« 文科相 | Main | 子供の楽しみ »

November 04, 2012

マにアを足す

マダイをやったが駄目だったのは前回の話。
そんなこんなで相模湾じゃアマダイの乗り合いも始まったりなんかしてだ。その昔五目で釣れた事があるというだけの理由でアマダイのほうがまだしも釣れそうな気がするもんで、やってみた。マダイにアをつけてアマダイ。

朝の早い時間帯に良い引きがあったんだけど、あろう事かクッションゴムが切れてしまい(噛み切られ?)、なんだか分からないがさようなら。クッションの変わりもないし竿の調子も柔らかめなので、そのまま続行。
船中ポツポツと上がってくるなか、小生は本命無し。ついに来たか!みたいな良いアタリはイシモチ。でも過去一番デカいナイスサイズなので良いんだけど。
その後もアジ、マルアジ、ゴマサバ、ヒメコダイ、トラギスと本命以外でまずは五目達成。なんだかな。
さらにまさかのカイワリまできた。ちょっと小振りだが嬉しい。
続けてカナガシラやらアズマハナダイと小魚かかって晩のオカズにゃ十分。今夜はカイワリとイシモチの刺身に小魚の天ぷらだな、なんて感じ。
これで本命くれば十目だがと思っていると、グンッと来た。大事にあげてみると、ついに本命アマダイ...でも小さい。この体であの引きとは...カイワリもそうだが釣り魚の人気ランクって引きの強さってのが確実に一要素だと思う。
その後も良い引きがあり大事にあげてみると、赤っぽい...がソコイトヨリ。これはこれで嬉しい。我ながら外道王。

その後なんとか中サイズアマダイをオマツリしながらもあげて、これなら刺身いけるなーなんて感じ。反対側じゃ次々釣ってましたけどネ...

...で、終わらなかったのな。
75mぐらいのところでやってるときに、なんだか竿が重くなった感じ。ちょいと竿をたてて聞き合わせしてみると、どうやら掛かったらしい。大事に巻いてみると終止ぐいぐい来る。なんだか分からないけどいい感じですよー。とはいえ外道王な小生ですからサメなんてオチがあるやもと一抹の不安を感じつつ。
そして巻き上げてみれば海上にアマダイがプカリ。本命来たっ...つうかデカいよ。
さすがにタモお願いしてあげてみりゃ、今までつったアマダイがミニチュアに見えるナイスサイズ。二度と釣れない50cm越えの1.5kg。
アマダイやるには竿が柔らかいかなぁ、なーんて思いながらやってたけど結果的にはデカいの上げるには役立った感じかね。

アマダイ大中小揃いで、型はトップ(でも数はスソ)。
てな感じで。

クーラーいっぱい。アマダイ。
Amadai

ひそかに狙ってたヒメコダイ。
Akabora

カイワリ。かなりウマい。
Kaiwari

« 文科相 | Main | 子供の楽しみ »

釣り」カテゴリの記事