« new iPhone | Main | 冬フェス »

September 15, 2012

東京都現代美術館の特撮博物館

じき終了なのに、うっかりしたらせっかく招待券持ってるのに忘れかねないぞと。

夏休みも終わってるんで、平日は空いてんじゃないかと結局一人で参上。アクセスよくないけどなんとか午前中には現地着。さすがに長い列はないぜ。
それでも程よく人がいるのはさすがというべきか。でもまあ鑑賞の妨げになるほどではない。という訳で音声ガイドを借りてみる。これが70カ所に対応(結局ほとんど全部と言っても良い)していて充実。なにしろこれでしか得られない情報もあるのでなかなか楽しいが、使用の基本が電話機型で耳に当てて聞くってのはちょっと×。まわりがうるさいと聞き取りにくいと思われる。
ガイドにはヘッドホンコネクタがあるので、これを使うのが良いと思います。小生はiPhoneを持っていっていたのでそれのイヤフォンを着けました。コレ正解。両手が空くし、なにより聞き取りやすい。
そんなこんなでじっくり見ていくとそこそこ空いていても(空いているから?)気がつきゃ3時間ぐらいはかかったか。

その昔にスターウォーズを機にした特撮映画ブームのおりにミニチュア展というのは何度か企画されていて、見に行った事はあるのだが、それらは当然海外中心であった。例外として特定の年代を中心に特定トラウマ映画認定となっている「さよならジュピター」のミニチュアあたりは展示されてたが(ちなみに出来はとっても良くて、海外映画のやつと比べて遜色無いどころか、はっきりいってより良く出来てたの、ミニチュアは)。
ま、それはともかくとして、いわゆる日本の特撮黄金期をテーマにした企画展というのは今まであったのかどうか寡聞にして知らず。意外に今回まで無かったのではないか...?
んで、60年代が中心だとは思うんだけど、昔のミニチュアってのも意外や意外、それなりに良く出来てるもんで、結構おどろいてしまいますね。見てると父親に連れていってもらった東宝特撮の思い出がフィードバックしてきたりなんかして、我ながらノスタルジー。

目玉の一つ、新作短編映画ですがこれはまあある意味狙ってんだろうけど正直微妙な出来。ただしサンプルとして割り切るならば、むしろ本題となるメイキング、そして使用したアイテムの展示はやっぱり面白い。
で、短編でも使ってるミニチュアを使って自前のカメラで撮影が出来るシステムなんだけど、このコーナーは一人で来ると基本手も足も出ない事になります。その意味では実は最低二人連れでくるのが正解という落ちに。

もはや誰が見てんだかわかんないのに何で続けてるんだかもわからん当ブログで、誰に通じるのか注目ポイントとしてマイティジャック関係のコーナーで小松崎茂のプラモの箱絵とか展示されてるコーナーにあった雑誌掲載MJ号透視図ですが、ここ注目ですよ。
透視図描いてるの、小生の記憶が確かなら長岡秀三さんでしたヨ。
言うまでもないが、今や世界の長岡秀星その人だ。キャリア初期にてこの手の仕事は少なくないのでおそらくタマタマの展示だったとは思うのだが(その証拠にあれだけ充実している目録に掲載が無いし、端的に言って特撮周辺の人ではないと言えるので)。

物販コーナーでは、一般店頭で見かける事の無い東宝ミュージックのゴジラのサントラBOXが売ってたので、思わず手が伸びたが自制。いやしかし...やはり買っても良かったかナ...
# ちなみにカード可だったので札束不要

ところで、今回の企画はこういったプロップ達の行く末を危惧してというのも意図の一つのようで、確かに製作サイドにしてみれば、現状では流用する機会も無いであろう一点ものが多い用済みの品を倉庫においておくだけでも金はかかるから期を見て廃棄されてしまうのも無理は無いとは思うんよ。
何しろこういうのは意外に製作サイド程、そこに価値を置かないものですからね。
だけどさー、例えば東宝の倉庫から何か捨てるぐらいなら、オークションでもやれば良いのにね。鉄道関係みたいに。あっちは電車の吊り輪が売れる世界なんだから。凄い事になるんじゃないの?大物は言うに及ばず民家でもガスタンクでも電柱でも何でも値がつくんじゃないかなぁ...とか思いました。

« new iPhone | Main | 冬フェス »

「映画・テレビ」カテゴリの記事