« イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 最終楽章 2013 2日目 | Main | 図書館戦争 »

April 30, 2013

イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 最終楽章 2013 3日目

という訳で最終日。
行ってみたら、AREAも結局レコーディング無しになってました。だもんで?代わりにRDMも予約しちゃったりなんかして。
今回結果的にこの最終日だけがレコーディング無しになってしまったんで、後で補完できないと言う意味では特に来てよかったとも言えたかね。

それはともかくまずはMauro Paganiから。スーツの出で立ちがシブいです。さすが大物プロデューサー?
バルカン風味あふれるバイオリンから始まってまずはつかみはOKてな感じで。
その後はギター、フルート、ブズーキなどを持ち替えつつ、歌は上手いとはいえないがそれもまたソロとしての味ですかねー。途中PFMからも数曲交えて「5人でやってた曲を3人でやるから上手く行くかな(意訳)」みたいな事言ってましたが。Paganiの他はDr&Keyのベースレストリオだったけど鍵盤ががんばって音が薄いとか言う事もなく良かったよ。変則トリオはやっぱり面白い。途中まさかのMoonchildも披露してこれは驚いた。
Europa Minorはベースがかなり重要なので心配だったけど、実際あの特徴的なフレーズははっきりとは聴き取れずではあったが、これはまあライブで聴けたという事実の方が重要だ。実際これってPaganiはライブで披露した事ってどのぐらいあるんですかねえ。そんなこんなで最後はE'FESTAで終了、前日のRDMよりは持ち時間長くて80分ぐらいはやったかな(うろ覚え)。
この時点で正直すげー満足してて、やっぱり来てよかったぜー状態。

セットチェンジのインターバル挟んでAREA登場。まあ途中出たり入ったり解散したり色々あったとはいえメンバー中3人は70年代からの面子だからAREAと名乗るに不足の無い状態だ。

ステージにはなんとアコピも置いてあってびっくり。そんでステージ中央には謎の僧侶…では無いPaolo Tofaniが胡座をかいて謎のギターを抱えて鎮座。
ループを流しながらヴォイス交えての即興演奏が長〜く続きます。さすがに長過ぎましたかね。音の傾向は違うけどフリッパートロニクスかサウンドスケイプと思ってください。
体感で10分以上はやってたような気がしますが、ようやく他のメンバーも出てきてバンドサウンドへ。やっぱりかなりJazzよりだ。で、とにかく音がデカい!
しかしAREAは結構聴いてるつもりだったけど意外に曲が分からない(もともと小生曲名を覚えてない人ですけどね)。でも後半はさすがに代表曲ばかりで盛り上がりました。

で、最後のアンコールですが、ここでMauro Paganiが再登場。
AREA+Paganiでフェスを締めくくりという演出。

まあ両者とも来日キャンセルが相次いで漸くの実現でしたから、関係者も感無量でしょう。

フェスと言う方式は日程も集中するし、金銭的にも負担が大きいので痛いのは確かだが、フェスだからこそ呼べるという面もある訳で痛し痒し。昨年ならLocanda、今年で言えばRDMとか単独だと難しそうだもの。
一応今回最終楽章という事で一旦完結なんでしょうが、今のうちに呼んどかないといつどうなるか分からない人たちばかりになりつつあるんでねえ。

今後の展開はどうなるんでしょう。

名盤の1st。 Paganiは何気にこっちからも多かったみたい。 AREAは品揃え豊富ですが、ここはあえて最近のライブか。 ついでにMaxophoneも。なんと英語盤もある。安い。

« イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 最終楽章 2013 2日目 | Main | 図書館戦争 »

「音楽」カテゴリの記事