« July 2012 | Main | September 2012 »

August 2012

August 30, 2012

TOKYO SKYTREE

2012年話題のスポットといえばココかしらん。
自分で言うのもなんだが、積極的にそういうところを攻める人ではないんだけど、娘の夏休みもおしまいという事で行ってみました。
あらかじめネットで予約しようとしたら早い時間しか空いてなくて9:30を選択。家を出るのが朝早くてちょっと大変だったし着いてみれば予約せずとも当日券で余裕でしたが、まあ早いうちは人も少なめなので若干静かな環境で見て回れるのは良かったか。時間とともに人が明らかに増えてくるので、だんだんと喧噪感が増します。

晴れてはいたけれどモヤモヤ感はあるので富士山なんかは見えません。きっと見え方は晴れた冬の方が良いんだろうねぇ。展望デッキは東京タワーより高いけど、行ったのは遥か昔の事なので比較出来る記憶がありません。
3フロアに分かれてますが、一番下のフロア340ではガラス床があって下が覗けます。高所恐怖症を自認している小生ですが、歳とともにバカになっているためか意外と大丈夫でした。というか面白かったです。
来たからにはと追加料金はらってさらに100m上の展望回廊も行きましたが、この位置の100mの違いというのはあるような、ないような微妙な感じですかねぇ。
ここは外を見るという意外の機能は基本的に無いので、行ってはみたものの若干のこれだけ?感はあるかも。展望デッキからここに来るまでのエレベーターが一部シースルーなのが最大の見物かもしれません。天井見てると上昇に伴う発進感が満点でいいですなぁ。

降りてからの昼飯がモロに昼の時間帯になってしまったので、各店舗が激混みには参ったが。

Skytree
上からの影。

Beer
むやみやたらと目立つのはこのビルだ。

Skytree4
上昇するエレベータ内部。ギャラクティカ(旧)みたいでかっこええ。

Skytree2
下から。

Skytree3
下からもう一枚。

...というのはウソでこれは東武ワールドスクウェアです。
このサイズだとなかなか?
でも実物と違いリベット感が足りません。

帰るついでに浅草寄って雷門と浅草寺へ。実は初浅草。まあ長い事東京住んでいてもそんなもんです。

August 27, 2012

いまさらStar Warsの音楽

なんでいまさらかと言えば先ごろスター・ウォーズ in コンサートなるイベントがあったんですよ。小生はと言えばそんなに魅かれる事も無かったんで行ってはいないんですがね。

ただ、その関連商品なのか全6作からといういささか無茶ぶりなベスト盤が出てましてね。
売りはいくつかありますが、全曲オリジナルサウンドトラックからという事で、ありそうでなかった企画盤か。どうもスター・ウォーズというと大ネタすぎて、関連音源も多数あるんだけど再演奏音源なんかが多くてなかなか純粋サントラ音源だけってのが少ないんだよね。
Goldsmith派を自認していてもJohn Williamsが無視出来るはずも無く(特に70年代あたりの一番ノッてる頃はねえ)、SW関連としてこのぐらいのライトなベスト盤だと丁度良いかも。選曲の大半はなんだかんだでEp.IV-Vが中心とも言えるし。ベストと言うだけあって楽曲もそろっていて良い感じでおすすめであります。
作品としてはEp.Vだけは掛け値無し、というのは毎度の事だが、あまりの面白さにサントラLPは勿論としてドラマ編LP(ビデオ以前の時代にはあったんだよ)まで入手したのは当時の話。音楽的にも充実してるのはEp.Vだと思うのは贔屓目にすぎるかなァ。とは言え有名な帝国のマーチはモチーフとしては良いんだけど単品の曲としてはベタ過ぎてあまり好みじゃない(個人的には軍艦マーチのパロディみたいに聞こえてしまうのさ)が。

しかし久しぶりに聴いてみると旧い音源は弦とかカスカスしてて、あまり録音が良くない感じもしますなぁ。無論オリジナルならではの味だけど。今回の編集だとEp.IVからEp.Iにいきなり飛ぶから余計そう思うのかも。純粋に聴く目的だけならやっぱ再録音とかの方が良いのかね。同じLSOでもJohn Williams Greatest Hitsのは全く別物に聴こえるんよ...

