« Star Wars Episode 7? | Main | マにアを足す »

November 03, 2012

文科相

大臣なんかにしちゃって何かまたやらかすのかね、と思っていたら就任早々に来た。
さすがお騒がせについては天性のモノを持っている。そういう嗅覚については元都知事なんかと似たようなタイプか。

報道によると大学の新設を認めなかったんだとか。普通ならあとは大臣が「形式上」ハンコ押すだけだったんでしょうが、タイミングが最悪だったってことだな。
関係者には青天の霹靂だろう事で、誠にお気の毒としか言いようが無い。

にしても「手続き上は」問題無いんでしょうが、今までずっと色々交渉ごとやら何やら審議会とやらで進めていたんだろうにねえ。昨日今日出てきたようなニワカ大臣様にひっくり返されたんじゃあ、たまったもんじゃないってのは誰でも想像できる事。しかも政権が変わったんならまだしも、同一政権内での事ですよ。
引き継ぎってこういう事じゃないよね。
多少譲って、いやだいぶ譲って田中文科相の言う事にも一理はあるのかもしれない。しれないが、このケースに関してはこれからの事に対して行うべきであって、自身がおそらく何も今まで関与していなかったであろう事案に対して採るべき姿勢ではないのではないか。

まあ良い大人のやらかすこっちゃないように思える。

客観的には、現政権は長い事無いから実際には対した事は出来ないんだろうが。だからなんか足跡を残してやれとでも思ったんか。ナチュラルに無意識下でパフォーマンスしてる風なのがコワイですな。
これは普通に考えてどう考えても官僚を(無駄に)敵に回してるし、そもそもこの件に関して大多数の市井の人が支持できるような類いの案件ではなかろう。簡単に言えば快哉を得られるようなものじゃない。何しろ事は進路に関わる話であって、影響被るのは大多数が選挙権すら無い未成年の学生諸君だし。大人の方だって官僚とはいえ、横暴な上司に泣かされる部下と言う図式しか見えないもの...無駄に嗅覚が反応しちゃった感じだよな。

外国人献金とか暴力団との付き合いとか、くだらない問題(所詮個人レベルの話でしかない)よりもよほど総理の任命責任を問われる事態じゃないのかコレ。

« Star Wars Episode 7? | Main | マにアを足す »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事