« 2199 第七章 | Main | Tokyo 2020 »

September 06, 2013

五輪

結局んところ要するに物事と言うのは単独であるものではなく意外にそれぞれが関連してるものなんすよ。
何が言いたいかっつーと、毎度のことながら戦略に欠けるっつー話。

そもそもで言えば五輪を言い出したのは前都知事。当時はそんなに支持されてたとはおもえないけど、とにかく面白けりゃ良いってお人ですから一つのアイデアではあったとは思いますよ。
しかし面白けりゃ良いってのが限界でもあって、戦略というのは無いんですな。
五輪招致にゃなんだかんだ言いつつも外交力も必要で、その中には当然チャイナパワー票も今時は含まれる。ところが知っての通りそこは無関係にまた面白がりの悪い癖で、外交戦略ゼロで関係悪化を仕掛けて御満悦だったが、気がつけば見事にチャイナ票を失う結果になっとる。

もう一つ現政権がどこまで五輪招致にコミットしてるかその温度がよくわからないんだけど、このところの雰囲気としては東京にだいぶ目がでてきた風な空気が勝手な思い込みである分、コケた場合は株価は勿論気分的に経済にも影響はありそうなんだが、そこで原発ですよ。
悪い意味で慣れてきてしまった我々と違い、西欧諸国のほうがよほど敏感なこの件に、どうにもボンボン総理は関心が無いみたいで、悪いタイミングで悪いニュース。これまた戦略に欠けてるって事でねえ。

ちゃんと対応してればこうはならんかったかもだ。
小生そもそもで言えば東電を潰すべきだったと思っとるが、これについては前政権の責任だからしゃーないけども。

個人的には五輪はこの際あっても良いかなぐらいにゃ思っていたが、ここにきて原発の件が尾を引いてダメだろうと予想しとる。

良い意味ではずれて欲しいけどね。

« 2199 第七章 | Main | Tokyo 2020 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事