ところでまったく個人的な話だけど、SW日本公開前の時点でそろそろ色々噂を伝え聞きつつなんだかスゴイ映画が来るらしい!なーんて状態だった時に音源として最初に聞いたのは実はMecoがディスコアレンジしたやつだったんですよ。エアチェックしながらだったんだけど、またそれが15分以上にもおよぶ長尺版だったもんでテープが途中で切れちゃってさ。でもその中途半端な音源(とはいえ衝撃的に格好良かったンよ...)を聴き狂いながら、まだ観ぬ映画に興奮しとったもんだ。
しかし最初に聞いたのがこれだったからメロディの符割が違うもんで正しいサントラ音源になかなか慣れなくてねー。しかも諸事情によりEp.IVは劇場では観られんかったもんでなおさら。

August 25, 2012

properVOLUME

Mountain Lionにして使えなくなってたアプリの一つにproperVOLUMEというのがあったんですが対応アップデートが来ました。
内蔵オーディオと外付けオーディオの切り替えをメニューバーから出来るという、便利小道具の類いですが、あるとないとではどうしたってある方が便利だもんで待ってたよー。
良かった良かった。
これにて本当に通常使いじゃ完全移行完了ってところか。

properVOLUME
App


August 24, 2012

KGBの007

一時は製作が危ぶまれた007シリーズだが、新作公開も近づいてまずは一安心。4年ぶり(そんなに経ったか)ということで連続同一主演俳優では最長の空白期間ですかな。

そのダニエル・クレイグがカジノ〜で007に抜擢されたとき、MI6じゃなくてKGB面だろう(今だとSISとかCBPあるいはSVRとか言わんといかんのか?)とかさんざん揶揄されたのも懐かしい話ではあるが、そういえば先日行われたロンドンオリンピックで話題となったのが、オープニング映像でのエリザベス女王との共演。
知っていたらリアルタイムで観たのになぁ。
にしても女王陛下を担ぎだすとはまあ我が国じゃちょっと考えられない話で。

それはさておき実家の母親の話であるが、オープニング映像を見て
「なんでプーチンが一緒にいるの?」
とのたまったそうな。

我が母親ながら、酷過ぎるマジボケ(笑)。
だから、その話は何年も前に終わっとるんだと!
一般大衆にはやはりそう見えてしまうんかと実感した次第。
# まぁウチの母親でもコネリー、ムーア、ブロスナンはわかるだろうが...

ちなみに関係ないけどプーチンの嫁さんの若い頃は驚きの大美人ですなー。

August 23, 2012

0%

例の2030年における原発割合のパブリックコメント等々による調査結果が、この手のものとしては非常にめずらしく大々的に報道されて、結果0%支持が9割。
結果的にこれは完全なる世論誘導ミスでしたね。善し悪しはさておき、ザマァって感じですが。
やはり三つの選択肢が失敗だったんですよ。KYでしたよ。
15%と0%の間に5とか7とかいっそ10?とか何か用意しておけば、また結果は違ったかもね。
15%は原則40年廃炉による一種の自然減とはいえそれでも十分に行けると判断したんでしょうが、どっこいそうは問屋がおろしませんで、この件はさすがにシビアでしたな。
20以上なんて所詮当て馬ですから、結局15と0を天秤にかけたときに、正直0は難しそうだけどこのぐらいに目標を置かねば、お上のやるこたぁ信用ならんぜ。0にしておきゃ結果10でもまだマシだぜってな具合に思ったんじゃないでしょうか。小生はそう思ってコメントしましたが。
なにしろ、まにへすととやらを保古にするぐらい何とも思わない連中だからねぇ。実際この結果を受けて、さっそく煙に巻こうとする発言も出始めてるんで、まあ呆れた話だ。

