまあ止むなしか。
これで解決してほしいが、こっちでも一回発生してしまったので(だから読み込み直しを2回)不安だ。
ちなみにiPhotoにはちょっとした罠があって、先だって終了したMobileMeサービスに写真がアップロードされているとダウンロードするようになっている。
ただそれは不要と思っていてもダイアログでOKしてしまうと始まってしまう。量にもよるのだろうが小生の場合やたらと時間がかかる。ので強制終了。いうなれば余計なお世話なのだが、これダイアログのボタンで「詳しい情報」ってやつを選べば説明サイトを開いておしまいらしい。わかりにくい上に毎度サイトを開くのもなんだかスマートじゃないね。この自動ダウンロードはMobileMe終了に伴う経過措置だと思うので近い将来なくなるとは思うのだが。

音楽はとりあえずファイルは場所移動なしで、iTunesの関連ファイルのみコピーしてOK。

ちなみに昨日インストール時にはねられたのはセキュリティ設定のためだったかもしれない。セキュリティ設定で’すべてのアプリケーションを許可’とすればいけたかも。ウィジェットをいくつかセットアップするときに気がつきましたんで、いまさらVirus Barrierとかやり直せないけど。

アプリはいくつか使えないものもあり。Logicなど音楽系はセットアップは大物すぎてとりあえず今は見送り。Logicは大丈夫だろうが、プラグイン系はどうかなー。もっとも最近使ってないのでアレだが。

いまんところ普段使いにはとりあえず不都合は無しかな。
まだムービー関係やってないけど。

本格移行はもうしばらく使ってからまたやるかな。なにぶんデータがテラ単位故、バックアップに時間がかかるもんで、そこが一番時間を食う訳で、あまりやりたくはないんだがー。

July 27, 2012

Mountain Lion

夏休みも始まったもんで、早速家族で旅行なんざ行ってみたらばその間にリリースされたりなんかして。
帰ってきてから早速ポチってダウンロードしてみたけれど、混雑はなくさっくりと。

で、今回はしばらくぶりのクリーンインストールをやってみることにした備忘録(というほどのことでもないが)。
内蔵HDDはパンパンなので外付けにパーティションを300Gほど用意。インストーラでそこを指定したらあっさり完了。ネットはすぐに繋がるので問題なく一次作業は終了...かと思ったがそうは問屋がおろさない。このご時世ですからアンチウィルスソフトを入れようとしたらば入らない。
使用しているのはintego製VirusBarrierだが、最新バージョンはMountai Lionに対応しているものの素の状態からのインストールだとインストーラがOSに弾かれてしまう。
どうやらLionに入れた状態で最新版にアップデートしてからOSをアップデートするという形式での対応のようだ。めんどくせー。
気になったのでチェックしてみるとどうやらVMWare Fusionも同じ感じ。めんどくせー(2回目)。

仕方ないので一旦入れたMountain Lionは捨てて同じパーティションにLionを再度新規インストール。その状態でVirus BarrierとかFusionとか諸々をセットアップ。んであらためてMountain Lionにアップデートインストール。やっとこ第一次環境の完了。

問題はいわゆるデータの移行だが、Safariのブックマークとかメールは基本iCloudなので、何もせずともとりあえずは近々の状態には移行できてしまうのはなるほど便利。もちろんiCloudに無いローカルの過去データは手動作業をせざるを得ないが。

続く(かも)。

July 20, 2012

LifeforceとHenry Mancini

Lifeforceって何かと言えば、日本じゃ「スペースバンパイア」のほうが通りが良いんでしょうが、映画は見た事無くてもサントラファンにはおなじみの勇壮なテーマ曲はどこかで聴いた事のある向きも多いのでは。ジャンルムーヴィーの巨匠Tobe Hooperの85年監督作。

