« January 2013 | Main | March 2013 »

February 2013

February 27, 2013

桐島

何となく伝え聞く噂に見ておくべきかなぁと思いつつも劇場へは行けず。しかしレンタル開始となって早速。
見る人によって各人各様の受け取りかたができそうな作品で、この作品を語る事はすなわち自分語りになってしまうので、レビューめいた事を書くのはとても危険な行為。小生はと言えば、初見ではなぜだかある種の居たたまれなさに苛まれる感じっつーんですかねえ。
とにかく未だ何者でもない自分つーのをあらためて突きつけられて辛いわあ。映画だけならともかく、実社会でもそうっていうのがどうなんスかね。
とにかくあれですね、一見学園ドラマの体裁でありながら、むしろ大人が見た方が色々感じ入るところが多いかもです。

色々キツい一本でした。

これ見て、何にも感じない人というのはあまりにも子供か、スーパーリア充か、ウルトラ鈍感かでしょうかねえ。

それにしてもいくら個々人の感想は自由とは言え「桐島でてこないじゃん」とか「桐島がやめる理由がわからない」とか言って文句つけられるってのは製作サイドも「そこかよ?」と思ってんじゃないでしょうか(笑)。

February 22, 2013

PEACE MAKER 10

ついに10巻。なかなか終わりません。
てな感じで久しぶりに書いてみたりなんかして。10巻は久しぶりにわかりやすーい大ネタでたね。
強敵スティーブ・バケットさん。もうほとんどまんまのSteve Hackettですが、ご存知元Genesisのギタリスト。なんでもGenesis Revisitedツアーで6月に来日するらしいよ。バンドメンバーが気になるけどまだ詳細不明。
ついでに8、9巻のネタも。
・ジムコ兄弟
jimcoつーと90年前後にちょっとマイナーな感じの盤を色々出してたレーベルってイメージだが。EmersonとかWakemanのソロワークとかありましたよ。
・ダニット
Genesisの楽曲Who Dunnit?ですね。
・アトラとエイドリアンとケイト
息子のエイドリアンはAdrian Belewでガチ。その母アトラはちょっと苦しいかもしれんが仏のバンド、Atollかも。Heldonと違ってCrimsonフォロワーじゃないからタマタマかもしれんが。んで名前だけでてきたアトラの母のケイトってのは、この界隈だとやっぱりKate Bushかしらねぇ。
・LIVE STOCK
8巻に一瞬でてくる汽車に描かれているんですが、Phil Collinsも在籍したJazz RockバンドのBrand Xのライブ盤ですな。

February 17, 2013

iPhone with AU

という事で気がつけば半年。
5からLTE対応になった代償?だかなんだか知りませんが、留守電サービスがオプション契約しないと使えなくなってるんです。
でも当初半年は電話きほんパックというのが無料で提供されているもんで、一応申し込んでみた次第。
いわく留守電(315円)+迷惑電話撃退(105円)+三者通話(210円)+待ちうた(105円)
の4本立て。

とりあえず三者通話と待ちうたは全く不要なので早速オプション契約解除。迷惑電話撃退も正直微妙なので解除。というか留守電も実際んとこ無くても困らない(無くても着信履歴は残るし、そもそも今までただの一度も使った事が無い。まあメールが使える間柄ならほぼ不要だよな)のだが、これもやめちゃおうかなー。

ところでキャリア大手3社のうちDocomoだけは契約した事が無い。もはや定番行事となってる、iPhone出るんですか?出ません、がひっくり返るような事があれば使ってみても良いような気がしないでも無い。

February 16, 2013

掛け算

...に順番があって逆に書くと×にされる事があるなんて話をちょっと前にTVで見たが、呆れ返ったとはこの事だ。
数学的に全く意味がないばかりか、国語の解釈としたってどちらにでも取れる訳で、こんなんで我が国の教育は大丈夫なのか。リンゴを3個ずつ5人に配るんと、5人に3個ずつ配るって何の違いがあるんだか、小生サッパリ理解できません。

まあ気○い沙汰ですな。
杓子定規も極まれりって感じだが、こんなに柔軟性の無い教育(こんな茶番を教育と呼べるのならばだが)を受ける子供が哀れ。
計算問題じゃあ、我が国では与えられた式の答えを求めるのが王道だが、海外じゃ答えになる式を考える教え方もあるとか。どちらが柔軟性がある、そして本質に近いかと言えばこのケースじゃ後者だよな。

ちょっとwikiさんに聞いてみたら3x2だと3本耳のウサギが2羽いる事になるとかいう話ものってたが、これなぁ、はっきり言って教える側に私は算数を教える能力がございませんて言ってるだけのことじゃねーのか?