かつて石油ショックから省エネブーム(ってのもなんだが)を経てなんだかんだでしのいできた日本。今年も電気はなんだかんだで足りとる日本。知恵を凝らそうともせず、経済が回らんとかのたまう経団連とかにも不信感は募っておるんよ。2030年て先なようでそうでもない。だからこそ対策は待った無しで、ぼやいている暇があったら先んじて手を打つ必要があるのに、とりあえずの現状維持しか考えてない(ように見える)ところに一般大衆は苛ついているのでわなかろーか。
エスタブリッシュメントにセンチメンタリズムとかポピュリズムとか揶揄されても、3.11の現実はそんなのを超えてると思うよ。

もひとつついでに自民党だ。
こいつら野党なのをこれ幸いと、この件についてはナーンにも触れないようにしてるのが見え見えで腹立つわー。現状の原因を作ったのは間違いなく自民党だからな。潜在的には原発推進派なんでこの件触れずに選挙やって政権返り咲き考えてるっつーのがよー。これが実現してしまいそうなところが頭イタい。
ここに選択肢が無いのは不幸以外の何者でも無し。
そこが見え隠れするのも込みで0%という厳しい縛りを求めた結果でもあるように思え。

August 22, 2012

アジフライ

見るとも無く見ていたTVでサクサクのフライを揚げる方法として市販の天ぷら粉を使うってのを覚えてたんですよ。
普通は小麦粉まぶして、溶き卵くぐらせてパン粉という流れだけど言われてみればたしかに天ぷら粉って卵も入ってるんでそれなりに理にかなってるなぁと。
んで先日釣ってきたアジでアジフライを作る際にやってみた。
このやり方の利点は、卵が不要というのとフライと天ぷらが同時に作れるという事だな。
食してみると、出来たフライは確かにクリスピー感が強い気がしないでも無い。
その分ふわっとした食感は削がれてしまうか。
どっちが良いかは好みだろうが、作り方の一つとして知っていても良いですかな。

小生の好みとしては、一手間掛かるけどノーマル手順のほうがアジフライにはやっぱり良いかな。衣のサクと身のフワのバランスを考えると。

August 21, 2012

しつこくアジ

今年はこの時期になっても東京湾のアジ釣果は安定しない状態が続いている感じ。
タチウオも去年より寂しい感じなので選択しがたい。
基本的にへぼ釣り師なのを自覚しているので、最近は釣れている魚を釣りに行くようにしているのだ。当たりくじが多ければあたる確率も高いじゃん。
ちなみに絶好調なのがイナワラさん。最近はイナダとワラサの間ぐらいのやつを言うらしいよ。
たしかに釣れそうだし、サイズが良いから引きも抜群でやったら面白いのは間違いない。
だけども万に一つで10本とか釣れてもどうすんだって話で、そもそもそんなに入るクーラー持ってないし、クーラーにはいっても冷蔵庫に入らんという。途中で竿を納めれば良い話だけど、それもなー。
五目でやって1、2本がゲストで入れば丁度良いぐらいの釣りものなのです。
確かに今年の好調具合なら3kg級をあげるチャンスかもしれないが...
とまあ釣れぬ魚のなんとやらな話でございますけれども。

その東京湾から三浦半島をこえた反対側、相模湾のアジはまずまず安定しているようなのであります。だもんで久しぶりに平塚まで出撃。先日の夜釣りで釣り損なった夏のゴマサバもついでに釣る勢いで。

結果は朝から終止好調でマアジ、マルアジまじりで24だか25だかをゲット。しかもほとんど中アジ以上のナイスサイズ。サバの猛攻もすごくて早々に4尾キープした他は何尾リリースしたかわからん程。
ちなみに夏の風物詩マルソウダも多数(久しぶりなので1匹キープ)。
なんせ仕掛けが底に落ちません。途中でサバとかソウダさんに喰われてしまうのでアジのいる底まで行きやしねえ。逆に言えば終止喰いはあるのでぼんやりしなくてすむけどね。

家に帰ってひたすら捌きまくり。だいたい釣ってる最中に数が分からなくなるので15-16かと思ってたらそれより大分多くて、というか量として多いと判明したので友人宅にお裾分け。