音楽はと言えば当時にも意外に思ったけど実はこれHenry Manciniによるもので、Manciniったらメロウかつソフィスティケートなスコアで鳴らしてる人だからさ。「ティファニーで朝食を」などAudrey Hepburnの主演作いくつかとか、ピンクパンサーシリーズとかね。日本じゃ刑事コロンボとして有名なあの曲もそう。
50年代のキャリア初期は有名どころも含めてSFとかホラーも手がけてるらしいので、長いキャリアのサントラ師としては当然幅広くやれる腕は持ってたんでしょうが。
でも売れっ子になってからは、やはりそういうイメージは無いんで85年の時点にいったいどういうルートでオファーがいって、そのオファーを受けたのかは謎である。ともあれここでちゃーんと堂々たるスコアを書くんだからたいしたものである。オファー関係なくアイデアあっためてたのかね。
しいてこじつければ中間部の弦によるロマンティックな部分はMancini調ではあるけれど。
とはいえ、だからと言ってその後のキャリアでコッチ系も頻繁にこなすようになったかというとやっぱりそうはなってないので、やっぱり異色の一本だし、いまやSF系コンピでは定番ではあるけれど、Manciniのベスト集としてコンパイルしようとすると明らかに浮く厄介な一本でもあるところ。要はMoon RiverとPink Pantherに混じってたら変だもん(実はそういうコンパイルもあるんだけども)。

で公開当時にテープに落とした音源はもってたけど、今となっちゃ回転数が合わなくてピッチがおかしな事になってんですな。
んで久しぶりに検索してみたら、iTunes Storeに来てるじゃないデスか。と言うのが本題。
全曲通して聴く場合は1曲目のテーマを最後にまわすか、最後にリプライズする聴き方のが収まりはいいです。巷には2枚組の完全盤もあるみたいだが、何でもフルスコアというほどのコレクターではないのでこっちで十分。
ちなみに映画本編は見に行ってはいるものの、なんだか妙ちきりんな話だなーみたいなぼんやりした記憶しか無い。ぶっちゃけそんなに面白くもない(はず)。だもんでやっぱりManciniのテーマ(あるいはマチルダ・メイ)に尽きる映画でござろう。

Lifeforce

Lifeforce (Original Motion Picture Soundtrack)

Lifeforce

ついでにManciniというと勿論数々の傑作スコアを書いてる事は言うまでもないんですが、「大陸横断超特急 Silver Streak」のテーマ曲なんかは代表作とは言えないんだろうけど列車を連想させるリズムが心地よい一品。だがこの傑作テーマは完全盤サントラでもマスター紛失かなんかでよりにもよってモノラル収録のみなのが残念無念。セルフカヴァーの音源はあるんだが、テンポが速すぎて原曲のゆったりした感じとは別物なのがねー。
あとはこれまたエアチェック音源が捨てられない一本として「料理長殿、ご用心 Who Is Killing the Great Chefs of Europe?」がありまして、聴いただけで映画の内容が連想出来るような気がする傑作テーマだが、こっちはデジタル化された正規盤は未だ無い風。

July 19, 2012

アジ来ず

ひさしくアジのたたきも喰ってない。
ひとえに釣ってないからだ。

とゆーことでアジを求めて連休中に午後ライトアジ乗合。しかしアジは最近どこももひとつ好調な数字がでていない。時期的には50とか60とかきてても良い頃合いなんだがな。勿論竿頭の数字は小生的には当てにはならんが、まあトップ好調ならその1/4とか1/5でも良いんでね。
あとは良い日に当たるのを願うしか無い。

んでいざ海に出てみれば、最初はゴマサバ連発。連休とあって人も多いからオマツリ必至&ライトアジ用の細いハリスじゃ切れちゃってあがりゃしねー。どうやらアジは渋いのでゴマサバでお土産確保しとくって事らしい。
なるほど、ということでハリスの太い仕掛けに変えてナイスサイズを3匹ばかり確保した後は、ゴマサバタイムも終了。あらためてアジポイントもとめて移動。これがやっぱりといってはアレだがまー渋い。ちびアジ1匹でおしまい。トップ6匹じゃどうにもなりません。

