« April 2014 | Main | June 2014 »

May 2014

May 21, 2014

キスアナゴリレー

シロギスとアナゴという江戸前天ネタリレーというのがこの時期始まるんですよ。
ただ最近アナゴが釣れなくなってきていて、2年前だかに初挑戦した時はアナゴは0という目にあっているんです。

なのでやはりアナゴ一択という釣りは避けたいのである。キスを押さえておけばキス天は食えますからね。

てなわけで最悪だった昨年よりはマシとの情報を耳に再び天ネタリレーにいどんでみればだ。

投げ釣り用のスピニングリールを忘れたあたりから雲行きがあやしくなり、はては船上でキス竿をポッキリと真っ二つに折るに至ってなんだかな。
でもしょうがないからほとんどしなりの無い只の棒と化した竿で釣ったけどな!
意外と言っちゃ何だが、シロギスの活性が良かったんで船下しか狙えなくてもなんとかなったのよ。未だにシロギスの釣り方がわからないヘボでもピンギスまじりで30匹

そんな感じでキス天は確保してアナゴのポイントへ。まだ日が出てるうちにとなりの人がさくっと2匹。今日はいい日なのか?と多少の希望を胸に抱いてみるもこっちの竿には何もなしなのはいつもの事である。
しかし突然ゴゴッというアタリが到来し、聞き上げるとのってる感触。すかさず合わせを入れて巻き上げてみれば人生初アナゴ。まあ引きの割には小ぶりでしたけどね。
たくさん釣れると楽しいだろうなーこれ。
その後さらに小さいのを1匹追加して計2匹。前回の0に比べりゃ無限大にマシ。
数が釣れなかった人用の救済用冷凍アナゴももらって帰ってきたりなんかして。

ちなみにアナゴはなぜかどこの船宿でも船上でさばいてくれるので、楽チンであります。目打ちしないとやりにくいからなんですかね。

釣ったやつは天ぷらにするとしても。救済用も天ネタにすると多すぎな気もしたので、煮アナゴにしてみたがなかなかウマウマでした。一応釣ったアナゴのアタマと中骨で出汁とったりなんかして、でもって煮汁の余りを天丼のタレに流用するという趣向で。

May 15, 2014

iTunes Match 苦闘中

いろんな噂通りっちゃそのままですが、結論から言うともう一つ。
てか、正直使えねえ。

サービスコンセプトは良いんだけど、遅れて導入された(つまり本国で既に揉まれてるハズなのだが)割に実装機能がダメダメかと。

一つには25000曲制限(Store購入分は除くとはいえ)がやっぱキツいわ。
まあこれはそもそも超えたら使えないよっていう前提なんで、無理やり使おうとしているこっちが曲げてんだからしょーがないんだけど、ヘビーユーザほど使いたがりそうな機能の割にこの制限のせいで中途半端というか、どっちつかずな感じなんだよなあ。

それは一旦置いとくとしてしょうがないから別ライブラリを用意して試してみたらば、まず25000曲の対象が極めてわかりにくい。これだけでもかなりゲンナリしたわけだが、よくわからんまま適当に削っていってようやく処理が進んだのは見た目の認識は25000曲をまあまあ下回る数字。

ちなみにボイスメモとかオーディオブックに一時的に変換した曲ファイルがミュージックに戻そうとするとなぜか一曲ずつしかできなくて地獄を見ました。
「ミュージック→他の形式」は一括でできるのに、「他の形式→ミュージック」はアウトって。以前は問題なかったんでウチだけかもしれませんが。

それもまた一旦置いといて処理を進めると予想通り(笑)処理が終わりません。特定の曲が原因ぽいのだがそれを特定する術が無い。
仕方ないので、試験用にライブラリをバッサリ削ったら使えるようにはなったが、本来狙った状態にはほど遠く。とにかく条件さえあえば動く事はわかったので再び曲数増やしてみると処理が終わらん無限地獄。

ここまでやってきて相当な時間を費やしている訳ですが、なにが悲しゅうて仕事でもないのにテストを繰り替えさにゃあならんのかと。

有料サービスだと思うとこれはあかんわな。


May 08, 2014

iTunes Match

例によって唐突に開始なのはいつもの通り。
だけども25000曲制限に引っかかると、利用すらできないのよ。せめて30000曲ならセーフだったのに。

巷では一時的にオーディオブック形式にして曲数を減らすといいらしいと聴いてみたのでライブラリ整理がてらやってみたけどうまくいきません。
どうにか使えないか思案中。

« April 2014 | Main | June 2014 »