« シイラとか | Main | 手口に学ぶ »

July 31, 2013

東京タワー色々

昨年はスカイツリーに行ってみたが、今年は老舗のこちらに。個人的には数十年ぶり。娘は勿論初めて。
まずは展望台へ行ってみる。大展望台が145m、特別展望台が250mってのは開業当時はともかく超高層ビルが乱立する昨今ではそれほど圧倒的な高さという訳ではないように感じましたな。スカイツリーに比べての話となるが、展望台がまた意外と狭い。特に特別展望台。
記憶を辿るにこんなもんだったかなぁみたいな。
しかし特別展望台へのエレベーターがまた狭くて、ちょっとレトロなんでちょっとだけスリリングかも。
しかし何しろ開業55周年てのもたいした話だ。たまたまと言うか藤子・F・不二雄展なんてのもやっていて等身大ドラえもんが各所に合計80体。中でもフットタウンの屋上には55体とずらり。生誕80年と、55周年にかけてんだが、全部違う道具を持っているあたりなかなかマニアックであります。
しかし1Fの入り口にいる2体のうち1体がいきなり「Yロウ」てのには笑ったが。
他には原画などの展示もあったが、オバQの初回とか(スタジオゼロ時代なので藤子不二雄の二人だけでなく石ノ森章太郎とかがモブキャラ描いてたりしてる)貴重なやつありましたよ。

さて、娘はドラえもんで楽しんだとして、東京タワーと言えば蝋人形。しかもロック的に注目なのは極めて偏ったそのラインナップで有名で、いつかは見に行こうみたいには思っていたのですよ。今回ようやく叶った訳だが、なンと今年の9/1で終了なんだとか。
いやぁギリギリに近いタイミングだったわ。

実際見てみれば、いったいどこのだれにニーズがあるのかさっぱり分からない狂ったラインナップ。BeatlesとかJimi Hendrixは全然一般向け展示(日本じゃJimiも微妙だが)で、Keith EmersonにRobert Fripp、次いでZappaがメジャークラスというね。
Manuel GöttschingやKlaus Schulzeといったクラウトロック勢になるともはや誰というのが大勢と思われ。
いやあ惜しい施設を無くします。

Img_1245_3
Keith EmersonとTony Iommi

Img_1247_2
何だ、このセッション。
Robert Fripp, Ian Anderson & James Hetfield

Img_1248_2
目つきがいっちゃってるZappa


« シイラとか | Main | 手口に学ぶ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事