« 15% | Main | アジ来ず »

July 18, 2012

Star Trek The Motion Picture サントラ再発

79年作の Star Trek The Motion Picture のサントラがまた内容を変えてリイシュー。20周年記念盤が決定打かと思ってたがさらに改訂増補ときたもんで悩むところだけど結局。
ちなみに限定一万枚だけど余裕で入手。サントラとしてはビッグネーム(music by Jerry Goldsmith)のビッグタイトルだけど世界的需要はそんなもんか。

洋画のサントラLPとしては人生初入手だったような気がするな。新宿ミラノ座まで見に行った当時の夏が懐かしい。反対側の新宿プラザでは「帝国の逆襲」やってましてね。あとあと地元の二番館でその「帝国の逆襲」観て余りの面白さに引っくり返ったとかさ(ミラノ座のSTもそんときゃ十二分に堪能しましたけどね)。結局スターウォーズで掛け値なしにオモロイのはその「帝国の逆襲」だけと知るのはもうちょっと後の話。エピソード1〜3の後も更にそうなる(笑)のだが。
STも(1作目のいかにもなSFっぽさは他になかなか無い魅力はあるけど)面白さだけで言えばシリーズ通しても眼下の敵 in 宇宙風な「カーンの逆襲」がやっぱり一番(逆襲繋がり?)で、どうも何の因果か知らんが、この前のバトルシップにせよ海戦モチーフに弱いみたいね小生。そのくせ泳ぎは壊滅的に苦手なんだが。

話がずれました。

で、リイシューの内容ですが、今回は20周年記念盤よりさらに増えて、発掘音源も色々。総トラック数65/全3時間40分強で、これでもか!というボリュームでございます。
20周年盤からさらに20分ほど増えたフィルムスコアは勿論、未使用曲とか別バージョン、はては79年のオリジナルアルバムもそっくりそのまま収録。ライナーによるとオリジナルアルバムはフィルムスコアの単なる抜粋ではなく厳密には別テイク、別編集な事が明らかにされてますんで実にマニアック(曲毎にどのテイクを使ったのか細かく記されてるんです)。いちいち細かく聴き比べたりはせんけども、今度こそがたぶん決定盤…いや凄い。
と言いたいところだが、Bob Jamesのカヴァー音源まで網羅していてこれがまた、当時のエアチェック音源より長いんだよ。てゆーか編集が違うんだよ。これもロングバージョンの発掘なのかね?やっぱりエアチェック音源も捨てられないんか。
# ちなみに「遠すぎた橋」とか「ブルーサンダー」でも同じ目(当時のエアチェック音源捨てられず)にあってます。

それはさておきGoldsmithはこの後もシリーズには最多登板で自身のテーマを何度も変奏しますが、この映画以後は所謂1st TVシリーズのファンファーレからというアレンジが定番化して、完全オリジナルの迫力あるイントロはたしか結局この1作目のみ。このGoldsmithオリジナルのイントロが小生大好物だもんで、バリエーションが数多く収録されている今回のリイシューはなんだかんだ良かったんだけど、肝心のFilm Scoreのメインタイトルに関しては迫力はあるが音割れしちゃってる感じに聴こえてしまうのは惜しい。

とはいえレアトラックのfirst raw takesと題されたそのMain Titleの収録光景そのままの音源は何度もイントロが聴けて楽しいし、オケ収録のドキュメントとしても大変貴重な収録ではないか。オケの会話なんかも入ってるのよ。

AMAZON

« 15% | Main | アジ来ず »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事