« September 2012 | Main | November 2012 »

October 2012

October 31, 2012

都知事辞職

国政復帰?フーンてところか。
都民としては良くも悪くもさんざんお騒がせしてくれたんで、まあいいやというところだが。その都政を全否定はしないけれども最近の対中関係の悪化はひとえにこの人の所為だからなぁ。結果的には外交的立場としては無い事に成ってたはずの領土問題を日本の方からわざわざある事にして焚き付けただけだからねえ。
中国にしてみれば、ある意味渡りに船だったんじゃないんですかね。
元都知事の思惑(がどんなものだったかはサッパリ分からんのだけど)とは裏腹に。
いやむしろ裏腹じゃない?そんな深謀遠慮があるとは思えないが。

で、この先国政に復帰したとしても母体が、たちあがれ日本じゃ所詮弱小政党。何が言いたいかというとマスコミが騒ぎ過ぎってことなの。
まあ、スポットライトを浴びるのが大好きなお方ですからご満悦でしょうが、捨て置けば良いんですよ。

October 28, 2012

アイアンシェフ

人気を博したプログラムが復活ということで見てみた。
こうしてみると、鹿賀丈史のそこはかとないイカガワシさって奇跡のような最高のキャスティングだったんだなぁ。
なーんて思う訳ですが、まあ番組内容はまるまる一緒という事でもないようで、細かい違和感などは多々あったんだけど、それはまあ置いとく。

見ていて一番嫌だったのが、ゲストの食べ方。
そんなにテーブルマナーを完璧にしろとは言わんわ。小生も知らんし。

だが、最低限として箸を持つ手だけで喰って、箸を持たない手をブラーンと下にして喰うのだけはヤメていただきたい。日本人としての立ち振る舞いとして見ていて非常にみっともない。不愉快だ。
こういう食べ方しているゲストが多くて誠に嘆かわしい。美食をテーマにした番組でこれってどうなのよ。全然美しくないっすよ。
主宰が海原雄山だったら罵詈雑言がもれなくついたあげくに除名されますよ!

所詮バラエティだが世界観の作り込みという点では出演者も最低限のマナー指導が必要と思われるが、制作側にもそこを気にする向きがどこまでいるのやら。
昔見てたときはそこまで気になった記憶が無いのだが、世の中的に文化程度(というにはあまりにも基本的すぎるが)が落ちてるんスかね。まあいわゆる大物もヒドい人は多いから忘れてるだけかもしれませんが、今回あまりにも気になったので。

とはいえ、小生も娘には口を酸っぱくして言ってるんだが、すぐ左手忘れるんだよね。
なんだろうなあれは。
はたからみれば親のしつけが疑われちゃう側なのが辛いわあ。

October 26, 2012

マじゃなくてメ

そこそこ続けてるくせに未だに釣った事無いのが王道マダイ。正確にいうと12-3cmのリリースサイズはあるけど、お持ち帰りサイズはいまだ無し。ボート釣りや、船の五目釣りで隣の人が釣ったりするのを目撃した事はあるのだが。ここらでいっちょ本気で狙ってみるかと思い立った訳だ。

乗り合いのマダイ狙いっつーと8m-10mの一本針仕掛けが多くて、オマツリ名人の小生が人が多い土日にやると周りに迷惑かけまくるのは目に見えとる。
だもんで修行をかねて平日に行って見れば、意外に12人とか来てんだもん。片舷6人平均。
まあ空いてると言えなくもないか。とりあえずがんばろう。

そもそもマダイなんて良い人でもそんなには釣れませんから、最低でも晩のオカズが必要な小生にはハードル高いんですよ。んで、しばらくなんにもかかりません。エサは採られているのでなんか居るんでしょうが、これもエサ付けがへたくそでとれちゃってる可能性も否定しきれないもんでね。
しばらく続けてようやくアタリらしきものが。慎重にあげてみりゃサバでした。しかも取り込む前にバレてゲットできずがっくり。一応外道(本命以外をそういうらしいよ)もかかるという事でちょっとは希望が見えてきた(←ほんとはそういうことではない)。その後もう一回小さめゴマサバが来て、万が一のために確保。
サバは外道だぜ!みたいな感じでホイホイ捨てる人を見ながら、それオカズだからくれーという心の叫びをあげつつ、お隣さんが30cmぐらいのをあげてみたり、当然のごとくオマツリしてみたり、反対舷で3kgだとか5kg!あがったよーてな声も聞こえてくる中、小生にもなかなかのアタリが。
待てば海路の日和あり。ついに来たか!とぐいぐい引くのを巻いてみると色が赤くない。サイズは40cmぐらいあったけどメダイでした。マじゃなくてメ。とりあえず喰いではあるので、おかず確保でホッとはしたけれど。その後30cmのアジも最後に来たが、結局マダイ無し。

