« 図書館戦争 | Main | (LA LEGGENDA) NEW TROLLS/Concerto Grosso N.3 »

May 05, 2013

富士サファリパーク

○田アキ○の歌唱で有名なCMソングを持つ施設ですが、二年ぶり二度目の来訪でございます。
娘が珍しい事にまた行きたい(餌やりたい)とのたまったもんでGWにあわせてね。
しかし訪れる予定の5/3の開園時間を見てみたらなんと午前6時。やる気がありすぎです。とてもそんなに早く行ける感じは無い(まあ一人で釣り行くのとは訳が違います)のですが、それでも我が家としちゃあがんばって8時半ぐらいには現地到着。しかし、入り口には既にバスのチケットは完売との看板が。
以前来たときは、もっと遅くに来てもバスにのれたのだが、この2年で尋常ならざる人気になったのかGWだからなのか知りませんが、開園前から並ぶぐらいの気合いが無いと無理っぽかったようで…よって第二案を実行。

バスが駄目ならこっちも面白そうとは思っていたので自分の車で突入…では無く(なぜなら餌をやれないから)、ウォーキングサファリであります。
全長2.5kmのコースを徒歩で回りながら動物を見て、いくつかのポイントじゃ餌やりも出来るよ、みたいなアクティビティ。しかし大物のクマとかトラは決まった時間にいないとやれないし、トラに至っては人数限定なのでタイミング次第なのだが、ライオンとシカはいつでもウェルカムらしい。

コースは激しい道ではないけれど途中アップダウンは結構あるので単純に2.5kmというよりは負荷がかかります。観察ポイントはコースアウトもするので90分から120分ぐらいはかかるとの事。

しかし今回肝心要のライオンの餌やりポイントをスルーしてしまい(直前で枝分かれしてるんですが、右に行かねばならないのを左に行ってしまったのだ!)、心に引っかかりつつ気がついたのはコースも半ばを過ぎてから。という訳で途中で引き返すはめに。
でもライオンの餌やりはやたらめったら吠えるやる気のあるライオン(メス)を間近に見られて、娘はちょっとビビり気味で腰が引けてましたが、戻った甲斐がありましたよ。
その後のシカの餌やりはそれに比べりゃほのぼのしたもんですが、娘はこっちの方が良かった風でもあり。

途中引き返したり何だりで結局2時間以上はかかったような。日頃の運動不足にゃ丁度良い以上で、バスも良いけど、これはこれでアリだと思います。

ちなみに富士山はほとんど見えず。
翌朝には宿から素晴らしく良く見えたのですが、それも早朝のみで朝飯終わる頃には山頂は雲で覆われてしまいました。

« 図書館戦争 | Main | (LA LEGGENDA) NEW TROLLS/Concerto Grosso N.3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事