« 96条改憲とか | Main | 東京タワー色々 »

July 29, 2013

シイラとか

二人組にてボート釣りに出撃してみたところ、朝のうちは何もなし。
カワハギ仕掛けをおろしてみれば、ベラ、ヒイラギ、トラギス、終了。てな具合。

今日もシブいなぁ…なんて心でぼやいているとそのうちマルソウダの群れがやってきたらしく、入れ食いに。しかしまあマルソウダは引きは強いので楽しいけど、キャッチ&イート派としてはそんなに大量には要らないので、1匹キープした他はリリース。
そうこうしてるうちに今度はシイラの群れがやってきて、海面近くにも肉眼視できるほど。シイラと言うとルアーで狙うイメージがあるけれど、餌にも普通に喰ってきてこれまた入れ食い。シイラの入れ食いは初めてなのでキープしつつ楽しむ。
しばらくすると今度はマルアジの群れがやってきたか、ゴマサバもちょっと混じりつつこれまた入れ食い。だもんで晩のおかずにゃあ十分と、クーラー満タンで早上がり。
しかしゴマサバを喰いたいとおもっていると、案外掛からないもんで、要らないときにはやたらかかるのに、狙うと来ないという不思議。

結果的にはまあまあサイズのハナダイも一尾来たので釣りとしては十分満足。

シイラというと鮮度が良ければ刺身もうまいとか、でも調べると真偽がはっきりしないのだが、どうも表皮に菌とか粘液毒とかいう話が多くて面倒だ。なので冒険せずに定番のムニエルにフライ。

マルソウダはナマリ節にしてみたのだが、煮汁をそのまま味噌汁にしたてたらなかなかこれまた旨いのであった。要はカツオ出汁だからね。ほんとはそばつゆにするとなお良いと思われる。ナマリ節はサラダに混ぜて食したがこれはこれでアリ。もう一匹ぐらいキープしても良かったかも。

マルアジは個性と言えば個性だが血の味が強いのでタタキ。

ハナダイは身が柔らかいので昆布締めにしてみたが、意外にもアブラもノッてて旨かった。アラは出汁とってこれまたよし。

しかしなんだかんだでゴマサバのシメ鯖が一番旨かったりして。

« 96条改憲とか | Main | 東京タワー色々 »

釣り」カテゴリの記事