しかしこの時期のゴマサバはやっぱ美味いわー。
今回マサバも1匹まじったのだが、試しに食べ比べてみたけど脂のノリが全然違ってましたよ。しめ鯖&しめ鯖のソテーそれぞれで差は歴然。

て、アジの話じゃないか。

August 18, 2012

アベンジャーズ The Avengers

バットマンは突っ込みどころはともかくまあまあ楽しめたとして、プロメテウスがぐろぐろかつしょっぱい出来だったもんで、何か景気よさそうなコレも見ちゃえてなもんで。
一連のシリーズはアイアンマンをレンタルしただけとゆー状態。でもまあ基礎知識はそこそこあるよぐらいな。なんでもパラマウント100周年記念作品なんだとか。例のBATTLESHIPもユニバーサルの100周年記念作だったけど、両者とも派手な祭りと。
もっとも興行収入じゃパラマウントの圧勝みたいだが。

以下ネタ割るとか言うほどの話はないんでさらっと。

言わずともお祭りだもんで、細かい事は気にしない。はなっから気にするの無理だしな。そもそも神様がいるって事でリアルちっくな設定不可能な上に、敵役がよりにもよってそのソーからだ。
一応敵の軍団はエイリアンっぽいけど、まあどうでもいいか。とにかくアクション/どんぱちとド派手なシーンの連続で飽きさせない。多数でてくるキャラクターにもそれぞれ見せ場はあるし良いんじゃないでしょうか。特に単独主演作の無いホークアイは前半は損な役回りだけど、全体としては見せ場たくさんで結構儲け役なんじゃないすかね。演ずるジェレミー・レナー売れっ子だしな。
後半の集団戦の見せ方もスピード感とカット割りのぐりぐり具合はなかなか。
速過ぎでよくわからん=イラッとする、みたいなのは控えめ。

あと空飛ぶ空母がでてくるんですが、この司令室とか隊員の感じに何か既視感。隊員数とかユニフォームの雰囲気がアメリカンな感じがしないんです。
で、思い当たったのは007だね。007の秘密基地感満点でちょっと懐かしいです。モダンなケン・アダムつーか、もちっと近いとこだとNERVとか例えれば良いんですかね。

小ネタ?だとトニー・スタークがBlack SabbathのTシャツ着てるのがなにげに笑える。
ちなみにスカジョのブラックウィドウも悪くないけど、司令官の右腕のエージェントが小生好みでしたヨ。










使







お祭りとしてはやっぱり最後に「実は生きてましたー」でも良かったんじゃないかな。つか、絶対そうなると思ってたんで、その件放置かよ!と逆にびっくり。
今後もシリーズは続くみたいなんで、ちゃっかり出てきたりしそうだけどこの一本しか見ない客が「いやー良い祭りだった」と思って終わるためにはねぇ。

Alan Silvestriの劇伴と。


Soundgardenの歌はこっちな。

August 17, 2012

カサゴを骨湯

相変わらず釣果が安定しない今年のアジ。
先日は船中1というどーにもならない日に行ったりで久しくアジの引きを味わっていない。もちろん小生は0。かろうじてキスx1。ドイヒー。

だもんでアジは当分やめといた方が良さげなんだけど、性懲りもなく夜アジやって見たりなんかして。アジが駄目でもサバ来ればいいやってんで。何しろこの前釣ったゴマサバが激ウマだったもんでね。
ところがそんな日に限ってサバも来ないという目にあったりなんかして。
そんな訳でしばらく何もアタリ無し。これはヤバイと嫌な予感。しかし浅場に移動してしばらく後ようやくアタリが。あげてみれば良型のメバル。とりあえず釣果ゼロは免れた。いくらか活性が上がってきたのかアタリがでるようになってカサゴとメバルがポチポチと。夜アジのはずだが、夜カサゴの様相であります。

