« 遊星からの物体X ファーストコンタクト | Main | Hot Fuzz ホット・ファズ »

June 03, 2013

未来からのホットライン&タール・トラップ

星野之宣によるJ.P.ホーガン原作で三度目の漫画化なんてのがいつの間にやら単行本化。
読むまで「プロテウス・オペレーション」と完全に記憶が入れ違ってて、ナチ出てこねーなーとかボケまくり。ブラックホールの下りとか完全に忘れてましてこんな話だったかなぁみたいな。
でもその分新作読むみたいな楽しみ方でしたが。ホーガンx星野は相性良いと思うのでプロテウス〜も今後一つよろしく。

ところで星野之宣というとほとんどデビュー当時から読んでるが、なんだかんだ繰り返し作品集が出てましてその度に初収録が1本とかあって困るんですな。さすがにおんなじ話ばかり増えるのもアレなんで最近は過去作品集はスルーしがちではあったんです。
しかし今回店頭で見かけた単行本「タール・トラップ」の帯には仰天して入手ですよ。
幻の作品と化していて、今後も復刻はあるまいと思っていた「恐竜教室」「レックス先生さようなら」が初収録ですと?レックス先生自体は短編「アリス」でもゲストで出してたぐらいだからまんざら黒歴史化しようとしてたわけでもなさそうだが…と思っていたらどうやら原稿紛失も今まで復刻されなかった理由の一つでもあるらしい。今回は掲載誌からのスキャンで実現したとの事。
一応体裁はギャグマンガだけど、資質がそっちに向いてないのは明らかなので一言で言えばやっぱり珍味だった(笑)。

しかし初連載作の「ブルーシティー」は本人全く気に入ってないみたいだけど、これに魅せられて星野ファンになった人はそれなりに多いはずで、1976年当時にここまでクールなヴィジュアルを持ったSFマンガは今にして思えば日本マンガ界という枠を完全に超えてたな。本当に圧倒的にカッコ良かったんですよ(個人的には「世界樹」のころの絵柄が一番好きだが)。
同じくジャンプスーパーコミックスの常連の諸星大二郎と同じく、あまりにセンスと立ち位置が違いすぎて、その後も後継者的作家は現れずじまいだが。
ちなみにその諸星による同時期の「暗黒神話」は連載当時いくら頑張っても絵とストーリーが理解できず読めませんでした。だいぶ後に単行本で読んで「めちゃくちゃ面白れーじゃん!」となるのだが。


未来からのホットライン


タール・トラップ

« 遊星からの物体X ファーストコンタクト | Main | Hot Fuzz ホット・ファズ »

」カテゴリの記事