予想通りの結果に、こちらも予定通り夜カサゴ継続。カサゴは今年好調みたいだし、夏場に一度はやっておきたい夜釣りでございます。昼間釣ったゴマサバをちょっとさばいて新鮮切り身エサにしたりなんかして。
結果的にはビックリするほど釣れた訳ではないけれど、小生アベレージにしてみりゃ十分釣れましてカサゴx7、メバルx3。ナイスサイズが多かったしメバルも来たんでまあOK。密かに期待したアジは来た人もいたけどこっちにゃ来ずで。

アジは片身1切れサイズだったもんで、小振りメバルと合わせて無理矢理たたきにして、軍艦で喰ってみましたよ。
当然美味い。ゴマサバはあとで見たら切り身エサに少し使ったやつが一番身がきれいだったとか、勿体ない事をしたが脂のノリは良くて、翌日の晩に喰ったもんでちょっと〆時間が長いかなと思ったけど、身が厚いのと脂の具合か作った中じゃ過去最高の〆鯖が出来たんで満足。塩焼きもサイコー。

しかしアジこねーな。

July 18, 2012

Star Trek The Motion Picture サントラ再発

79年作の Star Trek The Motion Picture のサントラがまた内容を変えてリイシュー。20周年記念盤が決定打かと思ってたがさらに改訂増補ときたもんで悩むところだけど結局。
ちなみに限定一万枚だけど余裕で入手。サントラとしてはビッグネーム(music by Jerry Goldsmith)のビッグタイトルだけど世界的需要はそんなもんか。

洋画のサントラLPとしては人生初入手だったような気がするな。新宿ミラノ座まで見に行った当時の夏が懐かしい。反対側の新宿プラザでは「帝国の逆襲」やってましてね。あとあと地元の二番館でその「帝国の逆襲」観て余りの面白さに引っくり返ったとかさ(ミラノ座のSTもそんときゃ十二分に堪能しましたけどね)。結局スターウォーズで掛け値なしにオモロイのはその「帝国の逆襲」だけと知るのはもうちょっと後の話。エピソード1〜3の後も更にそうなる(笑)のだが。
STも(1作目のいかにもなSFっぽさは他になかなか無い魅力はあるけど)面白さだけで言えばシリーズ通しても眼下の敵 in 宇宙風な「カーンの逆襲」がやっぱり一番(逆襲繋がり?)で、どうも何の因果か知らんが、この前のバトルシップにせよ海戦モチーフに弱いみたいね小生。そのくせ泳ぎは壊滅的に苦手なんだが。

話がずれました。

で、リイシューの内容ですが、今回は20周年記念盤よりさらに増えて、発掘音源も色々。総トラック数65/全3時間40分強で、これでもか!というボリュームでございます。
20周年盤からさらに20分ほど増えたフィルムスコアは勿論、未使用曲とか別バージョン、はては79年のオリジナルアルバムもそっくりそのまま収録。ライナーによるとオリジナルアルバムはフィルムスコアの単なる抜粋ではなく厳密には別テイク、別編集な事が明らかにされてますんで実にマニアック(曲毎にどのテイクを使ったのか細かく記されてるんです)。いちいち細かく聴き比べたりはせんけども、今度こそがたぶん決定盤…いや凄い。
と言いたいところだが、Bob Jamesのカヴァー音源まで網羅していてこれがまた、当時のエアチェック音源より長いんだよ。てゆーか編集が違うんだよ。これもロングバージョンの発掘なのかね?やっぱりエアチェック音源も捨てられないんか。
# ちなみに「遠すぎた橋」とか「ブルーサンダー」でも同じ目(当時のエアチェック音源捨てられず)にあってます。

それはさておきGoldsmithはこの後もシリーズには最多登板で自身のテーマを何度も変奏しますが、この映画以後は所謂1st TVシリーズのファンファーレからというアレンジが定番化して、完全オリジナルの迫力あるイントロはたしか結局この1作目のみ。このGoldsmithオリジナルのイントロが小生大好物だもんで、バリエーションが数多く収録されている今回のリイシューはなんだかんだ良かったんだけど、肝心のFilm Scoreのメインタイトルに関しては迫力はあるが音割れしちゃってる感じに聴こえてしまうのは惜しい。