開き直って同突き仕掛けに変えたところ船中ではいくらかアジがきてる模様になったので、またアジの仕掛に戻してみたらいいアタリとともに中アジ来た。実に久しぶり。
その後アジモードが来て連続してアタリ到来したもののバレちゃったりなんかして、わずかな時間でアジモード終了。キャッチx2、バラシx2とカックン。
上乗りさんから2匹お土産でもらって都合4匹で久々のアジタタキ堪能。うまうま。

アジはガチとして、カサゴも勿論美味いのだが、汁物にも向くのは良い出汁がでるからであります。小振りのやつは唐揚げとならんで味噌汁も定番。
だが今回はまあまあサイズを酒蒸しにしてみたのな。塩ふって酒で蒸したのをポン酢で頂きますと。
ちなみにカサゴの唐揚げは片栗粉が一番美味いかも。

で、ようやく本題だがこの酒蒸しで食した残り、いわゆるアラを腕にいれてお湯を注ぐだけという、骨湯とゆーのをやって見ましたよ。
これがマジで美味くてビックリですよ。いやホント。適当に振った塩とポン酢の残り加減がまたいい具合で。煮付けのアラなんかでも良いらしいですが、こりゃ病み付きになっても不思議じゃないな。
Honeyu_2

August 15, 2012

PROMETHEUS プロメテウス

Ridley Scottがひさしぶりに手がけるSF大作はかのエイリアンの前日談と噂されとったんだが。
SF映画史に残る重要作から実に33年とは、時の経つのは早いものである。一応一連のシリーズは4まで見てるし、例のAVPも1作目まではつき合ってるものだから、ここにきてScott再登板はなんだかんだ期待はしとったよ。
という訳で先行上映が行われとるもんで、つい見に行ってしまいましたな話。
なお、小生3Dには基本興味がないので2Dにて鑑賞。なーんとなくこの辺りで飛び出して来るのかねー、嫌ねー。ぐらいな感じで見てましたが。

宣伝コピーだと人類の起源云々みたいな話で、それがなんでエイリアン?という事ですけど、まさかホーガンの「星を継ぐもの」みたいなことになるのか?なんつー想像をしてみたり。エイリアンシリーズの前提としていくつかの縛りはあるのでそこをどううまく処理するのやら、と。
実際んところ、前日談としてつながるよーなそうでもないよーなみたいな微妙な言い方をされてたんだけど。


















で、見てみたらば確かにまっすぐには繋がらない。
その訳はそもそも舞台となる惑星が違うからで(そんなの見てる間は知らんがな)、だからあんなのとかあんなのが色々違うのねーという種明かし。

しかしてなによりも面白いかという事になると、ちょっと正直ノれなかったよ。やっぱり脚本がよくないです。
展開が乱暴過ぎかつ、色々放り投げ過ぎでないかい。
まず冒頭シーンからして意味わかんねーし。あとで回収されるのかと思ったら説明無しだもん。Wikiさんの説明でそうなのー?って感じだが、納得できんでありゃ。
まーそんなのはまだいいけど、本編がちょっとな。科学者チームがとても選抜チームとは思えないようなお粗末な連中で色々軽卒かつ阿呆過ぎ。エイリアン第一作はあくまで民間人という前提抜きでも事件の起こりはそんなに不自然さは感じないけど、こいつら装備もそろってるプロなのに徹頭徹尾事件が起きてあたりまえじゃーという大バカ行動ばかりなので、事件を起こさねば映画にならんというウソが先に立ってるのはいかがなものか。ある程度は行動に正しい手順感が無いと、湖に集う若者ども(aka馬鹿者ども)じゃないんだからさー。
まあ一切説明の無いファーストコンタクトの不幸っぷりなんかはこの際目をつぶってもいいけど。
アンドロイドの行動にもどういう意味があるのか、とにかく出てくる連中の行動原理がいちいち謎なのです。SFの場合、特にこういうのが一番頭にくるんだよなー。
表面的にはシリアス路線なんだし、もうちょっとうまく見せてほしいのよ。実際の作品はシリアスというよりは完全に見せ物映画だった訳だが。