どうも常連さんによると今日は右舷DAYだね!みたいな事だったらしい。小生は左舷だったけど、確かにあんまりあがって無かったよ...
いつかお持ち帰りできるのだろうか。

メダイはもちろんおいしくいただきました。今回のヒットは昆布締めかなっと。

October 24, 2012

スペシャルイベント秋 つらつらと

Appleが行った発表会。

長く待たされたiMac新型がようやく出た。事前予想にはなかったんでね。
パッと見のデザインの薄さはインパクトあったけど、さすがにiMacのサイズじゃRetina搭載はなし。よくよくチェックしてみれば薄さと引き換えに、予想通り光学ドライブ廃止。Blu-ray搭載どころか真逆にいくトンガッた姿勢が失われていないのはよし。逆に言えば薄さによってドライブ廃止を納得させるという事か。だがSDカードスロットが後ろなのはいただけない、いくらなんでもこれは横につけるべきだろ。
そのかわりディスプレイは反射が当社比75%削減だとか。実物を見ないとなんとも言えないが、これは良さそうだ。
Fusion Driveてのも良さげだけど、高そうだなぁ。内蔵3T&メモリ16Gを選択した場合いくらになるんか(メモリは流用できるかもしれんが)。
発売まで間があるが、どうにか年末には間に合わせたという感じか。今までなら今日から!パターンだが製造が厳しいのかね。

前にも書いた気もするが日本はなんだかんだ言いつつもCDなどの物理ソフトが売れ続けている珍しい市場らしいんでどうなるかな。既に非搭載のノート型は受け入れられているからイケるんでしょうか。外付け使えるから事実上困らないし、実際の話iMac搭載のドライブ遅いから外付けの方が良いんだよねー。
廃止と言えばついにFireWireも廃止になっちゃったんで、変換コネクタが必須。そう考えるとパワーはそんなに不満感じてないので、Thunderbolt Displayが反射を押さえるタイプでリニューアルされたらMac miniと組み合わせるてのもアリだな。
デスクトップ画面としてのツルピカはなんなら憎んでいると言っても良いレベルで嫌いなんだが、さりとて即買い替え!というのは金銭面含めちょっとハードル高いわぁ。

で、13inchのRetina Bookとかもあったけど、まあ問題はiPad miniだね。
我が家のiPadも度重なるアプリのアップデートでモノによってはさすがに処理が重いやつも出てきたりなんかしてだね。んで娘が使うにはちょっと重いという事もあってminiはアリかもなんて思ってはいたのだよ。
結論から言うと見送りですけど、その理由はシンプルかつ一つでRetinaじゃないから。
これは悪い意味で事前予想ままだったけど、意外としか言いようが無い。なんでいまさらRetinaじゃないのか。これはあり得なかったな。iPhoneで初搭載されてから、iPadにMacBookとRetina化を進めてきて、その中間サイズでバッテリー等テクニカルな問題もあったんだろうが非搭載ってのは筋が通りませんかな。
価格設定に迷いが出ちゃったんですかねえ...例えばいまだ併売されているiPad 2よりも高くしてでもRetinaは削ってはいけない要素だと思うのだが。つーかiPad 2ディスコンでいいだろ。
初代iPad miniはかませ犬て事で、誤りを認めるにやぶさかでない現CEOに早期のRetina化を期待。

とか言って、実物見たら気が変わったりして。

October 23, 2012

どっちにしたところで

2030年だか2040年はすぐにやってくる。原発を0にしようとすると色々問題がある。そんなのは分かりきっている事だが、原発が残っても色々問題はあるわけだ。どちらにしても問題はなくならない。

だが、3.11で言えば最大3000万人が避難というシナリオがあったとも聞くが、3000万人とまでいかずとも大都市圏における同様の事態は起きうると考えなければならない訳で、現状での対抗策は神頼みしか方法がないようなもんだとなるとやっぱりこのままじゃだめなんじゃないかなと思うのは普通ではなかろうか。

