« Moog | Main | 東京都現代美術館の特撮博物館 »

September 13, 2012

new iPhone

てっきりnew iPhoneとかいってiPadと同じく数字をつけるのはやめると思っていたのだが、iPhone 5でした。iPhone 5だけどiOS 6とかいうのApple的じゃないと思うが。
いわゆるAndroid陣営の大型化に押されて、サイズアップされるんではと噂されてはいたのだけどDIGNOも使っている立場から言えば、iPhoneの横幅ってかなりベストなんでデカくなったらちょっと下品かもなぁとは思っていた。ついでに言うと解像度の違いか見やすいのも実はiPhoneだったりする。
で、結果から言えば高さのみ追加という事前情報通りで良いんじゃないでしょうか。高さを追加して薄く軽く速く、とスペックアップは順当。容量64Mの上がこなかったのが残念だが。この辺りはiTunes Matchの機能している本国だとあまり問題にならんかも。日本は...今年の後半とか噂だったけどどうなんかね...懐疑的。

従来以上にリークが多かったんで驚きは少なかったかもしれんが、それを言ったら初代のiPhoneからしてそうだったワケで。もっと言えば初代iPodの時の冷たい反応といったら...21世紀じゃWalkmanてのはiPodの同義語になっててだナ、なーんて20世紀にタイムマシンで戻ってほざいたらどうよ?てな話。
という訳で日本で3Gが発売されてから5年、こんなもん売れねーよとすげない扱いだったけど気がつきゃ日本においてですら常に売れてるケータイに。

これはどういう事かと言えば、今や子供向けの伝記すら出ていて既に’偉人’扱いとは言えJobsの名前すら知らない人にも広く売れてるって事なんで、確かにJobsのプレゼンはまるでコンサートみたいで面白かったが、プレゼンの出来は極一部の好事家のネタという事ですな。
だもんで5年、10年先は分からんが、いまはまだ「買い」。
実際、3G→4と一つ飛ばしで来てるんで今回は「キャンペーン」次第だが「買い」とは思うとるんよ。
ワンセグ/電子マネーは自分の頻度では無くても困らんし。

事前リークと言えば、nanoとかtouchのリークは無かったような気がするな。皆もうiPodには興味ないんだねぇ。興味の無い事にはリークも無いもんね。結局自分も容量に不満はあるものの今はiPhoneをiPodとして持ち歩いてるしね。

まだiPodがこの世に無い頃(20世紀末)、どうせどちらも日常持ち歩くものなんだから携帯電話に音楽プレーヤー機能を足せば良いというアイデアを聞いて、そりゃ良いアイデアだと思ったものだ。
日本ではそれから随分たってから実現したんだけど、そのころには既にiPodを持っていたのと、折角実現した機能の使い勝手の悪さ(つまりバッテリーというフィジカルな問題から始まり、価格とかビットレートとか著作権とかまあ色々な事が見えて来ていて辟易したってのもある)に一切使わずじまい。結局それが「使える」レベルで実現したのはiPhoneを手に入れてからなのは皮肉にすぎるか。

« Moog | Main | 東京都現代美術館の特撮博物館 »

Apple」カテゴリの記事