あえて言えば、3本耳のウサギが2羽いる可能性もあるよなぁ。

うちの子はどう教わっているのか、心配になるー。

February 13, 2013

イシモチ

2月から解禁なったメバルを釣りに行ったものの予想通り小生には全然つれません。かろうじてナイスサイズのカサゴがきたので良いっちゃ良いんだけど物足りない。
そこは悲しくも予定通りなので、正しくはシログチというのは前にも書いたが、ここんところ手堅く絶好調なイシモチを続けてみた。
途中あたりが止まった時間帯もあったけど、基本やっぱり好調で30越えなら文句無し(竿頭はその倍だが)。メバル/カサゴあわせて40尾となりゃおかずにゃ十分。
イシモチは居れば釣れるって感じでありがたい魚。
でも釣ろうと思うと意外に釣れない...のは小生が向こう合わせの食い込みを待ちきれないヘボだからだが、餌つけて置竿にしとけば勝手に釣れるのです。
なので2本竿で、一本を餌つけておろし、もう一本をつけておろし...という感じでやってるとちょうど一本目が食うと言った具合で、ひたすらこれを繰り返すという具合。タイミングとしては、かなり我慢して待つぐらいで丁度良いみたいなので小生の場合、手持ちでやると駄目なのよねー。

イシモチというと世間的には総菜魚で、まあ高級魚とまではいかないが釣りものをしっかり血抜きして帰れば、間違いなく美味い魚でもあって刺身なんざ、かなりレベル高いし、火を通しても抜群。もちろんカマボコにしても良いのだが、どうやらシャブシャブが良いらしいと聞いたもんで今回やってみた。
この場合は身の方は皮を引かずに切って、昆布と酒と塩と醤油とおろしたアラで適当に出汁をとって、ポン酢と大根おろしのタレで食してみたが、うまうま。

February 12, 2013

エスカレート

エンタメってのは良くも悪くも刺激を得んがためにあるものでして、刺激というものはどんどんエスカレートする特性を持っている。
そんでもってそんなに興味を持っている訳ではないけれど、世間的にはある程度耳目に入ってきてしまうのは仕方ない「丸刈り」事件。
一応本人が自発的にやったという体で、おそらくはその通りなんでしょう。でも自発的な行為だからすべてOKなのかというとそれもどうなんか。
子供のころから活動していて(今も子供みたいなもんだが)、今に至っているとなれば、所属組織に思想が染まってしまっているわけですよ。それを100%本人の意思と思うのは能天気に過ぎる。要するに無自覚って事なんです。
田原総一郎によるとPは恋愛禁止とかは言ってない(そりゃそうだ、あのPに言えた義理ではないはず)らしく、いっそこの際解禁にしようかと言ったら、むしろメンバーに反対されたとか。ねえ、このあたり非常に無駄に体育会系の鉄の掟感がプンプン。でもそんなもん禁止したってどうにもならん類いのものでがんしょ。
よくわからないんですが、ファンはそんなファンタジーを本気にしてるんでしょうか。その度に左遷したり、降格したり、丸刈りにしたりってエスカレートしていくその先に何が待っているんでしょうか。この事案で丸刈り。となればその上の事案発生時には丸刈りの上でなければ刑法上おかしな事に...みたいなさ。
本人たちは望んでやっている事だというのを免罪符にすれば何をやってもいいのかね。

メンバーが暴走しがちなら、お前らちょっと冷静になれ、と諭すのが大人の役割でしょうが。あの業界はそれじゃやってけないのでしょうけど。てゆうか、程度の差こそあれ、どこの業界もそうか。社会の縮図だねえ。やだやだ。

ついでに某局の24時間TVなんぞもいつのまにやら長距離マラソンが風物詩になり、あれも何のためだかサッパリよくわからないのだけど、最近はそうでも無いが一時は毎年のように距離が伸びて、こりゃ人死にが出るまでやめねえつもりかと思ったが、つまりはそういう事です。

February 11, 2013

Google Mapナビ

巷じゃ、iOS6.1.1のβ版が開発者向けに出てMapさんのローカライズがいくらかマシになってるらしいなんて話もありますが。
そういえばGoogleのナビ機能は使った事無かったなと思って、車で出かけたついでに試してみれば、思った通り普通に使えちゃって困らないレベル。
Apple純正が駄目でも、これでいいよぐらいな感じ。
強いて言えば、専用ナビの方は長距離/短距離の2画面表示であるとか、高速のSA/PA表示とか、曲がり角までの距離表示のような気の利いた機能において一日の長はまだあるけど、ソフトウェア的改良の範疇と思えば、いずれ組み込まれるか違った形で表現するかなのは想像に難くない。