だもんで0にしたら問題があるから、認められないというのは思考停止にすぎるんじゃないかと。
本来は逆で、問題があるからどうにかして解決しよう、という事だろーよ。
そのぐらいでかい無理難題をなんとかしようっつーくらい度量のデカい態度がとれんもんかね。この際ハッタリでも良いからさ。

最近目立つの経団連な。
この人たちというべきなのか会長というべきなのかが今ひとつ分かんないんだけど、ちょっと大局観に欠けるんじゃないスかね。まあ所詮あっちサイドの経団連なんぞに何を期待するんじゃと言われりゃその通りだが、素人考えで言えば、これは「脱原発という産業」の創出ないし展開が必須という事じゃないですか。マイナス要素ばかりいたずらに取り上げるのはいかにも既得権にしか頭が回ってないみたいでなんと言うかその...つまり認められないといってそこで終わってしまうからいかんのです。繰り言だが、単なる現状維持だけで山ほどある難しい問題を解決していこうという方向すら無い。一欠片でも建設的提言があればまた違うのにな。
しかも重厚長大思考から抜けられないんか、経済発展=電力維持必須みたいなさ。
この先の経済発展と電力需要増大は必ずしも比例しないと思うし、そうすべきなんじゃないの。もっと言っちゃうと、そもそも「経済発展」という前提すら怪しいものだが。

しかしこれなー、近い将来将来予測されとる自民中心政権になったらまるっと反故にされそうで怖いわ...とか思ってたら本当にそうなりかねんで、いったい国民は何を考えておるのかと。

これはもう民主党はある意味チャンスで原発0を党是にして争点化するしか無い。
そうすれば、少しは目が出てくるんじゃないかね...でも閣議決定もうやむやにしたぐらい及び腰だもんで期待薄か。

実際これほど国民の関心が高い(よな?)テーマが全く争点化されないというのはどうした事か。

なんとかしちゃう潜在能力は我が国にはあると思うのだがな。

October 22, 2012

ローカライズ

iOSのMapの件で今後一番懸念されるのはローカライズの問題。
日米に限ってでも地図に求めるものは違いすぎるが、Googleさんはその辺熱心にやってたんでね。
Appleはあまりそういうのはしない。基本採用するならすべてに採用、しないならあくまでも無視というスタンス。

Appleに限った問題ではないけれど、企業として知られれば知られるほど人材採用基準もとにかく厳しくならざるを得ないところがあって、普通の意味では悪くない人をとってるはずなんですよ。

ただiTunesのオルタナティプ問題にみられるように(言うまでもなくプじゃなくてブないしヴな)、優秀なはずなのにどうも日本語ローカライズではヌケてる感じがする向きが多いのではという疑惑があるのだ。
コンピュータの世界ってそもそもサブカルだったし、なかでもApple/Macと言えば音楽とは浅からぬ関係だ。なのにオルタナもしらんで(あるいはチェック出来んで)iTunesの担当とかすんじゃねーよ!みたいな。
ある意味では優秀なんだろうけど、ユーザ目線ではマッチしないような人たちが一般的意味で優秀であるが故に入社してるんか。
一点突破的変人はJobsを筆頭に上の方では、直接ヘッドハントされるから可能性が無くはないけど、一般レベルの社員じゃ仕方ない。でもやっぱりプロダクト全体としては影響が出る。

まあシノゴノ言ってもMAPがヒドすぎるのはどうにも言い訳は出来ないが。
日本地区担当者(てのがいると仮定してだが)はいったい何をチェックしとったんかと。首都圏主要鉄道の駅があらぬところにあるとか、情報が少ないのではなく、根本的に間違ってるというのは理解に苦しむ。
首都圏生活経験のある日本人がスタッフにだれもいないのか?

October 18, 2012

シューマン ピアノ協奏曲

唐突ですが。
シューマンのピアノ協奏曲といえば、好事家にはかのウルトラセブンの最終回での使用が有名。
ところであのクライマックスシーンに当初使う予定だったのはクラファンにはだいたいシューグリなんつって一緒くたにされる(レコのA/B面で)ことの多いグリーグの方だったとかいう話を見ましてね。
でもこれは結果オーライでシューマンだよね。
グリーグだとベタ過ぎてギャグになってたかも...てなもんで。シューグリとは言うもののやっぱり曲の知名度はマイナーなシューマンだったからこそとは思います。

