« トンネル事故 | Main | 007/スカイフォール公開 »

December 06, 2012

Wii Uとか

小生は別にへヴィーゲーマーでもなけりゃ任天堂ファンでもない。
もっともWiiとDSユーザーではあるので、これらの製品群から感じる企業イメージは決して悪くはないし、かつての(笑)Appleほどの洗練は無い(Wii内蔵のソフトですら操作性が統一されてないとかさ)けれどもソフトもまあまあユーザーフレンドリーだとは思うのよ。
ただ最近は娘が小学二年にして視力低下という事態になり、ママからゲーム禁止!みたいな通達が発令されてしまい、WiiやらDSやらの電源が入る事もめっきり減ってしまっているのでライトゲーマーですらなくなってきている。
えー、ちなみにゲーム禁止通達の論理性云々については家庭内におけるいわば外交事項なので、科学的か否かは問題ではないのであります。

んでWii Uだ。

これは...ちょっとどうなんでしょうか。

もちろんゲームプラットフォームというのは最終的にはソフト次第ではあるとは思うけれども、あのゲームパッドはなぁ。なんだか野暮ったくないですかね。というか現時点ではあまり魅かれる要素がないもんで、上位互換を保っているとは言え買い替えが進む感じがしないなぁ。
Wiiで提示した複雑化への反動とフィジカルな動作を利用したライトゲーマーの取り込みというのは非常に成功したと思うんだけど、また中途半端な複雑化に向かってないかい?

でさー、返す返すも小生として残念なのはWii Musicなのよ。当時も書いたんだけどこれで一番面白いのはやっぱり指揮なの!だから指揮がミニゲーム扱いなのは最大の不満でここがその後何のフォローも無く放置されてるってのが全く理解出来ない。
さりげなくここで画期的だったのは、でたらめな演奏もできてしかも途中で中断とかしない事なのです。
オケの指揮にボタン押すとか余計なゲーム性なんかいらないの!(買ってないけどPS2の奴な)
ただ指揮をさせてくれさえすれば良いという欲求を見事に実現してくれた点は素晴らしかったよ。
なぜこの魅力に制作者側が気がついてないのかと。小一時間は問いつめたいですよ。

そりゃあね、ただ指揮が出来るだけのソフトが何百万本も出るか?と言えばたぶん出ません!
だけど絶対ニーズはある!
Wii Musicで既にソフトウェアは出来上がってるんだから、開発費もいまさらたいしてかからんはず。オンラインストアもあるんだから、なんとか上手い事できんもんかねー。

というかたぶん任天堂のビジネスモデルには存在しないんでしょうが、Wii Musicの指揮ゲームの曲データがどの程度難しいものなのか不明なんだけど、これ仕様を公開するとか出来ないんでしょうかね。著作権上の壁がありそうなんでアマチュアのデータ職人がアップロードなんぞは無理筋かもしれんが...いろんなデータが広く集まったたらウケたろうになと夢想。

« トンネル事故 | Main | 007/スカイフォール公開 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事