結構生理的にいやぁーな感じのぐろぐろも続出するので、苦手な向きは覚悟してくださいな。手術シーンの無理矢理っぷりたらないですよー。

ちなみにあるシーンでJerry Goldsmith作のテーマが流れますが、オリジナルリスペクトとはいえそんなに効果的でもなかったりして。

追記
Goldsmithの引用はTrack18だけど本編での引用とは違ったような気もする...
印象にのこるのはむしろ2曲しか無いHarry Gregson-Williamsの曲だったりして。でもこの曲から受ける印象の作品では全く無いので騙されないように。
というかALIENというのを打ち出してない予告等につられて見てしまう人が意外に多いみたいで、ぐろげろな映像に引いてるらしいよ(笑)。33年も前じゃ無理も無いかー。
映像から分かる人には分かるし、分からない人はそれなりに引っ掛けてるという事で宣伝としては上手い事やってるって事だーな。実際はちょっぴり"覚悟"がいる映像作品なのだが、それが分かりにくいので
...被害者がでると(笑)。

August 09, 2012

ダークナイト ライジング The Dark Knght Rises

リスタートしたバットマン三部作完結編。Risesがなぜだかライジング。
と言っても、ビギンズは見てないしダークナイトは劇場には行ってないぐらいのスタンス。当シリーズはこの手の話にしちゃ上映時間も長めで今作ではついに165分の長丁場。シリーズが進むにつれて大風呂敷を広げすぎなのはこの手の話にゃありがちだが、今回は少々やり過ぎか。
スケールはでかいけど話は小さいみたいな変なバランスなんだよね。
前作で映画を喰ってたジョーカーのような存在がいないので、相対的にバットマンの話にはなってるけど。ちょっとディテールが雑かね。こっちもアメコミってこんな感じ?みたいな雑な考えで見てるから、ぼんやり見てる分にはなんとなく雰囲気で見てしまいますが。

















ディティールが雑というのはあげるとキリがないが、まんまニューヨーク1997な設定が出現して後は特に。というか上映時間が長いわりに、とにかく状況を説明する描写が全くと言ってよいほど無いので、ゴッサム(ニューヨークなのは明らかだけど)の状況が良いのか悪いのかすらピンとこないのよ。
数日間の出来事というならまだしも、劇中時間は結構長めなのでね。
警官はほとんどいないはずなのに秩序は意外と守られてる感じで、もっとカオスになるのかと思いきや結構普通に暮らしてるし、特に女性は化粧品も行き届いているらしく、みな身綺麗にしとるしなぁ。
閉じ込められた警官達もどうやって生きているのかとか。
そもそも話の背景の一つである「デント法」のなんたるかも説明が無いのでぼんやり「偽りの正義」とかいっても何が問題なのかが伝わってこない。でてくる囚人も「いかにも」な連中が多いので冤罪の助長という風には見えない。

警官狩りなんて台詞もあったけど制服着てなくたって、自宅襲撃されないのかよとか...etc。ご都合主義にしてももうちょっとなんとかねぇ。
そもそもベインのやりたい事がなんなのかよくわからんし、特に市井の人々の描写が皆無に近いのは困ったもんだ。ベインの言う「希望」も何の事やら。
終盤の警官隊の対戦相手はいったい誰なのか?解放された囚人だけなのか、一般市民も混じってるのか不明です。対決の構造として一般市民が混じってるのか混じってないのかは映画に対して大きく影響するポイントだと思うんだけど、何の説明もありません。
徹頭徹尾ぼんやりした雰囲気だけなんだよなー。
そんなつもりはなかったんだが、なんか色々あげつらっていくうちに「踊る3」級の駄目映画に思えてきたのは気のせいか?。おかしいなぁ(笑)。

にしても終盤のクライマックスはをぢさん的には仮面ライダーV3を連想しないではいられない。まんまカメバズーカじゃないすか。なんてな。

にしても全二作と違って、今作では単独で音楽担当してるHans Zimmerだが、ダークナイトのテーマとも言えるたった二音のフレーズってほとんど発明だなぁ。レー、ファーってやつね。なんかこの二音だけで高揚するもんね。