その、シューマン。
その昔友人所有のレコで聞いたのは誰だったかはちょっと記憶に無い。ステレオ録音だったのは当然としても、曲は同じだが雰囲気は違ったと言う事だけは覚えている。これはまあしょうがない...のだがネット時代ともなるとこういうしょーもない情報はあっという間にわかっちゃったりなんかしてさ。
で、番組で実際に使用されたのは夭折の天才ピアニスト、ディヌ・リパッティのピアノ(カラヤン指揮)によるものだったのであります。
なにしろ1948年だかの録音だもんでモノラルだが、冒頭のじゃん、じゃじゃん、じゃじゃん...の音色と響きは紛う事なきアレと。
というか録音の所為か冒頭のオケのじゃん!が低音スカスカなのでよくわかるっつーのも何だが。
純粋にステレオかつダイナミックレンジの広い音で聴きたい向きにはお勧めしかねるが。
小生も別音源としてリヒテル&マタチッチ(たぶん1974年)があるけど、普通に聞くならこっちの方がまあ良いやね。

iTunes Storeにもいくつか音源がありますが、シューマンだけでいいならこれが安いか。

セットもあるよ。

ついでなんでリヒテルのセットも。

October 15, 2012

eBookJapan

小生も利用しているが、電子書籍の販売じゃ大手と思われる。
ここの仕掛けの特徴はトランクルームというのがありまして、ようは購入した書籍をウェブ上においておける。はやりで言えばCloudってことだ。んで登録した複数デバイスからアクセスできるのだ。
以前は無料トランクルームの冊数上限が少なくて、結局ローカルにおかざるを得なかったのだが、現在は無料となったようだ。

しかしそれでも今ひとつなのは、読むためにはデバイスにダウンロードしてからでないと読めないという事。
LTEならまだしも、携帯の3G程度じゃ遅くて漫画一冊のダウンロードも耐えきれない。
しかもダウンロードした書籍を他のデバイスで読むためにはいったんアップロードしなければならない(アップロードはおそらくフラグを変えるだけなのでダウンロードと違い時間はかからないが)。つまり複数デバイスで運用する場合、読む事が出来るのは常に1デバイスに限られる。
例えば家でPCとかiPadで見てたものを外出した際にアップロードし忘れたら、iPhoneで続きは見られない。なんだかイマイチだ。ついでにいうと今時登録デバイスが3台までってのも少なくないかね。

なんでトランクルームから直接読めるようにならんのかな。
確かにすべてローカルにおく事でレスポンスは良いだろうけど、直接読む方式も選択肢に入れてほしいものだ。

あるいはフラグとファイル本体を別管理にして、フラグ更新のみとファイル本体の削除をユーザが指定可能にするとかさ。であれば各デバイスに予めファイルをダウンロードしておけば、ポータブル端末でも毎度ダウンロードしなくても済むのだが。最後にアクセスしたデバイスにプライオリティを割り当ててしまえば、個人ユースならほぼ不都合は無いはずだが。

この程度の事が検討されなかったとは思えないので、やっぱり何かしら権利がらみなんでしょうかね。

まだまだ動きは鈍いが電子書籍は仕組み上、古書店に流す事が不可能なので、本質的には権利者側にも有利と思われる。長い目で見ればこの流れは止められない。
その分せめて運用はあまりガチガチにしないで欲しいものだが。

ここまで書いといてなんだが、最大の問題はモノによるけど価格がリアル本と一緒って事なの。
これ納得いかないんだなぁ。出版社の言い値なんだろうけど。

ユーザとしては、譲渡なども仕組みが出来ると良いなあとは思うんです。

欧州じゃそんな話も出てきてるみたいだが、我が国じゃ期待も空しい。

October 13, 2012

Passbook

NFCが非搭載という事で、一部方面ではだいぶズッコケタ向きも多いらしいiPhone 5だが、似て非なるものとしてiOS 6で導入された新機能の一つ、Passbook。
今ひとつピンと来てなかったので、ほったらかしにしておいたのだがせっかくなのでちょっと試してみた。