とはいえレアトラックのfirst raw takesと題されたそのMain Titleの収録光景そのままの音源は何度もイントロが聴けて楽しいし、オケ収録のドキュメントとしても大変貴重な収録ではないか。オケの会話なんかも入ってるのよ。

AMAZON

July 16, 2012

15%

爺ィの繰り言と言ったらその通りだけど、かつて新党ブームてのがあって勢いのママに政権とって自民党が下野した事があったんですが、あろう事か当時の社会党のいわば転向によって僅かな期間で政権に返り咲き、結果的に自民党的なるものの延命に繋がってしまったと言う事があった訳です。
それに比べれば下野期間は長いんだけど、最近の肩で風切ってる風なのが「何様のつもりだおまえらは!」感に満ち満ちていて不愉快だ。一つにはねじれ国会の所為なので、これもまた国民の選択なんだから仕様がないんだけども、次はいよいよ政権返り咲きだぜ!ぐらいは普通に思ってそうなんで、その可能性も低くはない…というか高いのが実際なもんで、選択肢の無さにこれほど嘆息した事は無いってな話。
だけどエネルギー政策に特に変化も無さそうな自民てやっぱり無理じゃないのかなァ。

先頃出てきた今後の原発をどうするかという政府案は2030年(まだ先なようでそうでもない)に0%、15%、20%以上という3案が出てきたのだが、これもちょっとトリック臭がするのがね。
20%以上は現実的におそらく既に論外だが、0%という案も実現性が乏しく思える中、妥協案として15%というのは誰が見てもその通りだけど、この15%てのはこれまた実は事実上何もしないとゆー選択肢な訳です。15%ったら今より減るからまぁいいんじゃね?って受け取る人が大半だろうし、数字の上ではその通りかもしれないが、これは先頃出てきた原則40年廃炉をそのまま適用するだけ。
要するに自然減みたいなものだ。
ここには0%は無理かもしれないけど、できるだけ廃炉を前倒しして行きますとかいう前向きなメッセージが無いのだ。
20%以上なんて成田闘争以上の国家権力行使でもせにゃーおそらく無理だで、現実論としては0と15の間の選択肢があってしかるべきではないんかしらん。

段階的にも0の次が15、そんで20ってのもバランスが悪くないっすか?0ときて5とか10とかあってならまだしも。ねぇ。いかに恣意的に選択された数字かって事なんですよ15ってのは。一見するといかにも熟慮の末って感じに見えるところとかさ。だけども0が可能なんだったら5でも7でも10でも可能って事だろ?

こういうところからして現在の野田政権の本質が垣間見えて来る。政治生命賭けるところが違うンだよ、ずれてんだよなァ。

July 09, 2012

おセンチ

現東京都知事は原発反対とか原発0なんてのはセンチメンタリズムに過ぎないと一刀両断するような人だから、どっちかつーたら推進派に見えるが、それでも東京都自体は自前でガス発電所を作る方向みたいだったりしてますんでリアリストでもあるんか。なにしろ傲岸不遜というキャラ立ちが確立してるんで、真意が見え難いのよね。

とはいえ行政ってのは元々杓子定規なもんだし、粛々と進めるしかないっつー面があるのは確かだわな。だけど杓子定規なだけじゃ世の中困る事があるんで、ある種のセンチメンタリズムは政治に必要だ。というか夢とか希望とか理想を謳うのが、それこそ政治に求められるものではないんかね。青臭いかしらんけど。
リアリストが現状追従”だけ”を行うなら政治家はいらんとも言え、辻立ちの野田というなら消費税にしても原発再稼働にしても、今は結論として仕方ないとしても目指すべき理想を同時に語らねばなりませぬよ。
鳩山→管→野田ときて、完全に官僚(行政サイド)に丸め込まれてる感がありありに見えちゃうんでね。

