« Kindle Paperwhite | Main | 風 »

January 08, 2013

納めと初め

昨年12月も半ばを過ぎて、釣り納めにタチウオ。
なかなか反応よくて11尾をゲット。
細かく誘いをいれるやり方ではなく、2回誘って大きくあわせる(空合わせ)やりかたを指導されましたんで、実に疲れましたが、途中で疲れて寝ながらの置き竿でも1匹掛けたりなどして。
数はたいした事無くても、そこはタチウオ。しかもナイスサイズ中心となりゃ、結構な量でございます。半分以上お裾分けしてもなお、冷凍庫には干物が眠っとります。何しろ我が家は小食だ(特に娘)。

そして冬休みのうちに釣り初めすべく館山沖へ五目出撃。
だが、ほぼ撃沈。
なかなかの強風に加えて、航行中はさして感じなかったが、現場についてみれば思っていた以上にうねりのある海。そして風。
まあ昨年の恐怖を感じた状態ほどではなかったが、風とうねりで底もとりにくい。
それでも活性が高ければ勝手に食うんでしょうが、アタリもあんまりなく。
さらに強烈なオマツリ大会となってしまったあげく、道糸を派手に喪失し継続不能に。仕方ないので船上で道具借りて続行。午後になりいくらか海は収まったものの、凄まじいサバ攻撃にこれまたオマツリ大会。気分的にはオマツリ5:釣り5ぐらいのロストタイム。
結局本命としてはアジx3と散々。サバは数匹をお持ち帰りしたのでオカズはあるけど、東京湾の沖まででてこの貧果は昨年のうねりまくり以来か。そうでもないか?
やっぱりあれだな、楽しくやるには風とかうねりは避けるべきだなーと改めて実感。多少のオマツリは仕方ないもんだけど、するのもされるのも気まずいので、今回みたいに一投目、二投目オマツリ、時間を含む色々ロストってのはやっぱつらいもんね。

さて、そのアジだが30cm級とはいえ三枚におろしてみるとマアジなのにどうも身が締まってないし色もイマイチ。おかしいなぁなんて思いつつ食してみてもやっぱり今ひとつ。過去釣った中でも好みはあれど、根本的に外れな感じでがっくり。アジにも当たり外れの群れってのがあるのかねえ。
半ば仕方なくタタキにして食したりなんかして。いっそ酢で締めてみても良かったかな。

« Kindle Paperwhite | Main | 風 »

釣り」カテゴリの記事