いくつか利用法はあるみたいだが、今すぐ使えるのはクーポンの類い。
passbank.jpというサイトに行けば、クーポンが拾えるので試しに拾ってみると腑に落ちる。ミソはGPSと連動して近くに行くとクーポンがあれば知らせてくれるという事らしい。クーポンて持ってても忘れるから、普及すれば多少は便利かもな。現時点ではpassbank.jpじゃ掲載が少なすぎて寂しい限りだが、ぐるなびとかホットペッパーで地道に探すと、無い事も無い。
クーポンもそうだが、知らずに増えてくポイントカードの類いが対応してくれると少しは便利感が増すかも。どっちも使用頻度の割に財布が膨らむ要因なのでね。
ちなみに取得したクーポンは削除できるのだが、無駄に凝ったUIがバカバカしい。

なんにせよこの手の機能はまず第一に店側が対応してくれないと意味ないということで、どの程度日本で浸透するかが問題だ。クーポンだけならそれほどハードルが高い訳ではなさそうだが、利用者側としてみればやはりポイントカードの類いに対応してほしいところ。

だけども釣舟屋さんなんてのは、なかなか対応しそうに無いなー。Passbookどころかカードも使えないところが大半だからな。乗り合い船の料金とか結構良い金額払うんで、カード対応してくれねえかと予々思うとるんだが。

October 12, 2012

タチウオ

MAPさんを試した釣行の話だが、タチウオ。ここにきて好調の模様。ボートでカワハギもやってみたいがここしばらくは風が吹いているので無理っぽい。だもんでタチウオ。
前にやったときは浅めだったのでライト仕掛けだったのだが、最近は深いらしく錘も100号とか、電動リール有利とか言うのが気になるっちゃ気になったけど。
というのもタチウオは広いタナに対してマメに誘いを入れるもんで道具が重いと疲れるかもなんてんで。

んでやってみたらば、まあやっぱり疲れた。思った以上に道具が重いとマメな釣りは(深いとなおさら)シンドイね。とはいえ魚がかかると気にならなくなるのは釣り人の習性というものか。
今回は最初に釣ったのが何とダブル(2本針仕掛けで2尾という事な)だったんで幸先良い始まりだったけど、そのうち仕掛けが絡むようになったので、途中で2本針は止めて1本針の仕掛けに変更。
良い時間帯はパンかじりながらの置竿でも喰ったんで、要は魚のやる気とタナ次第。

結局3〜4はばらしつつも気がついてみれば11尾と、まずまずじゃないですか。4本指サイズもそこそこ混じりで。
11尾つーても魚が長いから中アジ換算だと結構な量なもんで、毎度の友人にお裾分け。

タチウオはウロコも無いし皮引かなくていいから、さばくのが楽で良いよね。
はっきり分かる独特の味わいは間違いなく旨いが、刺身だとちょっとクドいと思わなくもないかな。
熱を通しても抜群に旨いので、煮ても焼いてもなんでもOKだし干物も作ってみた。

肝やら白子やら真子もいけるし、特に真子は酒と醤油と味醂でつけ込めば最高の肴になるよね。


October 11, 2012

iPhone 5 ナビ機能

しつこいけどiPhoneというかiOSの残念な子、MAPさん。釣行ついでに今まで試した事の無いナビ機能を試してみた。
都心を「みやこごころ」街道を「まちみち」などと読む基礎学力の無さはなかなかキテますなー。意表をつきすぎて、最初何言ってんだか分かんなかったよ。
だが、カーナビと併用しながら走ってみた感じでは、やはりポテンシャルは感じるのよね。
首都高を走っている間などは、3Dマップがスムーズに追随する様はなかなかのもの。カーナビよりも画面の精細度が高いので見ていて心地よいのだ。
もちろんカーナビのような渋滞情報やマルチ表示による高速走行時のICやPA/SAといった情報表示など専用機ならではの機能にはまだまだ及ばないのだが、それでも最低限のナビは出来る事は判明。

そもそもカーナビが鎮座する位置におけないので、ただでさえ小さい画面をやや遠くに設置せざるを得ないという点からしてアレだが(小生の場合ダッシュボードの上に設置)。それでもRetina Displayの素性の良さ故か一応認識はできた。

この先ソフトウェアを鍛えさえすれば専用機としてのカーナビいらずというのもあながち間違ってはいないんか。もっともカーステに直接接続できて、画面をカーステ側に拡大表示できて、タッチ操作出来ればだが。

そういう意味では、噂されるiPad miniって(というよりiPad miniでなくともスマートフォンとかタブレットというべきだが)サイズ的にはカーナビ向きかもね。