やっぱり近い将来カーナビはスマホ/タブレットによって駆逐される可能性もかなりありそう。危機感感じてるだろうなー。
しいて言えば電波の届かないところでも使えるというのはありますが、なにせ純正組み込み品だからか一番重要な地図の更新をディーラー持ち込みで行わねばならないもんで、時間とかなりの金を要求される(故に更新しない/できない)現状はディスアドバテージ。ここはスマホなら問題になりません。
音楽も最近じゃもっぱらBluetoothで接続してるので、本体には1曲も入れてない。その意味じゃ音楽ライブラリとナビという二大機能は代替機能がある訳だが、車載機にも周辺カメラのインターフェースという機能は当面残りそうなのでうまい事連携はかる方が得策なのかも。

February 08, 2013

96時間

間の悪いってね、TV放送する直前にレンタルするこたーねーだろっつー情弱ぶりを発揮。
でもまあ意外と拾い物って言う噂もあったんで見ては見たかったんよ。実際スマッシュヒットにてちゃっかり続編まで製作されたんだから、ある意味確かでしょ。

で、借りちゃったもんは仕方ないもんだから見てみた。

はい、しっかりちゃんと期待通りに楽しめたです。
思うんだけどこの映画って娘のいる父親と、それ以外の層ってハッキリ前のめり具合が違うと思うんだけどどうかしらん。小生、娘の父親なのでもう勝手にリーアムに感情移入。おいらは悪党を瞬殺する能力も、悪党のアジトを割り出す能力も無いので(冷静になってみると大抵の人はそんな能力無いね)もしこんな事になったらと思うと、もうたまりません。
ある特定の意味において理想の父親像ですが、劇中では序盤相当に痛い扱い。別れて金持ちと再婚した母親(ファムケのヤンセンさん。今回は特殊能力無し)についてるんだからショーガないけどさ。
でも娘は決して悪い子じゃないというのはちゃんとわかる作りになっているので、リーアムの怒りは腑に落ちるのだ。17歳っていう年齢がまた絶妙の設定かな。
んで、その娘が遠い地で誘拐されたとなれば、金持ちの継父よりも、俄然活躍できるのは(たぶん)元CIA工作員のリーアムだぜ!もっとも金持ちの継父もプライベートジェット提供してくれて役立つけどな。
そんな具合に御都合主義的にタイトに進みまして、悪党皆殺しでめでたしめでたし。というか、たんなる迷惑暴走親父でもあって、娘の救出のためなら、悪党を拷問するなんてのは序の口で、かつての工作員仲間をその奥さん(基本まったく無関係の善良なる一般市民)撃って脅す下りは、劇中の白眉でしょうが、あまりにヒドい場面すぎて爆笑ものですよ。ほんとにヒドいときって笑っちゃうもんだねえ。
劇中の緊迫した状況下において、奥さんが一般市民すぎて微妙にうざい感じが出てるのがまたポイントですなぁ。
よくよく考えてみりゃ寝室で幼い子供も寝てるのにねぇ。ほんとにもう、ヒドい話だ。

続編は今一っぽいけど、これは(娘の父には特に)お勧め。

わりと暗めのシーンが多いのでツルピカ画面だとつらいわあ。

February 06, 2013

Windows 8

例によって仮想環境に入れてみましたよ。
どうも7が仮想環境と相性が悪いのかなんなのか、やたらとへそ曲げるもんで。
仮想環境のせいというよりは、謎の再起動が頻発するMac側にあるような気はしているのだが。なにはともあれ、Macが再起動する都度、仮想環境のWindows 7がもれなく壊れるというのも事実。
それが8なら変わるかどうかは知らん。

ともあれWindows 8。なんか使いにくいとかわかりにくいとか噂の8。
そうはいってもWindowsだろう?なんて思っていたらば、確かに噂にも一理あるというのはすぐ思ったり。
MSにしちゃあかなり大胆にUI変えてきて、雰囲気もなかなかリッチ。どうにも垢抜けなかった今までにくらべると、相当気合い入っててそれほど悪くないよ、見た目は。
ただUIは変わりすぎてて、こりゃ戸惑う人も多かろう。
上だったり、下だったり、横だったり、いまいち整理されてないのが惜しい。
アプリの終了も直感的でないし、仮想環境におけるマウス操作にはあんまりフレンドリーじゃありません。

ま、所詮仮想なのであまり使わないというのもあるのだが、ネット配信の「内さま」見るときぐらいしか上げてなかったのに、このタイミングでついに「内さま」がMacにも対応したもんでますます使わなくなりそうな。

どういうタイミングですかと。

« January 2013 | Main | March 2013 »