しかしAnne Hathawayは目も口もでかいなー。よかったけど(何が?(笑))。

The Dark Knight Rises (Original Motion Picture Soundtrack)

The Dark Knight Rises (Original Motion Picture Soundtrack)
[Deluxe Version with 3 Bonus Tracks]

Dark Knight Rises


August 08, 2012

Mountain Lion メイン移行

個人的に評価期間を経て、いよいよMountain Lionをメインにしようと思ったりなんかして。
Lionさんがなにしろいつの間にか不機嫌になったのに比べると安定していると言える。たまにLionにするとファンがぶぉーと五月蝿いのだよ。静かがよかったiMacのくせに。

だもんで内蔵ディスクに環境移行を決定。Carbon Copy Clonerなるソフトにて内蔵Lion→外付けに、外付けMountain Lion→内蔵にという訳で両方あわせて30時間ぐらい延々まるっとコピー。
CCCのいいところは起動ディスクでも動作するので、コピー中もぼちぼち使えるってところか。
処理さえ終われば、起動ディスク変更してあっさりと。

結局、OS変更するとなんだかんだで時間喰うのだよな。

August 06, 2012

ギマ

相模湾とか東京湾で釣った事のない魚はまだまだいるけれど。
代表的なところだとまともなサイズのマダイとかヒラメとかカレイとかマゴチとかな!一方釣る気はない(存在を知らない)けど釣れる事のある魚もまだまだいるらしく。

そんな一種に「ギマ」なる魚が追加。東京湾にてキス釣りの最中の事でございます。

ぱっと見カワハギかウマヅラ風だがどちらでも無い。体表がヌルヌルしている事が最大の違いか。一応食べられるらしいという事で18cmぐらいのを2匹お持ち帰り。
あまり刺身で食べるというようなモノでもないらしいが、確かにおろしてみたときの身の色がカワハギなどと違って白くないので、うまそうに見えないか。もっとも血抜きをしなかったためかもしれないが。

しかしカワハギ類同様、キモがうまいらしいので見てみると、体の大きさに比べて大振りのキモ。
とりあえず茹でてみたらすごい油が浮かんできた。
んで身だけだとなんだか味も素っ気もなかったが、刺身におろした身とキモを茹でたものをあえて食してみたが(味付けは醤油とバルサミコ)、キモがうまいのでそれで食えるという感じ。

ともかくオカズにはなるので、今後ももし釣れたらお持ち帰り決定か。そん時は血抜きもしよう。

August 03, 2012

AirPlayミラーリング

Mountain Lionで期待していた機能の一つがAirPlayミラーリング。AppleTVでMacの画面をミラーリングできちゃうという機能で、編集途中のiMovieなんかもプレビューできるんかねーとか思ってたのな。
ところがいざ試そうとしたらできません。
Mid 2011以降のiMacぢゃないと非対応なんだと。あーうちのはMid 2010だとも。なんかがっかり。

August 01, 2012

Mountain Lion in Trouble

特に支障無く使っていたMountain Lionだが、iWorkのPagesを使おうと思ったら書類が開けない。Numbersも同じ。試しにKeynoteあげてみたら落ちる。
これは困ったぞと。
また再インストールかとうんざり。
というのも、動画データの件で結局大きいパーティションをきり直し、Time Machineからの復旧実験をかねて再インストールを試みていたからだ。
結論から言うと一応、復旧実験もうまくいって動画データもあっさりiMovieが認識できて喜んでいたのだ。

という訳でうんざりしながらも使ってなかったHDDを用意して、再インストール開始。
あーだこーたしていて時間ばかりかかり、しまいに何してるんだか分けわからなくなってきたところ、駄目モトでライブラリのiWork '09内のフォルダを削除し、うまく動作していたLion環境の同フォルダから中身をコピーしたら直った。
という事で今回は結局再インストールは不要だった結論。

とりあえず解決。

« July 2012 | Main | September 2012 »