October 10, 2012

JOJO+YES その後

MXで始まったアニメ化。
時間を見たら毎週録画してる(撮り溜めして見るスタイル)タモリ倶楽部の裏じゃないですか。
でも、リアルタイムでみる根性は無いがエンディングを含む終盤は時間がかぶってないのでとりあえずそこだけ録画してみる事に。

で、問題のエンディング。
入りは長いイントロをすべて流せるはずも無く、適当な位置から入ります。
終わりはフェイドアウト。ざっと聴いた限りじゃうまいところを抜き出して使ってみただけで、特にオリジナルの編集は無しみたい。しかし...Roundaboutがエンディングかあ...改めて凄い時代だ。

本編は書き文字が画面に展開するという思い切った演出してました。そのうちメメタァを出す伏線でしょうか。さすがに世の中メメタァという音は無いですからねぇ。

October 07, 2012

SKYFALL

とっくに公開が決まってんのに主題歌の情報が無かったのだが、ようやく解禁?
イングランド出身のグラミー賞歌手ADELEによるタイトルもそのままSKYFALL。
いわゆるスタンダードというかオーソドックスな007スタイルの楽曲(テンポ感とか例のモチーフがフェードするあの感じな)でして、歌詞にもSKYFALLとドンといれてくるし、この感じはワールド・イズ・ノット・イナフ以来か。
今んとこ予告編みたかぎりじゃ今ひとつピンと来てないのだが...例えば007のバイクアクションていうとどうもあまり似合わないなぁ(Never Say Never Againを連想してしまうってのもある)とか。しかしこの主題歌でようやく007感が盛り上がってまいりました。

まだ本編のサントラは出ていないのだが、今作は5作連続登板だったDavid Arnoldが音楽担当から外れてThomas Newtonが担当。主題歌には関与していないっぽいが、この感じでは久しぶりに(一応James Bond 50周年という節目の作品でもあるからして)007のモチーフががっつり聴けると期待して良いのだろうかね。

October 06, 2012

MapとSteve Jobs一周忌

まだというかようやくというか一周忌だって。

iOS 6最大の問題点とも言われているMap。まあ確かにあまりほめられたできじゃないのは確かだ。まずなによりも情報が少なすぎるのが致命的だし、建物の形が違う(自宅周辺調べ)のも凄い腹立つ。なんでこんなにでたらめな形なのか。繰り返しになるが残念な子です。

だけどもJobsだったらこんなもん出さなかった!みたいな言い分にはあまり同意しかねるんだな。Jobs時代だってそれなりにコケたプロダクトとか間の抜けたバグとかいっぱいあったじゃん。
どう考えてもGoogle Mapなみというのは開発期間もリソースも足りなかったはずなんで。

もしかしたらもう少しはマシだったかもしれないが、それとて米国内の話であって極東日本の地図事情なんざ知ったこっちゃないねってのは、OS XとかiTunesのローカライズレベルからすれば推して知るべしだったろうと。
じゃあどうだったかって言えば、得意のRDF(Reality Distortion Field):現実歪曲空間の発動ですよ。
これでいかにも凄い事がこれから始まるんじゃい!(今はまだ出来てないけどな!)という事になんとなくなってたんじゃないかと推測。

ところで地図アプリは色々入れてみたが、今んところどれも帯に短し襷に長しという印象で決め手に欠ける。結局のところGoogleさんがアプリ出してくれれば解決しそうなんだがなー。

October 05, 2012

iPhone 5 ちょっと運用してみて

実際外に持ち出して運用してみると、LTEと3Gが結構頻繁にいれかわるし、もっと言うとWiFiも拾う。
LTEは掴むと速いなのは間違いない。
微妙なのがWiFi。かなり掴むんだけど、なんだか弱いところも多いし、それ故か場所によっては3Gより遅くてかえってイライラする。SBの時はそこまでという印象は無かったんだが、どうだったかな...
駅を出たときって使いどころとしては多いと思うんだけど、またこれが中途半端なWiFiが多くてね。
たまたまという事かもしれないが。

