« パシフィック・リム | Main | ガス »

August 15, 2013

風立ちぬ

ジブリ作品というと実にハウル以来の鑑賞となる。

ジブリの宮崎駿監督作品としては初めてファンタジーではなくリアル路線という事ともあいまって子供向けには絵的にも話的にも難しい内容。商売的にもほぼキャラ展開できないしな。
今まで基本的なスタンスとしてはアニメーションは子供のものというテーゼの元に作品を作って来たのを曲げて作っただけあって、大人向けの匂いは一番濃厚。
ちなみに小生も「基本的には」アニメは子供の為のものであるべきとは思ってんだけど、これがまた今作が落涙もの(変なタイミングでウルッと来る)で実に良かったんで困っちゃう。
見終わった直後など、正直ここにきて宮崎駿の最高傑作では無いかい?などと思ったほど。弱ったなこりゃ。
まあ大人向けとはいってみても、いつもの駿印でもあって基本男はバカ、女は賢く都合よくという体(乱暴な物言い)ではあるんですが。この辺りの基本構造が女性にも違和感無く受け入れられている(はずですよね?興行の数字からいっても)って若干不思議。
それが現実って事でもあるのかなあ…と我が家を振り返ってみたりなんかして。我が家もバカな夫と賢い妻だもの(爆)。

主人公の堀越二郎は実在の人物をモデルにした架空の存在だが、文武両道かつ天才で人間も悪くないというほぼ完璧超人で、おまけに良家の子女たる美貌の婚約者まで(結核持ちだけど)得て今時で言やあリア充そのもの。
だが天才故の悲しみ(そこに自分では気づけないというトコも含めて)と言うか、本人は飛行機という夢を追っているだけなのに、歴史的背景の中では実際は兵器でしかなく片道切符の戦闘機として運用されて、間接的とはいえ多くの悲劇を生んでしまう結果というね。夢を追うというのがつまりは業という図式。この辺は物語中でも矛盾した存在としての飛行機というのを繰り返し語ってはいますが、宮崎駿自身も自信のミリタリー好きや車好きをしばしば自嘲的に語っているように(意識してるかどうかしらんがその天才性も含めて)鬱屈した自信の矛盾を投影しているんでしょう。実際空を飛んだり宇宙にいったりというのは夢としては華々しいけど現実としては暗い背景ばっかりと言っても良いぐらい。
ところで大人の男女がここまでイチャイチャしてるってのも宮崎駿作品としてはおそらく初めての事で齢70をこえて新鮮。
それからその婚約者(後の妻)の結核にも濃厚なのだけれど、非常に死の匂いがはっきりと付き纏っているのも印象的です。
ちなみに庵野秀明の演技は最初は棒そのものなんですが、段々慣れてくると味になってくるというかこういう奴なんだな、となってしまうのはマジックですかねえ。
他の出演陣はヒロイン含め皆問題無し。

ちなみに主題歌として採用された「ひこうき雲」ですが、微妙に内容と合わない感じがちょっと違和感あるのは小生だけかしらん。

劇場は当然の事ながら親子連れも多かったけど「最後どうなっちゃたの?」みたいな素朴な疑問が噴出してる風でした(笑)。

« パシフィック・リム | Main | ガス »

「映画・テレビ」カテゴリの記事