ところで原発の廃炉ってものすごい時間がかかるんで、その作業中は人が関わる訳だから原発頼りの地元経済が即破綻するとは思えないんだけどどうなんかしらん。関わる人のミッションが運転する人か、廃炉作業する人かっていう違いだけで。少なくとも廃炉後どうして行くかと言う議論をする時間は十分にあると思われ。
それに廃炉と言うミッションの為に当然原子力技術者も必要なので、まだまだ数十年単位で育成と維持も必要だ。今原子力研究してますとか言うと石投げられそうだし、学生の人気も無さそうなんでこれまた心配だが。

July 08, 2012

我が家のiMac

...がどうも調子悪い。

2010年秋の買い替えなのでまだ2年足らずなのだが、先日は尋常でないバックアップ時間のかかりっぷり、というか終了せずエラーでおしまいという事象で何度もやり直したりする羽目になったが、これは結局外付けHDDの不良という結論。
しかし、それを交換した後もバックアップは回復したものの、相変わらず動作が何かと引っかかりがちであるとか、なんとかかんとか。

ここはまず、まじない半分でクリーンインストールを試したいのだが、もうじき新OSも出ると言うタイミングなのでどうせならそれからでもいいかなとか。
なのでこの際早く出てほしいのであります。

マシンは買い替えてきていても、その都度設定を移行し続けているのでクリーンインストールは久しくしてないのである。やっぱりめんどくさいからなァ。

いっそiMacの新型が出てくれるとまた違う意味で悩めるんだけど。


July 06, 2012

首都高

釣りを始めてからというもの高速利用回数がぐんと増えたのだが、つくづく思うのは浜崎橋ジャンクションはいくらなんでも設計ミスじゃねーのかと。あれ、事故と渋滞を誘発するための設計としか思えないんだが。
そもそも最高速度が50kmとか60kmの道路を高速と言っていいのかという気がしないでも無いが、といってそれ以上出すのは冷静に見るとやっぱり危険臭ぷんぷんな道路構造なのも確か。狭いし、ややこしいし。
とはいえ実際には最高速度を超えてる車が大半なのが実情で、リアルにゴーカート気分なのが嫌ンな感じ。そんな訳で設計上に余裕が無い風なのも、よりいっそう浜崎橋のドイヒーさが際立つぞと。。

July 02, 2012

イサキ&イナダ

あーアジが喰いてー、と思うと釣ってくる事を考えるようになった最近。
デカアジ求めて五目乗合に出撃。

ところが(ってのもなんだが)前半戦はひたすらイサキ狙い。イサキと言うとこの前釣れんかった残念な記憶も新しいが、ヘボいので4〜5はバラしつつもウリンボ級がぼちぼち釣れて14尾。ををツ抜けだ。
しかしアジやりたいなぁ、なんて思いつつ次はイナダ狙いになってしまったのであった。
イナダというと最後に釣ったのは、釣り上げておきながら海中にドボンしちゃったこれまた残念な記憶が蘇る。
んでしばらくの間、隣で連続ヒットしてるけど反応無し。小生のイナダ用仕掛けが指示より短いのでタナが明らかに合ってない気がするのだが、探ってみてもよくわかんなかったりして。
そこでタナを合わせるために船長さんからイナダ仕掛けを船上で購入。これで指示とバッチリ合うはずだぜ!という目論み。全長10mの一本針と言う男らしい?仕掛けでございます。
これが成功で、仕掛け変更とともに待望のアタリ到来。
引きが強いのでリールのドラグ滑りまくりつつ上げてみると…ついにひさしブリのイナダなんて脳内で駄洒落をかましつつタモに入れてもらうっつーその瞬間、切れちゃったりなんかして。
あぁおいらはイナダには縁のない人なのね…

だいぶ心が折れましたけど、もう一回仕掛けを購入して再び投入。
そしたら再びアタリがきましたよーゴンゴンといういかにも青物っぽいやつが。と言う訳でようやく待望の一本。文句無しの45cm級。
この後はほぼ入れ食いの展開で結局4本をゲット。計ったようにクーラーぎっちり。めでたしめでたし。

でもアジは無しのままだったり。

« June 2012 | Main | August 2012 »