« イタリアン最強パック来襲 | Main | Steve Hackett Genesis Revisited Tour 2013 »

June 08, 2013

ヤマト2199 サントラ Part.1

ヤマト2199のサントラ盤だが、音質について悪評紛々なのでありんす。
んなわけでレンタル店Tにあったもので聴いてみましたよ。

…これは悪いといわれても仕方ないかもね。さほど注意深く聴いてなくても音割れしちゃってるのがわかります。いわゆる聴き所(「元祖ヤマトのテーマ」とか)でオケがガツンと行くと割れちゃいますんで残念な出来。総じて金管に顕著。
コンプかけ過ぎでいわゆるダイナミックレンジの欠片も無い波形らしいです。まあ普通のポップスはそんなんばかりなんですが(音作りの手法としてコンプで潰すのを狙ってやる場合もあるけど)やり過ぎなのが多くてね。
もっともコンプの問題と音割れの問題は似て非なる話でもあるがいずれにせよ、サントラBGM集としては方法を間違えたな。

旧楽曲のステレオ再録音として見た場合は、全体的にソフトな感じ。時代が違うせいか、まあ概ねこの手のはそうなる傾向。洗練されちゃう分、暑苦しさはオミットされます。
新規曲で意外と拾いものだったのが「YRAラジオヤマトのテーマ」でこれは傑作。いわゆる深夜放送のテーマ風なノリの曲で全体からは勿論浮きまくってるんだけど、ちゃんと聴いたらこれ主題歌のアレンジになってんじゃん!宮川彬良の手腕が光る楽しい一曲で座布団一枚。

「ワンダバ」はやっぱりバカバカしいの一言だが、世に出ちゃったものは仕方ない。

宇宙戦艦ヤマト2199 オリジナルサウンドトラック Part.1

Amazonさんじゃ、まさに悪評紛々(笑)。中には、それは言いがかりと言うものもあるけど。

いつの間にやらiTunesにも来てた。

« イタリアン最強パック来襲 | Main | Steve Hackett Genesis Revisited Tour 2013 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事