« 成田亨展 | Main | 午前釣り »

July 28, 2014

ゴジラ 2014

ハリウッド版第二弾。
前評判がなかなかいい感じだったんで、勇んで見に行ってしまいました。
















、という事で。
実にしょっぱい出来だったエメゴジラが基準となると何だって良いんじゃないかみたいな投げやり感も無くもないけど、今回のゴジラ、意外とぶちゃいくでしたな。

冒頭導入部まではなかなか良い感じで期待高まりましたが、主人公がキックアス(実は全く気づきませんで後で知りました)に交代してからはちょっと軸がブレブレな印象。途中ちょっと眠くなりました。
主人公の父ちゃんが前半引っ張るんですけどあっさり途中退場て。てっきりケン・ワタナベとタッグを組むかと思ってたのに。というかそもそもこの夫婦どういう立場で原発で働いとったんだ?現場英語ばっかりだし。
ケン・ワタナベの立ち位置も思ってたよりは引いた立場でして物語の進行にはあまり関わりません。というかそもそも何したい人なのかキャラクターがよくわかりませんのよ。

この映画の一番のキモは当然タイトルロールたるゴジラですが、ここ最近のヒールというイメージとはちょっと変えてまして、敵役のゴキブリっぽい武藤さんがキャラ的にはむしろギャオスっぽいとこも込みでなんかガメラ見てるような気持ちになっちゃいましたよ。GodzillaのGod成分強めな感じってんですか。
絵面が繰り返しになるのを嫌ったのか最終決戦までは怪獣スペクタクルをTV画面越しとかバッサリカットしちゃうのも意図はわからなくもないけどなんだかな感は否めない。この出し惜しみな感じは予算関係ないんですかね。なんというか監督前作のMonstersっぽい感じですなあ。

ところで今回も怪獣バトルが夜とか雨中というクリアな絵じゃないのはやっぱり欲求不満ですな。どうして素直に太陽光の下のバトル見せてくれないの?ハリウッドさんよぉ(しかしついに出た火を噴く本家大怪獣!はリスペクトかしらね)。

その意味でもクライマックスがピーカンガチンコだったバトルシップは気持ちよかったよねえ。
と、あまりのバトルシップ讃が過ぎて友人に最近人格を心配されている小生ですけれども。

ところで音楽はAlexandre Desplat というおふらんすの人ですがナイスな仕事ぶりで大変よろしい。バーバリックかつ変拍子な主題はおそらく伊福部へのリスペクトでしょうが、あえてその伊福部のテーマを使う事無く正統派の怪獣スコアで盛り上げてくれます。矜持ですなあ。
 
たださあ他の映画ならまあともかくとしてゴジラ映画で核兵器の扱いが雑なのはいかがなもんですかねえ。メガトン級だぜ!とか劇中でかましといてダークナイトライジングよりひどい処理ですよ。サンフランシスコ壊滅でしょあれ。一応ヒロシマに言及したりして目配せはしとるんだけど、それ故に余計杜撰さが目立つのよ。
素直にキックアスに解除させたらアカンかったんか?
Gareth Edwardsの演出は悪くないと思うけど脚本がちょっとごちゃごちゃし過ぎなのと前述の件もあって色々込みで総合的にはちょいと残念だったな。

これ日本での批判を避けて公開遅らせたんじゃないだろうなー。

« 成田亨展 | Main | 午前釣り »

「映画・テレビ」カテゴリの記事