電池の持ちは4との比較では明らかに悪くなってる印象。どういうこったこりゃ。同じようにつかって全然持たない。
LTE/3G/WiFiの切り替えが頻繁だから?地図アプリをたくさん入れちゃったからか?AUだから?
そもそもDIGNOの電池モチが尋常でなく悪かったのでiPhoneに一本化してもいいかなと思ったのが発端の一つでもあるのに、これじゃあなんだかな。
iPhone 4では何も考えずと使えてたんで、バッテリー性能あがってるはずなのにな。巷には色々バッテリー節約テクニックなどの類いもあふれてるけど、こういうところはスマホの面倒くさいところ。仕方ないっちゃ仕方ないけど、悪い意味でコンピューターだ。んで3G→4と使ってきた印象が、そういう面倒くさい事抜きでもまずまず使えるという印象だったんだが...iOS 6がらみの問題など色々あって、今回は正直なところ満足感よりもがっかり感の方が多いな。
4にしたときはRetinaにとにかく感動したもんだったがね。

あと新設計というApple EarPods。
出音の印象は悪くない。中低音に膨らみがでてアコースティックな響きがIn-Ear Headphonesよりも好みだな。もっとも屋内でおとなしくしてる分には良いけど、道路際とか駅などうるさい場所では聞き取りも難しいのは構造上止む無し。
それより600人以上というサンプル数から設計されたという売り文句の形状は残念ながら小生の耳にはピタっとはいかん。おそらくそれをするには600というサンプル数が少ないか、あるいはやっぱり無理筋なのだと思われる。
でもこいつにキャップをつけるという記事がありまして、早速試してみたら素のままよりはいい感じ。これは試す価値ありじゃないでしょうか。

October 01, 2012

moraリニューアルとPerfume指数

SONY系の配信サービスのmora。しばらく前にmora winというWIndows Media形式で配信するサービスは終了しててATRAC形式のmoraだけが残っていたのだが、この10/1から方針転換と言って良いんでしょうが、AAC形式でDRMフリーになったみたい。まあiTunes Storeの後追いっちゃそれまでだが、ビットレート320はAppleの256以上と思って良いんでしょうか?提供ソフトウェアは相変わらずWindowsオンリーだけど購入ファイルはOS X上でもブラウザからダウンロード可能になってますんで、SONY系邦楽をどうしてもという事であれば、利用が多少は楽になるという事か。
で試してみようという事で、iTunes Storeに無い楽曲を選択する訳だが、曰く付きの楽曲を発見。奥田民生のサウンド・オブ・ミュージックでございます。2004年当時CCCDでの発売となり一悶着あったわけだが、小生としてもこれは買えないという事で結果的に以後スルーしちゃってたような訳で。ジャケがCCCDのままなのが今となっちゃね。
ともかくダウンロードしたファイルは拡張子がmp4のままではダメで、m4aに変更して(moraのサイトにも説明あり)読み込み完了。iTunes上もビットレートは320だったし、iPhone/iPodにも転送できたよ。

とはいえ結局のところ配信してないレーベルはAppleだろうがSONYだろうが無いモノは無いのであんまり使う事も無いかもしれないけど...

にしてもケータイ向けサービスとの整合性をとってんだかなんだか知らんが、1曲420円とかありますけど、なンだこりゃ?完全にアタマおかしいとしか思えません。まあ何かと原価の高い日本だからiTunes Storeでも単価250円とか導入せざるを得なかったのは理解できなくもないが、いくらなんでも420円て!
それで今まで搾取されてきてるんだから消費者側がアホと言えばその通りでもあるけれど。納得の限界超えてねーか?この価格。

具体的に比較するのに適したアーティストが実は存在してまして、ちょっと前に日本を除く(笑)世界各国のiTunes Storeで配信されたPerfumeさんがそれであります。お膝元の日本じゃiTunes Storeはハブられてますがmoraにはあって、言うまでもなく単価420円。これを米のiTunes Storeでみると$1.29だから90円で計算しても116円ちょっと。
ユーロの場合€1.29で105円見当で136円未満、英は£0.99、だから130円としてもほぼそのまま。
いまや米$より高い状態になった豪$の場合ですら、$2.19を90円で計算しても200円未満。
まあ突出して円での買い物が高い事ったら無いねぇ。
ビッグマック指数にならって音楽配信におけるPerfume指数を提唱してみたりなんかして、税とか無視して単純計算すると420/1.29で1$=325円となる訳だが、高度成長期か!みたいな。いくらなんでもこんなに円安になるかつーの。これじゃあなかなか円高も是正できない訳だ(笑)、いや逆か。一番近い豪$の実行レートに近づけるとしてもせいぜい250円が妥協点だろやっぱ。

ともあれ、ここまで来ると噂通りSONY系のiTunes Store解放も(420円以外は)まんざら無くもないかな。

« September 2012 | Main | November 2012 »