« June 2014 | Main | August 2014 »

July 2014

July 28, 2014

ゴジラ 2014

ハリウッド版第二弾。
前評判がなかなかいい感じだったんで、勇んで見に行ってしまいました。
















、という事で。
実にしょっぱい出来だったエメゴジラが基準となると何だって良いんじゃないかみたいな投げやり感も無くもないけど、今回のゴジラ、意外とぶちゃいくでしたな。

冒頭導入部まではなかなか良い感じで期待高まりましたが、主人公がキックアス(実は全く気づきませんで後で知りました)に交代してからはちょっと軸がブレブレな印象。途中ちょっと眠くなりました。
主人公の父ちゃんが前半引っ張るんですけどあっさり途中退場て。てっきりケン・ワタナベとタッグを組むかと思ってたのに。というかそもそもこの夫婦どういう立場で原発で働いとったんだ?現場英語ばっかりだし。
ケン・ワタナベの立ち位置も思ってたよりは引いた立場でして物語の進行にはあまり関わりません。というかそもそも何したい人なのかキャラクターがよくわかりませんのよ。

この映画の一番のキモは当然タイトルロールたるゴジラですが、ここ最近のヒールというイメージとはちょっと変えてまして、敵役のゴキブリっぽい武藤さんがキャラ的にはむしろギャオスっぽいとこも込みでなんかガメラ見てるような気持ちになっちゃいましたよ。GodzillaのGod成分強めな感じってんですか。
絵面が繰り返しになるのを嫌ったのか最終決戦までは怪獣スペクタクルをTV画面越しとかバッサリカットしちゃうのも意図はわからなくもないけどなんだかな感は否めない。この出し惜しみな感じは予算関係ないんですかね。なんというか監督前作のMonstersっぽい感じですなあ。

ところで今回も怪獣バトルが夜とか雨中というクリアな絵じゃないのはやっぱり欲求不満ですな。どうして素直に太陽光の下のバトル見せてくれないの?ハリウッドさんよぉ(しかしついに出た火を噴く本家大怪獣!はリスペクトかしらね)。

その意味でもクライマックスがピーカンガチンコだったバトルシップは気持ちよかったよねえ。
と、あまりのバトルシップ讃が過ぎて友人に最近人格を心配されている小生ですけれども。

ところで音楽はAlexandre Desplat というおふらんすの人ですがナイスな仕事ぶりで大変よろしい。バーバリックかつ変拍子な主題はおそらく伊福部へのリスペクトでしょうが、あえてその伊福部のテーマを使う事無く正統派の怪獣スコアで盛り上げてくれます。矜持ですなあ。
 
たださあ他の映画ならまあともかくとしてゴジラ映画で核兵器の扱いが雑なのはいかがなもんですかねえ。メガトン級だぜ!とか劇中でかましといてダークナイトライジングよりひどい処理ですよ。サンフランシスコ壊滅でしょあれ。一応ヒロシマに言及したりして目配せはしとるんだけど、それ故に余計杜撰さが目立つのよ。
素直にキックアスに解除させたらアカンかったんか?
Gareth Edwardsの演出は悪くないと思うけど脚本がちょっとごちゃごちゃし過ぎなのと前述の件もあって色々込みで総合的にはちょいと残念だったな。

これ日本での批判を避けて公開遅らせたんじゃないだろうなー。

July 27, 2014

成田亨展

富山で開催中の成田亨展。とある筋から招待券いただきましたんで、どうせ行くならと19日に参上。というのも記念トークがあったから。とはいえ三連休を女房子供置いて単独行動。だって直前まで予定が確定できなくてさー。

回顧展として作品数も700点をゆうに越えると言う事でかなり充実の規模と言ってよいでしょう。立体作品も初期作品に加えて大江山の鬼に北上のレリーフを一堂に会してますしね。さらに、常設展示部分でも特設展示としての成田展とのリンクも用意してあって、見逃しがちでしょうが、ここは常設展も見て欲しいですなあ。

ところで閉館が17:00だもんで、記念トークを終えたらあまり時間がないんでやんの。常設展どころか、企画展すら飛ばし見になっちまって結局一泊の後(もともと泊まり予定だったけど)翌日も美術館訪問して帰ってきたような次第。
Amazonなどでは予約で一位らしい図録も先行販売してますからもちろん買ってきましたよ。
画集が絶版になって久しく、プレミアついちゃってますからようやく手頃(でもないけど内容充実で納得感はありますから)に入手できる形になってめでたい。

今後福岡→青森と巡回するみたいですが、それ考えると富山が結局一番行きやすかった…のかね。日本海の海産物も夜は堪能しまして良かったです。

July 20, 2014

Heaven and Earth/YES

先行発表されていたBelieve Againの印象は悪くなかったけどもアルバムも発売となり入手してみた。

聴いてみた印象だが、一言で言って「地味」。
Believe Againが一番フックがあるという時点でどんだけかというのは伝わるでしょうか。

なんだろうな、全体としては似たような曲調の連続で、しかもスローないしミドルテンポの曲がひたすら続いて眠気を誘いますよ。全体にメリハリなさ過ぎです。おもしろポイントがあまりに無いもんで正直ちょっとがっかりしたかな。

まあMagnificationもかなり地味だった記憶はあるが、タイトル曲がなかなか良かったのとオケとの競演というおもしろポイントがあったからねえ。

July 05, 2014

ブルーレイ

世間的にはたしてどの程度の浸透度なのか知らんが、個人的にもさほどの必要性もなくずーっと無視しとったような次第だったのだが。
国策により我が家のTVもハイビジョン化されたとはいえ、映画レンタルなんぞはiMac & iTunes Storeで大概事足りてるんで。

が、しかしである。

恐るべきは「アナ雪」。

ふと聴けば奥さんがDVDを買うとか言い出した。というのも娘はなぜだか映画に行きたがらないけど興味はある〜というメンドクサイ状態。
そんな中まだまだ上映中にも関わらずソフト化という事態に。

自分で買う訳じゃないとはいえ、いまさらDVDを買うという選択はどうなん?と。
42Vでみるとデジタル放送よりはやっぱりだいぶ落ちるスペックなのが否めないのは確かじゃないですか。どうせソフトを買うならBlu-rayだろと。(その意味で未だにデジタル化以後のTV番組がDVD化とかされてるのってかなり意味不明なんだが、世間はあまり気にしてないんですかなあ。やっぱそんな程度か)

なにはともあれ我が家も遅まきながらBlu-ray再生環境導入ですよ。TVにあわせてREGZAブランドの再生専用機にしてみたが、東芝と言えばBlu-rayに敗北した過去がありましたねえ、なんて因果な話ですな。

« June 2014 | Main | August 2014 »