« マゴチ | Main | オブリビオン Oblivion »

September 25, 2013

ヤマト2199 サントラ Part.3

どうやら物理円盤と同時にiTunes Storeにも登場。無駄に待つ必要がないのはありがたい。かつ価格的にも差別化されてるのでそれなりに納得。サントラもある意味旬ものですから、やたら後になってもね。
ちなみにさんざん叩かれた音質についてはさすがに追加録音と言う事で現場サイドに学習があったか音割れなどは無い模様。(それがあたりまえだが)普通に聴けましたよ。

旧BGMのステレオ再録音による復刻という一面もおそらく持っている今回のサントラシリーズなので、実際の番組ではおそらく未使用と思われる「乗組員の行進」などもあったりしつつ、逆に「明日への希望」などは楽曲自体が旧交響組曲が初出(つまり劇中では流れてない)だったはずだが、今回は先行上映の第7章で使用されるなど楽曲面では新しい試み(ただしTV版では流れないかも…だとか)。
デスラーのテーマも再録だが、オリジナル版のパーカッションイントロが好きなのでカットされたのは少々残念。まあPart.2収録の白色彗星と同じくオリジナルもステレオだからそっち聴けばいいのか。
今回は第7章用の録音という側面もあるようで、その意味では特定シーケンス用の楽曲が多いのでなかなか贅沢な話ではあります。映画サントラの文法だもの。実際ココ一発で印象的に使用されていたようにも思うし(例Tr.21)。

ところでその先行劇場公開の7章は完全版ではなく一部シーケンスをカットしていたのだが、その全貌?が明らかになったのが第25話のTV放送。追加シーケンスについては次元潜航艦がらみが大半と思われるが、艦長のフラーケンをはじめに全編通しておいしい役回りだったねえ。逆に先行上映では生存組と思われたゲール閣下は哀れ宇宙の藻屑と化したようだが。

サントラPart.1および2と総合して宮川彬良による新曲も違和感なくとけ込んでその点では少なくとも音楽は良い仕事をしたと評価してしかるべきかと。特に「大志」と題された楽曲は基本的にヤマトのテーマの変奏で無いにも関わらず親父と比較しても遜色のない名曲と言えるし。

そういえばワンダバって結局劇中使用1回だけだったな。なんだったんだ。

« マゴチ | Main | オブリビオン Oblivion »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事