« September 2013 | Main | December 2013 »

October 2013

October 28, 2013

アマダイ

マダイをやったが駄目だったのは前回の話。
という書き出しを1年ほど前にも書いたような気がしますが、前回と同じくマダイの仇をアマダイで討つ的な感じで。アマダイにとっては迷惑千万。

まあ既に先週の話ではあるのだけれど、すっかり秋だもんで曇りの強風ともなるとなかなかの寒さで参った。今更だがなめてたわぁ。水買っていったけど、まったく飲む気にもならずキャップもあけずお持ち帰り。

釣果のほうは50cm越え、とかいうミラクルは起きるわけも無くだが、食べごろサイズ中心に数は8匹とまあまあで、外道もちらほら。
アマダイ刺身は鮮魚じゃ美味くないと言われていたけど、試しに食してみれば十分に美味い。
翌朝はアマダイ飯も炊いてみたがこれもなかなか正解。
干物も最上の旨さ。

にしても隣じゃ立派なマダイが来てて、なんで小生にその割当が来ないかなァ。

October 25, 2013

King Crimson 40th シリーズ

REDとUSAの40thシリーズがでましてね。
REDなんて2013Mixなんつって、40thシリーズとしてでも2回目ですよ。USAは初登場だけどもさ。どっちも蔵出し音源は事実上無いようなもんだから2013Mixてのを売りにしてんだけども、ちと苦しいか。

...とか言いながら買ってるんだけども。

October 23, 2013

Apple発表会 10.22

TVで見て思い出したがすっかり忘れてた。

我が家の初代iPadはさすがに旧型感が漂ってるもんでiPad miniがRetina化されたら即買いだぜ!と意気込んでいたのだが同時発表のiPad Airがかなり軽いモデルなので悩むところ。
miniの魅力は軽さにあった訳だが、別に外に持ち出すのがメインじゃないから画面はデカいにこした事は無い。となると初代と比べりゃかなりの軽さとなるAirは十分検討に値する。miniとの価格差1万円も絶妙というか微妙な設定。悩むー。

ちなみにOS Xも10.9が登場となったが、ついにアップデートが無料という事態に。
ここんところの数千円もロハみたいなもんだったが、本気でロハになっちゃいました。iOSも金とって無いんだから当然の流れと言えばその通りではあるが。

October 14, 2013

マダイの道は険しい

1年ぶりにマダイをやってみようかと思い立ち出撃。
マダイ釣りの難易度が一般的にどの程度か知りませんが、いい加減そろそろ俺ンところにもまぐれにせよ割当が来てもいい頃じゃないっスか?ってなもんで。
ところがマダイどころかそもそも魚信すらゼロという状態で終了。

アブソリュートゼロ。文字通り何もなし。餌すらほとんど喰われずという。
クーラーに水を入れる事すら無く終了。

周りも渋かったけど、何かしらお土産は1−2匹は来ていたのに、こっちゃパーフェクトゲームですよ(食らった方だけど)。

参ったねどうにも。
釣れなくてもいいとは思ってたが、晩のおかずも無しと言うのは久しぶり。

マダイ船は年に一度ぐらいでいいかな。やっぱり。

October 05, 2013

オブリビオン Oblivion

今時あまりにもド直球なSF映画という事で、公開当時は逆に見なかったんだけれども。
レンタル開始という事で見てみたならば、やっぱりド直球。
今時としてはややダサい感じのプロップ(トムのコスチュームとかバイクとか)のデザインセンス含めてなんだか懐かしい感じの映画でした。








色々おかしな設定(謎込みとは言え)含めてまあフェイクなんだろうなあとか思ってたら、普通にフェイクでしたがそれにしたって核で汚染されている感が全然無いのはいかがなものかっつーか、要らない設定だろこれ。
風景は壮大で良かったですが、これがまた変に美しいもんでますます汚染設定が飲み込めんなって話で、もっと違う設定にすれば良かったのに。どうせフェイクなんだからどうとでもなろうが。
途中のドッグファイトとか基地襲撃戦とかがむしろ浮いてる風なのはハリウッドエンタメとして若干必要悪感が無くもない。この手の既視感ばりばりのシーケンスは特撮そのものが見せ物として成立していた80年代とは位置づけが変わってしまってるんでねえ。CGで何でもできると思うと逆に驚きが無いっつーか。本作のドッグファイトは決して悪くはなかったですけどもね。

見た人概ねが突っ込み入れそうなラストはやっぱりそれでいいのか?と思ったんですが、確認の為にチャプター戻ってみて見ると52号もフラッシュバック起こしてるし、52号が49号になり得た可能性も示唆しているなどそれなりに気を使っていて、2度目だとなんとなく許せる感じ。むしろSF的には意味深いとも言える。
ただ「最後の一匹だとは思えない by 志村喬」という問題点はあるのだが。これも世界中から突っ込みアリの模様(笑)。

でも期待値高かったエリジウム(なんとなくですがちょっと雰囲気かぶってる)よりはむしろ良かったのは期待値が低かった為か?
ジョセフ・コシンスキー、個人的に全くノーマークでしたがこの先意外と期待持てるかも。

ちなみにトムはオールドロック好き(しかもわざわざアナログ盤)という設定なのだが、その中にASIAのファーストなんかもあってそういうアイコンなんだなぁとか面白かったです。他にはBOCとかストーンズとかフロイドな。結果劇中でかかったのはZEPのRamble OnとProcol Harumのアレでしたが。

最後に劇中曲に歌詞つけた主題歌ってのも逆にちょっと新鮮。アバターもそうだったかな?あっちほどあざとくなくて良かったですよ。

Oblivion OST

« September 2013 | Main | December 2013 »